東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会の聖シノド会合がアレクサンドリア総主教とのコミュニオン解除を決定(2019年12月)

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の聖シノド会合は、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)とのコミュニオン解除を決定しました。
 これは、セオドロス2世が、前言を翻し、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】を承認したことによる対抗措置です。

関連記事:
 東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会が、アレクサンドリア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】(正教会の大使館的聖堂)の権能を停止する予定との報道(2019年11月)

 報道によれば、決定は八項目にまとめられるようです。

  1. 教会分裂勢力(コンスタンティノープル系ウクライナ正教会)とコミュニオンに入ったアレクサンドリア総主教セオドロスの反教会法的行為に対し、深い悲しみを表明すること
  2. それはこれまでの彼の意見表明とまったく反するものであることを強調すること
  3. この行動は、アレクサンドリア総主教庁聖シノド会合では審議されておらず、独断のものであること
  4. 彼の名を挙げて礼拝することが不可能であることと、彼とユーカリスティック・コミュニオンを継続することが不可能であることを確認すること
  5. アレクサンドリア総主教に追随しないアレクサンドリア総主教庁の聖職者とはコミュニオンを継続すること
  6. アレクサンドリア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】(正教会の大使館的聖堂)の権能を停止すること
  7. アレクサンドリア総主教庁に向けて置かれていたエジプト・カイロのモスクワ総主教庁の代表団は、ロシア正教会の小教区に変更されること
  8. アフリカに置かれていたロシア正教会の小教区はアレクサンドリア総主教庁の管轄権下から撤退し、モスクワ総主教庁直轄に移ること

 ここからの展開ですが、アフリカ大陸において、ギリシャ系人種の主教らに“二級市民”として扱われているアフリカ系聖職者(アフリカ系のみならずギリシャ系人種以外は東方正教会では二級市民ですが)らがどう行動するかということになるでしょう。
 ロシア正教会側は、「全アフリカにおける総主教代理区」のようなものを設置し、彼らをアレクサンドリアから切り崩して取り込んでいくのではないでしょうか。

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Священный Синод принял меры в связи с признанием Предстоятелем Александрийского Патриархата раскольнической структуры на Украине / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Митрополит Павел принял участие в заседании Священного Синода Русской Православной Церкви | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

 (英語)Interfax-Religion: Patriarch Kirill ceases liturgical commemoration of patriarch of Alexandria for recognizing new church of Ukraine
 (英語)Russian Synod removes Russian parishes in Africa from jurisdiction of Patriarchate of Alexandria / OrthoChristian.Com
 (英語)ROC Synod evaluates the recognition of OCU by Alexandrian Patriarchate – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

キリスト教/ロシア正教会の今年最後の聖シノド会合はじまる(2019年12月)アレクサンドリア総主教庁とのコミュニオン解除があるかどうかが注目

 2019年最後となる、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の聖シノド会合が始まりました。
 アレクサンドリア総主教庁とのコミュニオン解除があるかどうかが注目です。

関連記事:
 東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会が、アレクサンドリア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】(正教会の大使館的聖堂)の権能を停止する予定との報道(2019年11月)

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Началось последнее в 2019 году заседание Священного Синода Русской Православной Церкви – YouTube

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл возглавил последнее в 2019 году заседание Священного Синода Русской Православной Церкви / Новости / Патриархия.ru

 

 ロシア正教会聖シノドのメンバーは、

  • ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)
  • ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)
  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モルドバ正教会の首座/キシナウ・全モルドバ府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)
  • アスタナ・カザフスタン府主教アレクサンドル座下(His Eminence Metropolitan Alexander of Astana and Kazakhstan)
  • タシケント・ウズベキスタン府主教ヴィケンティー座下(His Eminence Metropolitan Vikentiy of Tashkent and Uzbekistan)
  • サンクトペテルブルク・ラドガ府主教ヴァルソノフィー座下(His Eminence Metropolitan Varsonofy of St. Petersburg and Ladoga)
  • ベラルーシにおける総主教代理【ベラルーシ正教会首座】/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))
  • ヴォスクレセンスク府主教ディオニシー座下(His Eminence Metropolitan Dionisiy of Voskresensk)

