シスマ2018:キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、ロシア正教会系のウクライナ正教会のオデッサ教区を訪問、教会法上合法である同教会とその首座のキエフ府主教オヌフリー座下への支持をあらためて表明(2018年9月)

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

 2018年9月27日、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)は、ウクライナを訪問しました。

 オデッサ国際空港では、ロシア正教会モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会の、
 オデッサ・イズマイル府主教アガファンゲル座下(アハファンヘル府主教 : His Eminence Agafangel, Metropolitan of Odessa and Izmail)、
 ドネツク・マリウポリ府主教イラリオン座下(His Eminence Hilarion【Ilarion】, Metropolitan of Donetsk and Mariupol)、
 ゴルロフカ・スラヴャンスク府主教ミトロファン座下(His Eminence Mitrofan, Metropolitan of Gorlovsky and Sloviansk)、
 ユージュネ主教ディオドル座下(His Grace Diodor, Bishop of Yuzhne)、
 アルツィス主教ヴィクトル座下(His Grace Victor, Bishop of Artsyz)、
 らが出迎えたようです。

 アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下は、オデッサ大聖堂での礼拝にてウクライナの教会法上合法な教会の聖職者と信徒たちに、ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)率いる教会法上合法な教会に留まるようにと伝えるためにやってきたとし、9月21日にポーランド正教会の首座/ワルシャワ・全ポーランド府主教サワ座下(His Beatitude Metropolitan Sawa of Warsaw and All Poland)と署名した文書は我々が教会法上合法なウクライナの教会と常に共にあることを示したものだと語りました。

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Молебен о единстве Православия в Украине – YouTube

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Патриарх Александрийский посетил Свято-Успенский кафедральный собор – YouTube

 

 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | В Одессу с дружеским визитом прибыл Предстоятель Александрийской Православной Церкви Блаженнейший патриарх Александрийский и всея Африки Феодор II
 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | Патриарх Александрийский Феодор II возглавил молебен о единстве Православия в Спасо-Преображенском кафедральном соборе г. Одессы (Видео)
 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | Патриарх Александрийский Феодор II посетил Свято-Успенский Одесский кафедральный собор (Видео)
 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | Патриарх Александрийский Феодор II возглавил молебен о единстве Православия в Спасо-Преображенском кафедральном соборе г. Одессы (Видео)

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)До Одеси прибув Патріарх Олександрійської Православної Церкви (+відео) – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Олександрійський Патріарх Феодор: Блаженніший Митрополит Онуфрій — глава канонічної Церкви в Україні (+відео) – Українська Православна Церква

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Блаженнейший Патриарх Александрийский Феодор посещает Одессу / Новости / Патриархия.ru

 

 9月21日にアレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下とワルシャワ・全ポーランド府主教サワ座下が署名した文書について、ウクライナ系メディアの一部が、コンスタンティノープルの全地総主教庁による一方的な独立正教会設置を支持する文書であるかのように伝えました。
追記:
 ウクライナ系メディアのみならずコンスタンティノープルの全地総主教庁の聖職者までそう発言したらしく、もはや全地総主教庁はウクライナ政府化しているといわねばならない状況。

 その後、9月24日にロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))がワルシャワにて両首座と会談しています。

 上記の文書についての言及はいうまでもなく、オデッサ教区を訪問したというのは意味合いがはっきりしています。
 オデッサ府主教のアガファンゲル座下は、現在“キエフ総主教”を称しているフィラレート聖下(ロシア正教会から破門)がかつてロシア正教会からウクライナの部分を強引に独立させようとしたときにモスクワ総主教庁のもとに留まることを主張し対立したうちの代表的人物です(親ロシア・強硬派といっていいくらい)。

 今回のセオドロス2世聖下のウクライナ訪問が事前の予定にあったものなのかどうかははっきりしませんが……(イラリオン座下の要請を受けて急遽、というのも考えにくいことですが、現在の事態が事態なのでありうるのかもしれません)。

 

追記:
 アレクサンドリア総主教庁の公式サイトが更新されアガファンゲル座下の80歳の誕生日記念式典に招待されていたとされています。

 — [ Greek Orthodox ] — | THE ALEXANDRIAN PRIMATE INVITED TO THE 80th BIRTHDAY OF METROPOLITAN AGATHANGELOS OF ODESSA

 また、細かいことはよくわからないのですが、セオドロス2世聖下は、主教叙聖前に(?)、オデッサにて「アレクサンドリア総主教のロシアにおける総主教代理」(正確な名称未確認)を務めていた模様です。

 

訪問2日目:キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下によるウクライナ正教会オデッサ教区訪問2日目(2018年9月)ロシア正教会系のウクライナ正教会及びモルドバ正教会の主教らと共同礼拝
訪問3日目:キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下がウクライナ正教会首座/キエフ府主教オヌフリー座下と共同礼拝(2018年9月)アガファンゲル府主教座下の80歳を祝う