キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下が、アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行に選出されたサハク・マシャリャン主教座下と会見(2019年8月)

 2019年8月2日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)は、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行(首座代行 : Locum Tenens)に選出されたサハク・マシャリャン主教座下(Bishop Sahak Mashalian)と会見しました。

 

 (英語)The Locum Tenens of the Armenian Patriarchate in Constantinople – Romfea News

Romfea.newsさんはTwitterを使っています: 「Bishop #Sahak, accompanied by clergy of the #Armenian #Patriarchate, was received by the @EcuPatriarch #Bartholomew #romfeanews https://t.co/Pjo2jrzYfY」 / Twitter

Romfea.news – Bishop Sahak, accompanied by clergy of the… | Facebook

 

空位となっているキリスト教/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行に、サハク・マシャリャン主教座下が選出されていた模様(2019年7月)

 2019年7月4日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行に、サハク・マシャリャン主教座下(Bishop Sahak Mashalian)が選出されていた模様です。
 同座は、アルメニア使徒教会の第84代コンスタンティノープル総主教メスロブ2世ムタヒャン大主教座下(His Beatitude Archbishop Mesrob II Mutafyan, Armenian Patriarch of Constantinople : メスロプ2世ムタフィアン総主教)の永眠に伴い空位となっています。

 選挙では、マシャリャン座下が13票、そしてエルドアン大統領らに近いといわれ首座代理/代行を務めていたアラム・アテシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Aram Ateşyan)が11票で、マシャリャン座下が総主教代行と決定しました。一方、翌日(7月5日)の選挙で、マシャリャン座下が務めていた総主教庁宗教会議の議長にアテシャン座下が代わりに選出されるという、ただの交代のような現実もあるようです。

 また、正式な総主教選出が年内におこなわれるかもわからないようです。
 新たな総主教の選出には、アルメニア本国の聖エチミアジン母座およびトルコ共和国当局の承認が必要となります。

※それと、ここの総主教座の名称が「コンスタンティノープル総主教」「イスタンブール総主教」「トルコ総主教」と表記が割れるようになってきているので、いったい正式名称はどうなっているのかが気になるところです。

 

 (英語)Archbishop Sahak Mashalian Elected Locum Tenens of the Armenian Patriarchate of Istanbul • MassisPost
 (英語)Bishop Sahak Mashalian Elected Locum Tenens of Istanbul Patriarchate | Asbarez.com
 (英語)Bishop Sahak Mashalian Elected Locum Tenens of Constantinople Patriarchate
 (英語)Bishop Sahak Mashalian elected Istanbul’s Armenian patriarchal locum tenens | ARMENPRESS Armenian News Agency