 上記が固定メンバーで、さらに五名が半年間の任期で参加します。

 

追記:
 会合前の話ですが、イラリオン府主教座下は、アフリカへの小教区設置の可能性についてコメントしたようです。

 (英語)Interfax-Religion: Russian Orthodox Church could open parishes in Africa if Patriarchate of Alexandria sides with Ukrainian schism – Metropolitan Hilarion (updated)

 

続報:
 東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会の聖シノド会合がアレクサンドリア総主教とのコミュニオン解除を決定(2019年12月)

 

映像(キャプションは英語):キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】とロシア正教会の90年間の関係についての映像(2019年9月)

 先頃、キリスト教/オリエント正教会/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコス・マランカラ府主教“モラン”・“マル”・バセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下(シロ・マランカル典礼カトリコスモラン・バゼリオス・マルトマ・パウロス2世 : His Holiness Moran Mar Baselios Marthoma【Mar Thoma】 Paulose II, the Catholicos of the East and Malankara Metropolitan, the Supreme Head of the Malankara Orthodox Syrian Church of India)によるキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁訪問がおこなわれましたが、両教会の90年の関係についての映像がアップロードされていたのでリンクしておきます。

 

※キャプションは英語。やや音声が大きいかもしれません。歌が流れる部分があります。

Orthodox Vishvaasa Samrakshakan:
90 Years of Indo – Russian Orthodox Church Relations – YouTube

 

 オリエント正教会では使徒座が重要視されます。
 マランカラ正教シリア教会は、自身の首座を使徒/聖トマストマ)の継承者とし、モスクワ総主教は使徒/聖アンデレアンドレイ)の継承者とみなしているようです(ある意味モスクワとコンスタンティノープルは同格といっているようなものですが)。

 

関連:
 キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下のロシア訪問始まる(2019年8月)
 キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下が、ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下の礼拝に臨席・会談(2019年9月)
 キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下と会見(2019年9月)
 動画(ロシア語):キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】に関する10の事実(2019年9月)
 キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下らが、モスクワ総主教ピメン1世聖下の墓へ(2019年9月)

 

キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下らが、モスクワ総主教ピメン1世聖下の墓へ(2019年9月)

 ロシア連邦を訪問中のキリスト教/オリエント正教会/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコス・マランカラ府主教“モラン”・“マル”・バセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下(シロ・マランカル典礼カトリコスモラン・バゼリオス・マルトマ・パウロス2世 : His Holiness Moran Mar Baselios Marthoma【Mar Thoma】 Paulose II, the Catholicos of the East and Malankara Metropolitan, the Supreme Head of the Malankara Orthodox Syrian Church of India)ら一行は、二代前のキリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教ピメン1世聖下(ピーメン総主教 : His Holiness Pimen I, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)の墓(地下納骨堂?)を訪れました。

 下記のフェースブックのアカウント記事によりますと、ピメン1世聖下は1977年の1月~2月にかけてマランカラ正教シリア教会【インド正教会】を訪問したということです。

 

His Holiness by the tomb of HH Pimen I,… – Catholicate News | Facebook

 

1977 ല്‍ ഇന്ത്യ സന്ദര്‍ശിച്ച പീമന്‍… – Catholicate News | Facebook

 

関連:
 キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下のロシア訪問始まる(2019年8月)
 キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下が、ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下の礼拝に臨席・会談(2019年9月)
 キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、マランカラ正教シリア教会【インド正教会】首座/東方カトリコスのバセリオス・マルトマ・パウロス2世聖下と会見(2019年9月)
 動画(ロシア語):キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】に関する10の事実(2019年9月)
 映像(キャプションは英語):キリスト教/マランカラ正教シリア教会【インド正教会】とロシア正教会の90年間の関係についての映像(2019年9月) – キリスト教 高位聖職者のニュース

