着座5周年(2020年9月27日):キリスト教/アッシリア東方教会首座/カトリコス=総主教ゲワルギス3世聖下の着座5周年

 2020年9月27日、キリスト教/東方教会(景教、通称:ネストリウス派、など)/アッシリア東方教会首座/カトリコス=総主教“マル”・ゲワルギス3世聖下(ギワルギス3世 : His Holiness Mar Gewargis III【Giwargis III】, The Catholicos-Patriarch of the Assyrian Church of the East)の着座5周年となりました。

 このようなご時世のためか、特に記事など出ていませんが(アッシリア東方教会関連ですら)、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)が祝福のメッセージを発出していたのでリンクしておきます。

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Поздравление Святейшего Патриарха Кирилла Католикосу-Патриарху Ассирийской Церкви Востока Мар Геваргису Сливе с годовщиной интронизации / Патриарх / Патриархия.ru

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア連邦駐箚の日本国大使と会見(2020年2月)

 2020年2月16日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、ロシア連邦駐箚日本国特命全権大使上月豊久閣下(こうづき とよひさ : His Excellency Mr Toyohisa Kozuki)と会見しました。

 両者は、2020年8月に予定されている、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)の日本訪問の準備に関して協議したようです。

 また、同大使は、総主教から送られた即位に伴う祝意に対する、天皇陛下(徳仁なるひと : Emperor Naruhito : His Majesty【His Imperial Majesty】 The Emperor)の謝意を伝えたようです。

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Metropolitan Hilarion of Volokolamsk meets with Japan’s ambassador / News / Patriarchate.ru

 (英語:イラリオン府主教 サイト)Metropolitan Hilarion of Volokolamsk meets with Japan’s ambassador

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、ロシア国防相セルゲイ・ショイグ閣下と会見(2020年1月)

 2020年1月28日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、ロシア連邦国防大臣セルゲイ・クジュゲトヴィチ・ショイグ上級大将閣下(Sergei Kuzhugetovich Shoigu)と会見しました。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式チャンネル):
Состоялась встреча Святейшего Патриарха Кирилла с министром обороны РФ С.К. Шойгу – YouTube

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Состоялась встреча Святейшего Патриарха Кирилла с министром обороны РФ С.К. Шойгу / Новости / Патриархия.ru

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、ロシア連邦駐箚ドイツ連邦共和国特命全権大使ゲーザ・アンドレアス・フォン・ガイヤー閣下と会見(2020年1月)

 2020年1月23日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、ロシア連邦駐箚ドイツ連邦共和国特命全権大使ゲーザ・アンドレアス・フォン・ガイヤー博士閣下(His Excellency Dr Géza Andreas von Geyr)と会見しました。
 名前からすると、ドイツ貴族のガイヤー家(ガイヤー・フォン・シュヴェッペンブルク家など)出身に思えますが、確認できていません。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式チャンネル):
Святейший Патриарх Кирилл встретился с послом Германии в России – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Patriarch Kirill meets with Germany’s ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式ウェブサイト)Святейший Патриарх Кирилл встретился с послом Германии в России / Новости / Патриархия.ru

 (英語)Patriarch Kirill meets with Germany’s ambassador to Russia – Ορθοδοξία News Agency

 

ПосольствоГерманииРФさんはTwitterを使っています: 「В ходе встречи Посла фон Гайра с Патриархом Московским и всея Руси Кириллом было также отмечено, что многолетний #диалог церквей внес большой вклад в примирение народов 🇩🇪 и 🇷🇺. Этот диалог также важен и для дальнейшего развития отношений между нашими странами. #ПатриархКирилл https://t.co/8w79VleH1z」 / Twitter

 

23 января Посол фон Гайр впервые… – Посольство Германии в Москве – Deutsche Botschaft Moskau | Facebook

 

Посольство Германии в Москве(@german_embassy_msk) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

23 января Посол фон Гайр впервые встретился с Предстоятелем Русской Православной Церкви. Патриарх Московский и всея Руси Кирилл принял Посла в своей Резиденции в Даниловом монастыре в Москве. В ходе встречи был подчеркнут высокий уровень отношений между нашими странами. Учитывая тяжелые страницы совместной истории, они представляют собой большую ценность, о чем постоянно необходимо напоминать. Было отмечено, что многолетний диалог церквей внес большой вклад в примирение народов 🇩🇪 и 🇷🇺. Этот диалог также важен и для дальнейшего развития отношений между нашими странами. #ДаниловМонастырь #Патриарх #ПатриархКирилл #Кирилл #Патриархия #дипломатия #церковь #религия #Германия

A post shared by Посольство Германии в Москве (@german_embassy_msk) on

 

インタビュー動画:キリスト教/“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“フィラレート総主教”へのインタビュー映像(2020年1月)「コンスタンティノープルや OCU が破門(anathema)してきても私にはどうでもいいこと」

 “ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”首座/“フィラレート総主教”(キーウ・ルーシ=ウクライナ全土総主教フィラレート聖下 : His Holiness Patriarch Filaret of Kyiv and All Rus’-Ukraine)がジャーナリストのインタビューに答えている動画です。

「“名誉総主教”などというものは存在しない。ギリシャ人が変なものをこしらえた。私は終身の総主教」
「真に独立した教会 = UOC-KP を諦めない」
「コンスタンティノープルや、 OCU【コンスタンティノープル系ウクライナ正教会】が破門(anathema)してこようが私にはどうでもいいことだ。(フィラレート総主教によれば)ロシア正教会(anathema)の破門も後にキリル総主教が『うまく働かなかった』と言っていた」

 

Телеканал ZIK:
Почесний патріарх Філарет | Інтерв'ю з Литвиненко на ZIK | 10.01.2020 – YouTube

 

Київський Патріархат(キエフ総主教庁【UOC-KP】公式チャンネル):
Велике інтерв'ю Святійшого Патріарха Філарета про Українське православ'я – YouTube

 

 (英語)Filaret: The Church has no honorary patriarchs – an invention of Greeks – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Filaret: No anathema of Phanar matters to me – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Filaret: Phanariots asked in negotiations – what will we have from this? – UOJ – the Union of Orthodox Journalists