シスマ2018:ロシア大統領報道官ペスコフ氏「クレムリンはロシア正教会の懸念を共有」(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁が、ロシア正教会による“キエフ総主教フィラレート聖下”及び“ウクライナ独立正教会首座マカリー座下”への Anathema(簡単にいうと破門の重いほう)撤回を正式発表したことに関して質問を受けて、ロシア大統領報道官ドミトリー・ペスコフ氏(Dmitry Peskov)が回答しています。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Kremlin shares Russian Church’s concern over Constantinople’s decision on Ukraine

 

 ペスコフ氏は、プーチン政権が、ロシア正教会によるウクライナ正教会情勢についての懸念を共有していることを述べ、ロシア政府は宗教への介入はしないが、ウクライナ政府が“過激派”から東方正教会信者を守れないときなどは、純粋に政治的・外交的手段で東方正教会信者を守る用意がある、と述べたようです。

 

追記:
 ロシア大統領府【クレムリン】公式サイトの記事へリンクしておきます。
 ロシア大統領プーチン閣下と国家安全保障会議の固定メンバーとの会合。

 (英語:ロシア大統領府【クレムリン】公式サイト)Meeting with permanent members of the Security Council • President of Russia

The meeting participants also exchanged views on the position of the Russian Orthodox Church in Ukraine after the Constantinople Patriarchate’s Synod had decided to launch the process of granting autocephaly to the Ukrainian Church, revoking the Synodal Letter of the year 1686, which granted the right through oikonomia to the Patriarch of Moscow to ordain the Metropolitan of Kiev, and the statement on re-establishing the Stavropegion of the Ecumenical Patriarch in Kiev.

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Russian Orthodox Church in Ukraine in focus of Putin’s meeting with Security Council

追記2:
 ロシア連邦外務大臣ラヴロフ閣下によるコメントなど。

 (英語)TASS: Russian Politics & Diplomacy – Lavrov: US backs Patriarch Bartholomew’s provocation against Orthodox Church in Ukraine

 

キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世聖下のセルビア訪問始まる、セルビア総主教イリネイ聖下と会見(2018年10月)

 2018年10月11日、キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)は、セルビア共和国訪問を開始、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)と会見しました。

 期間中、セルビア正教会の管轄区のうち、セルビア共和国以外への訪問も予定されている模様。

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
البطريرك يوحنا العاشر غادر لبنان متوجّهًا إلى صربيا في زيارة سلاميّة رسميّة. – YouTube

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
يوحنا وإيريناوس أقاما صلاة الشكر في كنيسة رؤساء الملائكة جبرائيل وميخائيل البطريركيّة في صربيا – YouTube

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
مشاهد من صلاة الشكر في كنيسة البطريركية الصربية، 11 تشرين الأول 2018 – YouTube

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
صلاة الشكر بالكامل في كنيسة البطريركية الصربية، 11 تشرين الأول 2018 – YouTube

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
البطريرك يوحنا العاشر يزور سفارتي لبنان وسوريّة – YouTube

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
البطريركان يوحنا وإيريناوس في زيارة إلى المتحف الوطني في بلغراد- صربيا – YouTube

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
البطريرك يوحنا العاشر يرفع الصلاة في كنيسة "ميلاد السيّدة" روجيتسا – بلغراد – YouTube

 

Телевизија Храм:
Доксологија у част Патријарха антиохијског и свега Истока г Јована X – YouTube

 

Телевизија Храм:
Поздравна беседа Патријараха – YouTube

 

Телевизија Храм:
Пријем Патријарха антиохијског Г. Јована Х у Патријаршији – YouTube

 

Телевизија Храм:
Патријарх антиохијски у посети Народном музеју – YouTube

 

Телевизија Храм:
Посета Патријарха антиохијског Јована Х цркви Ружици – YouTube

 

 (英語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)A Historical Visit: His Beatitude Patriarch John of Antioch and All East in Belgrade | Serbian Orthodox Church [Official web site]
 (英語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)Doxology in honour of His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All East | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 (セルビア語:モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Историјска посета: Његово Блаженство Патријарх антиохијски и свега Истока г. Јован стигао у Београд | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)
 (セルビア語:モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Митрополит Амфилохије: Најзначајније личности Цркве православне посјетиле Црну Гору | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

インタビュー動画(イタリア語):キリスト教/シリア東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア総大司教イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下へのインタビュー映像(2018年10月)