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下らが、ルーシ洗礼を祝う礼拝(2019年7月)

 2019年7月28日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、亜使徒聖ウラジーミル大公・ルーシ洗礼の日を祝う礼拝をおこないました。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Проповедь Святейшего Патриарха в день памяти св. равноап. кн. Владимира, День Крещения Руси – YouTube

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Святейший Патриарх Кирилл совершил молебен у памятника равноап. кн. Владимиру – YouTube

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Слово Святейшего Патриарха Кирилла после молебна у памятника святому равноапостольному князю Владимиру в Москве / Патриарх / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В день памяти святого равноапостольного князя Владимира Предстоятель Русской Церкви совершил Литургию в Успенском соборе Московского Кремля / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В День Крещения Руси Святейший Патриарх Кирилл совершил молебен у памятника равноапостольному князю Владимиру в Москве / Новости / Патриархия.ru

 

 ロシア正教会より、下記の主教らが共同で礼拝。

  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))
  • トヴェリ・カシンスキー府主教サッヴァ座下(His Eminence Metropolitan Savva【Sawa】 of Tver and Kashinsky)
  • ヴォログダ・キリルロフスキー府主教イグナチー座下(His Eminence Metropolitan IgnatiusIgnatiy】 of Vologda and Kirillov)
  • カシラ大主教フェオグノスト座下(His Eminence Archbishop TheognostFeognost】 of Kashira)
  • ヴェレヤ大主教アンヴロシー座下(His Eminence Archbishop Ambrose【Amvrosiy】 of Verea【Vereya】)
  • ヴィドノフスキー主教ティーホン座下(His Grace Bishop Tikhon of Vidnovsky)
  • ドミトロフ主教フェオフィラクト座下(His Grace Bishop TheophylactFeofilakt】 of Dmitrov)
  • セルプホフ主教ロマン座下(His Grace Bishop Roman of Serpukhov)
  • オレホヴォ=ズエヴォ主教パンテレイモン座下(His Grace Bishop Panteleimon of Orekhovo-Zuyevo)
  • ヴォスクレセンスク主教ディオニシー座下(His Grace Bishop Dionisiy of Voskresensk)
  • バラシハ主教ニコライ座下(His Grace Bishop Nikolay of Balashikha)
  • ザライスク主教コンスタンティン座下(His Grace Bishop ConstantineKonstantin】 of Zaraisk)
  • モジャイスク主教レオニード座下(His Grace Bishop Leonid of Mozhaysk)
  • セルギエフ=ポサード主教パラモン座下(His Grace Bishop Paramon of Sergiev-Posad)
  • パヴロヴォ=ポサード主教フォマ座下(His Grace Bishop FomaThomas】 of Pavlovo-Posad)
  • ルホヴィツィ主教ピョートル座下(His Grace Bishop PeterPetr】 of Lukhovitsy)
  • ブロンニツィ主教フォマ座下(His Grace Bishop FomaThomas】 of Bronnitsy)
  • イストラ主教セラフィム座下(His Grace Bishop Seraphim of Istra)
  • ゼレノグラード主教サッヴァ座下(His Grace Bishop Savva of Zelenograd)
  • ソルネチノゴルスク主教アレクシー座下(His Grace Bishop AlexyAleksiy】 of Solnechnogorsk)

 他の独立正教会より、下記の聖職者らが共同で礼拝。

  • アンティオキア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】ニフォン府主教座下(His Eminence, the Most Reverend Niphon, Metropolitan of Philippople?【Chehba?】)
  • セルビア正教会のモラヴィツァ主教アントニイェ座下(His Grace vicar Bishop AnthonyAntonije】 of Moravica)
  • アメリカ正教会【OCA】のサンタローザ主教ダニエル座下(His Grace【The Right Reverend】 Daniel, Bishop of Santa Rosa)
  • ブルガリア正教会及びチェコ・スロバキア正教会より掌院