キリスト教/オリエント正教会系のメディア OCP が、オリエン正教会の各教会と東方正教会/ロシア正教会の関係は悪化しているわけではないとわざわざ記事を出す(2019年12月)

 キリスト教/オリエント正教会系のメディア OCP(Orthodoxy Cognate PAGE) が、オリエン正教会の各教会とキリスト教/東方正教会/ロシア正教会の関係は悪化しているわけではないとわざわざ記事を出しています。

 

 (英語)Russian Orthodox Church – Oriental Orthodox Relations – OCP Statement | News | Orthodoxy Cognate PAGE

OCP® TweetsさんはTwitterを使っています: 「https://t.co/cb0OcgRHYr」 / Twitter

 

※オリエント正教会の主流のコミュニオンに属するのは、コプト正教会(アレクサンドリア総主教庁)、アルメニア使徒教会【アルメニア教会】、シリア正教会(アンティオキア総主教庁)、エチオピア正教会(エチオピア正教合性論教会)、エリトリア正教会(エリトリア正教合性論教会)、マランカラ正教シリア教会【インド正教会】の六つ。
 このうち、シリア正教会とインドのマランカラ正教シリア教会はコミュニオンが成立しておらず、エリトリアでは政府が教会を主導していることにより他の教会とは正常な関係にありません。また、エチオピアでは人種対立の教会分裂への影響が取り沙汰されています。

 

 ウクライナから発した、ロシア正教会とコンスタンティノープル・ギリシャ正教会・アレクサンドリア総主教庁との関係悪化という、宗教の枠内で見れば東方正教会内部の問題は、オリエント正教会の各教会に強い影響を与えているわけではない状況です(そういう状況だと思います)。
 もともと、正教会(Orthodox Church)という称を、オリエント正教会・東方正教会の両者とも多用するため混同が起きやすいわけですが。

 オリエント正教会ではアレクサンドリアといえばコプト正教会であるため、ロシア正教会が(東方正教会の)アレクサンドリア総主教とのコミュニオンを解除したことによる誤解(?)のようなものも一部に発生しているのかもしれません。

 

 それにしても、 OCP のような、東方正教会とオリエント正教会の間のコミュニオン回復とそれによるカトリックへの対抗を目指す立場というのは、今回の東方正教会大分裂とコンスタンティノープル原理主義の満開で望みは潰えていると思えるのですが、まだ頑張るのでしょうか。

 

関連:
 東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会の聖シノド会合がアレクサンドリア総主教とのコミュニオン解除を決定(2019年12月)
 キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、“ウクライナのシリア化”を懸念する書簡をロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下に(2019年2月)

 

動画(英語):キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下のクリスマス(降誕祭)メッセージ映像(2019年12月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)のクリスマス・メッセージ映像です。

 

Christmas Message 2019 – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Christmas Message 2019 | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

キリスト教/英国正教会【イギリス正教会】【ブリテン正教会】首座/グラストンベリー府主教セラフィム座下(英国総主教)が、転倒して負傷したとのこと(2019年9月)

 キリスト教/オリエント正教会系統の英国正教会【イギリス正教会】【ブリテン正教会】(British Orthodox Church)の首座/グラストンベリー府主教“アバ”・セラフィム座下(His Eminence Abba Seraphim, Metropolitan of Glastonbury)は、転倒して上腕骨を骨折した模様。
 用語の正確な意味がいまいちわかりませんが、六週間は腕を吊るような包帯か何かの着用が必要なようです。

 

 (英語:英国正教会公式サイト)Abba Seraphim suffers a fall and a fracture – The British Orthodox Church

 

 セラフィム座下は英国総主教を称しており、また、今回の記事では後継者のジェームズ大主教座下がいるのでなにも心配はないというような記述もあります。

 セラフィム座下自身はコプト正教会で叙聖を受けており、その後コプト正教会から英国正教会が離脱した後にどうなったかはわかりませんが、オリエント正教会の主流の教会の聖職者として認められる条件は過去においては満たしています。
 が、ジェームズ座下は、そのような主流の教会に属さない主教を含んだ形で叙聖を受けています。
 また、(長い形での)ジェームズ座下の称号を含む表記は(His Eminence Abba James, Archbishop Titular of Caerleon-upon-Usk and Mafrian to the Metropolis of Glastonbury and British Patriarchate)となっており、カーリアン=アポン=アスク名義大主教に加え、「Mafrian」というものが付加されています。これはおそらく「Maphrian」と主に表記される過去のシリア正教会において総主教に次ぐ地位を持っていた聖職者の称号を後継者兼補佐(カトリックでいう協働)のためのジェームズ座下のために使用しているのでしょう。

 

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下がアルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下を訪問。母親が永眠したアラム1世聖下に弔意を伝える(2019年9月)

 2019年9月17日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)キリキア・カトリコスのアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia【Catholicos of the Holy See of Cilicia】)を訪問、母親のルシン・ケシシャン夫人が永眠したアラム1世聖下に弔意を伝えました。
 “モル”・グレゴリウス・ヨセフ府主教座下(His Eminence Mor Gregorius Joseph, Metropolitan Trustee of the Syrian Jacobite Church in India)が同行。

 

 (英語:アルメニア教会キリキア・カトリコス庁公式サイト)HIS HOLINESS ARAM I RECEIVES IGNATIUS APHREM II PATRIARCH OF THE SYRIAC ORTHODOX CHURCH | Armenian Church Catholicosate of Cilicia
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)His Holiness offers condolences to His Holiness Catholicos Aram for the passing away of his mother | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

Armenian ChurchさんはTwitterを使っています: 「On September 17, 2019, His Holiness Patriarch Mor @Ignatius Aphrem II visited @CatholicosAramI, to offer his condolences on the passing away of late Lousine Keshishian, mother of Aram I. https://t.co/WiAHck3EWw」 / Twitter

 

ՆՈՐԻՆ ՍՐԲՈՒԹԻՒՆ ԻԳՆԱՏԻՈՍ ԱՖՐԱՄ Բ. ԱՍՈՐԻ… – His Holiness Catholicos Aram I of the Armenian Church, Holy See of Cilicia | Facebook

 

Երեքշաբթի, 17 Սեպտեմբեր 2019-ին,… – Armenian Church, Holy See of Cilicia | Facebook

 

قداسة سيدنا البطريرك يقدّم التعازي… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世聖下、シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下、カルデア東方典礼カトリック教会首座/ルイ・ラファエル1世サコ総大司教座下が MECC の会合へ(2019年8月)

 2019年8月29日、キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(ジョン10世 : His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)の招待により、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/カルデア東方典礼カトリック教会の首座/バビロニア総大司教【バビロン総大司教】ルイ・ラファエル1世サコ座下(His Beatitude Patriarch Louis Raphaël I Sako, Patriarch of Babylon【Babilonia】, Archbishop of Baghdad, Chaldean Patriarch)らが、レバノン共和国にて開かれた MECC(Middle East Council of Churches : 中東教会会議)の会合に臨席しました。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting of the Presidents of the Middle East Council of Churches | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

اجتماع رؤساء مجلس كنائس الشرق الأوسط –… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

 (アラビア語:カルデア東方典礼カトリック教会公式サイト)البطريرك ساكو يشترك في لقاء الهيئة التنفيذية لمجلس كنائس الشرق الأوسط – البطريركية الكلدانية

http://saint-adday.com/?p=34073 – البطريركية الكلدانية Chaldean Patriarchate | Facebook