アンドラ共同統治公/ウルヘル司教ジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア大司教座下が、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2021年3月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2021年3月12日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のウルヘル司教で、個人として大司教に叙されているジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア座下(Archbishop Joan-Enric Vives i Sicília, Bishop of Urgell)は、司教宮殿にて、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

※ウルヘル司教はフランスの国家元首と共に、アンドラ公国の共同統治公となります。

 

Bisbat Urgell(ウルヘル司教 公式チャンネル):
Presentació de Cartes Credencials al Copríncep Episcopal – YouTube

 

 (カタルーニャ語(スピーチ内容部分英語):ウルヘル司教 公式サイト)Cerimònia de presentació de les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors

 (英語)Co-Prince of Andorra receives credentials of Qatar’s Ambassador – The Peninsula Qatar

 

Bisbat d'UrgellさんはTwitterを使っています 「El Coprincep Episcopal #MonsVives rep les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors al Palau Episcopal i els adreça un parlament. https://t.co/785Lfhv0Lb」 / Twitter

 

 25ヶ国は、イスラエル国、ベルギー王国、チリ共和国、カタール国、モーリタニア・イスラム共和国、オーストラリア、アルバニア共和国、アルメニア共和国、メキシコ合衆国、アイスランド共和国、スイス連邦、カンボジア王国、大韓民国、サウジアラビア王国、エルサルバドル共和国、ラトビア共和国、アルゼンチン共和国、ベナン共和国、ハンガリー、ウルグアイ東方共和国、ホンジュラス共和国、キプロス共和国、グアテマラ共和国、アルジェリア民主人民共和国、ドミニカ共和国、となっています。

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下がイラクへ到着(2021年3月)

 2021年3月5日、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、イラク司牧訪問を開始しました。
 空港では、イラク共和国首相ムスタファ・アル・カーズィミー閣下(Mustafa Al-Kadhimi)を受けました。

 イラク共和国大統領バルハム・サーレハ閣下(バルハム・サリフ大統領Barham Salih)との会見ほか、要人らおよび現地のカトリック関係者らと会見しました。

 東方典礼カトリック教会より、
 カルデア東方典礼カトリック教会首座/バビロニア総大司教【バビロン総大司教】ルイ・ラファエル1世サコ枢機卿座下(His Eminent Beatitude Louis Raphaël I Cardinal Sako, Patriarch of Babylon【Babilonia】, Archbishop of Baghdad, Chaldean Patriarch)、
 シリア東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア・東方全土総大司教“モラン”・“モル”・イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Moran Mor Ignatius Youssef III Younan, the Patriarch of Antioch and All the East for Syriac Catholic Church)
 が同行しています。

 

 イラク訪問:教皇、バグダッド到着、空港で歓迎式 – バチカン・ニュース
 イラク訪問:教皇「兄弟愛に基づく一致・連帯・調和ある社会を」 – バチカン・ニュース
 教皇、イラクのカトリック教会関係者に励まし – バチカン・ニュース

 (英語)Pope Francis arrives in Iraq – Vatican News
 (英語)Pope urges Iraqi authorities to rebuild society on fraternal solidarity – Vatican News
 (英語)Iraqi youth in joyful expectation of Pope Francis – Vatican News
 (英語)Pope to Iraqi clergy, religious: Violence and hate are incompatible with religion – Vatican News
 (英語)Pope Francis' expressions of closeness with the Iraqi people – Vatican News
 (英語)Highlights of Pope Francis’ 1st day in Iraq – Vatican News
 (英語)Muslim Council of Elders on Pope Francis’ visit to Iraq – Vatican News

 

Vatican News – English:
Highlights of Pope Francis' first day in Iraq – YouTube

 

Vatican News:
Pope Francis arrives in Iraq – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Welcome, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Official Welcome Ceremony, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Meeting with Authorities, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Meeting with the Bishops, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Pope Francis meets with bishops, clergy and religious in Baghdad, – YouTube

 