 「世界代表司教会議(シノドス)第15回通常総会(テーマ:若者、信仰そして召命の識別)」のためにバチカン訪問中の、キリスト教/東方典礼カトリック教会/シリア東方典礼カトリック教会の首座/アンティオキア・東方全土総大司教“モラン”・“モル”・イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Moran Mor Ignatius Youssef III Younan, the Patriarch of Antioch and All the East for Syriac Catholic Church)のインタビュー動画です。

 

Vatican News – Italiano:
Sinodo, intervista con il Patriarca Younan – YouTube

 

キリスト教/シリア正教会の聖シノドが、レバノン大統領アウン大将閣下を訪問(2018年10月)

 2018年10月9日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)ら聖シノドのメンバーは、レバノン共和国大統領ミシェル・アウン大将閣下(His Excellency General Michel Aoun)を訪問しました。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)
The Holy Synod Visit to His Excellency President of the Republic of Lebanon | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

Lebanese Presidencyさんのツイート: "الرئيس عون استقبل بطريرك انطاكيا وسائر المشرق والرئيس الاعلى للكنيسة السريانية الارثوذكسية في العالم البطريرك مار اغناطيوس افرام الثاني ووفد من المطارنة… https://t.co/98qB3KOwtG"

 

قداسة سيدنا البطريرك على رأس المجمع… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

البطريرك افرام الثاني للرئيس عون: نقف… – Lebanese Presidency | Facebook

 

シスマ2018:ウクライナのメディアが、キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁で木曜日まで非公開のシノドが始まったと報道。議題は発表されず(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 ウクライナからの報道によりますと、2018年10月9日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁で木曜日まで非公開のシノドが始まったようです。

※ギリシャ系のメディアの報道が見当たらないので、万が一のフェイクニュースの可能性もありますが……。

 ともあれ、議題は発表されていませんが、ウクライナへの独立正教会設置の認定とみられています。

 

 (ウクライナ語)Розпочався Синод, який може вирішити долю української автокефалії – BBC News Україна

 

 早ければ10月11日にウクライナ正教会に独立正教会が設置されると発表されます。

 さて、ロシア正教会側は不思議なほど打てる手がありません。
 ユーカリスト・コミュニオンは解除するでしょうが、それにどれだけ意味があるかは不明で、そもそも今よりも厳しい状況ではない時期に解除がおこなわれたこともあり、これに留まるだけであるのなら敗北でしょう。
 かといって、 excommunication や anathema のような破門は他教会の理解は(ここまできてもなお)得られないでしょう。もちろんそれを覚悟で宣言する可能性はあります。

 ほかに打てる手としては、アンティオキア総主教庁になにか動いてもらうことですが、同庁自体がエルサレム総主教庁との問題が解決できておらず、シスマを加速するだけになるかもしれません(いっそ加速させようということでモスクワと合意するかもしれませんが……)。

 アレクサンドリア総主教庁の行動が極めて重要になってきています。
 もし同庁が最期までロシア正教会の味方をしてくれるならば、モスクワ総主教庁はアレクサンドリア総主教庁を新しい“first among equals”に推すだけです。
 アレクサンドリア総主教の“Pope”称号も、これまで「教皇」とするのは例外的でしたが、転換点となるかもしれません。
 エルサレム総主教庁がコンスタンティノープルの全地総主教庁と縁を切ることは極めて考えにくいため、エルサレムと対立してきたアンティオキア総主教庁の合意も得られる可能性はあり、ある程度綺麗な分裂に向かっていくかもしれません。
 とはいえ、アレクサンドリアがそこまで踏み切れるかというと、難しいかとも思われます。
「ここは耐えよう」と説得されるかもしれません。

 とはいえ、なにもしないことはモスクワの敗北を意味します。「モスクワは第三のローマ」ではなく「モスクワはモスクワ」ということになれば、ロシア連邦という国家の権威も落ちる可能性もあります。

 古代四総主教庁が現在位置する国家は、
 コンスタンティノープル = トルコ、
 アンティオキア = シリア
 エルサレム = イスラエル(実効支配)、パレスチナ
 アレクサンドリア = エジプト
 です。
 シリアはロシアとの関係は緊密で、エジプトもロシアとは友好的、トルコ・イスラエルとは政治的な駆け引きがおこなわれる可能性がある程度あります。
 舞台は政治に移るのか。

 

 いずれにせよ、全地総主教庁がウクライナに独立正教会を設置した場合、東方正教会に関連する地域への渡航や、(日本にも存在しますが)東方正教会系統の聖堂・修道院・遺跡などには近づかないほうが良いかもしれません。
 特にウクライナ。個人的には、外務省は「レベル3 渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を全域に出すべきだと思います。