 (英語)Pope Francis during flight to Iraq: “This is an emblematic trip, a duty to this land” | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope Francis during flight to Iraq: “This is an emblematic trip, a duty to this land” – YouTube

 

 (英語)Iraq welcomes Pope Francis with a song of fraternity: Ode to Joy | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Iraq welcomes Pope Francis with a song of fraternity: Ode to Joy – YouTube

 

 到着までに飛行機が上空を通過した各国元首へ電報がおくられています。

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Apostolic Journey of His Holiness Francis in Iraq (5 to 8 March 2021) – Departure from Rome, Telegram to the President of the Italian Republic and Telegrams to Heads of State, 05.03.2021

HIS EXCELLENCY HON. SERGIO MATTARELLA
PRESIDENT OF THE ITALIAN REPUBLIC

 イタリア共和国大統領セルジョ・マッタレッラ閣下(セルジオ・マッタレラ : His Excellency Sergio Mattarella

HER EXCELLENCY KATERINA SAKELLAROPOULOU
PRESIDENT OF THE HELLENIC REPUBLIC

 ギリシャ共和国大統領エカテリニ・サケラロプル閣下(Her Excellency Ms Aikaterini Sakellaropoulou

HIS EXCELLENCY NICOS ANASTASIADES
PRESIDENT OF CYPRUS

 キプロス共和国大統領ニコス・アナスタシアディス閣下(His Excellency Mr Nicos Anastasiades

HIS EXCELLENCY MAHMOUD ABBAS
PRESIDENT OF THE STATE OF PALESTINE

 パレスチナ国大統領マフムード・アッバース閣下(His Excellency Mr Mahmoud Abbas

HIS EXCELLENCY REUVEN RIVLIN
PRESIDENT OF THE STATE OF ISRAEL

 イスラエル国大統領ルーベン・リヴリン閣下(His Excellency Mr Reuven Rivlinルヴィ・リヴリンRuvi Rivlin

HIS MAJESTY ABDULLAH II
KING OF JORDAN

 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・ビン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)

 

続報:
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、イスラム教シーア派指導者の大アヤトラ、シスタニ師と会見(2021年3月)

キリスト教/セルビア総主教ポルフィリイェ聖下がコンスタンティノープルのバルソロメオス総主教のウクライナにおける行為を「教会法にそっていない」とコメントした件で、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の聖職者がセルビア総主教を非難(2021年3月)着座後すぐに泥沼の気配

 新たに着座したキリスト教/東方正教会/セルビア正教会は、セルビア総主教ポルフィリイェ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Porfirije, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)は、インタビューでの答えの中で、コンスタンティノープルのバルソロメオス総主教のウクライナにおける行為(一方的に独立正教会を設置したことなど)を「我々はロシア正教会の見方をしているわけではなく教会法を守っているだけ。コンスタンティノープルのやり方は教会法・慣習に沿っていない」とコメントしました。
 これに関して、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の“聖職者”が、「セルビア総主教は教会法の専門家でも、ウクライナにおける専門家でもなんでもない」と非難しているようです。

 

 (英語)Schismatic bishop fires back: Serbian Patriarch is no expert on canons, he’s pretending to be an oracle / OrthoChristian.Com
 (英語)OCU claims Patriarch Porfirije is not an expert on canons – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

 ウクライナにおける現在の東方正教会の問題は多々ありますが、まず OCU の首座である“エピファニー府主教”について、ポーランド正教会は「彼は主教ではない」と回答しており、キプロス正教会でコンスタンティノープルを批判している府主教らは「彼は神品(聖職者)ではない」と発言しています。
 ポルフィリイェ総主教にいたっては、かつて「彼は信徒ですらない」としていました。

 ポルフィリイェ総主教からしてみれば、なんで首座を自称する「信徒ですらない人物」のよくわからない手下からこんなことを言われねばならんのかという話で、コンスタンティノープルがこれに対して(ポルフィリイェ聖下のコメント及び、それに対する OCU の人物のコメントに対して)何か反応するのか注目です。

 

 それにしても、ああ、泥沼……。

キリスト教/キプロス正教会の聖シノドの会合がおこなわれる(2020年11月)

 キプロス正教会の聖シノドの会合がおこなわれたようですが、玉虫色の結論もいいところのコミュニケが出ただけです。概要を読んだ段階で全文を読む気にもなりません(記事のリンクも面倒です)。
 彼らにとって、自分たちの首座が一方的に(メンバーの一部が教会法上合法でない主教とみている人物と)コミュニオンの状態に入ったことは、信仰の問題ではないそうです
 首座(名前を書くのも面倒です)の決定に「反対しない」というよくわからない決定と、また、聖シノドのメンバーを拘束する決定もなされなかったようで、趣味のために聖職者の服でコスプレして集まったのかあなたがたはと首をかしげる次第。

 東方正教会(特にギリシャ人系)は真面目に宗教をやる気がないですね。
 しかも影響力はあるので、迷惑極まりない。
 ああ、こんなことを感じ、こんなことを書くためにこのサイトを始めたわけではないのですが!

 

関連:
 本日【2020年11月23日】キリスト教/キプロス正教会が聖シノドの会合をおこなう模様。おそらくコンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】を承認し、その後ロシア正教会側からフル・コミュニオンを解除されるということになるのでは(2020年11月)

 

本日【2020年11月23日】キリスト教/キプロス正教会が聖シノドの会合をおこなう模様。おそらくコンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】を承認し、その後ロシア正教会側からフル・コミュニオンを解除されるということになるのでは(2020年11月)

 本日【2020年11月23日】、キリスト教/キプロス正教会が聖シノドの会合をおこなう模様。
 おそらくコンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】を承認することになると思われます。

 

ここまでの事態:
 東方正教会大分裂:キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下がコンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の首座の名を礼拝中に挙げる。同教会シノドの事前同意なし(2020年10月)
 キリスト教/ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)のボリスポリ・ブロヴァリー府主教アントニー座下がキプロス大主教の行動についてコメント(2020年10月)
 キリスト教/キプロス正教会のレメソス府主教、キッコス・ティリリア府主教、タマソス府主教、アマサス主教が、キプロス大主教とコンスタンティノープルを批判する声明(2020年10月)
 東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会の聖シノドがキプロス大主教クリソストモス2世座下とのユーカリスティック・コミュニオンを解除(2020年11月)

 

 レメソス府主教ら四主教がクリソストモス2世を批判していますが、それ以外の批判者が続かないところをみると、聖シノドの会合はクリソストモス2世を支持するものが多数、 OCU を独立正教会として承認して終了するでしょう。

 その後は、ロシア正教会の聖シノドが臨時会合を開き、今まではキプロス大主教とのみフル・コミュニオンを解除していましたが、キプロス正教会全体とフル・コミュニオンを解除することを決定するということになります。
 東方正教会大分裂がまた一段階進みます。
 これは単なる大分裂ではなく、原則がムチャクチャになっているので、東方正教会崩壊というほうが正しいかもしれません。

 

 さて、そんな全体のことはともかく。
 このキプロスの一件で注目なのは、レメソス府主教らが、あくまで聖シノドの決定に従わず、分離シノドを形成する可能性です。
 彼ら自身も所詮はギリシャ人なので、最終的には折れてコンスタンティノープルに従うのではないかと思っていますが……。
 しかしコンスタンティノープルを批判する声明を出した四人があっさりとまた短期間で言葉を翻すようでは、東方正教会のギリシャ人の神品(聖職者)は嘘つきばかりと大宣伝しているようなもの。
 彼らは(コンスタンティノープルやそれに続く連中と共に)、キリスト教と東方正教会とギリシャ人という人種の評判を大幅に下落させることになります。
 まあでも、そうするんじゃないでしょうか(達観)。

 

 あとは北キプロス・トルコ共和国への影響です。
 分離シノドが形成されるようなことがなければ、ロシア正教会は北キプロスにある聖堂・修道院などの接収を(ロシア政府を通じて)トルコ共和国政府および北キプロス政府に求めるでしょう(なにしろもはや正当な所有者がいないため)。
 政治・外交への影響は避けられないように思えます。