キリスト教/東方正教会シスマ2022:アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、モスクワ総主教キリル聖下の名を礼拝で挙げることを停止(2022年11月)ロシア側からは2019年に停止済み。相互に関係停止へ

 現在開催されている、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁の聖シノドの会合で、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教キリイル総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)の名を礼拝で挙げることを停止することを決定しました。
 会合はまだ終了していないので、全体の決定の詳細がどうなるかはわかりませんが、2019年にロシア正教会側は同様の決定をしているので、これで相互に関係の停止となりました。
 また、アレクサンドリア総主教庁は、ロシア正教会のアフリカにおける総主教代理/クリン府主教レオニード座下(His Eminence Metropolitan Leonid of Klin, Patriarchal Exarch for Africa)の聖職権限を剥奪するとしています。ロシア正教会には何の関係もありませんが

 

 (ギリシャ語)Το Πατριαρχείο Αλεξανδρείας διέκοψε την μνημόνευση του Πατριάρχη Μόσχας
 (英語)Patriarch Theodoros stops commemorating Patriarch Kirill, Russian Exarch declared defrocked by Alexandria / OrthoChristian.Com

 

 2018年~2019年にコンスタンティノープルが、自身がロシア正教会の管轄権下と認めていたウクライナで、教会法上合法でない上に使徒継承性が成立していない“主教”を首座とする OCU を承認するというムチャクチャな事態(使徒継承性や独立正教会に関するルールという、東方正教会の根幹を儀礼上トップの場所が雑に破った)があり、それに追随したアレクサンドリア総主教庁、ギリシャ正教会、キプロス正教会を含めて、ロシア正教会は関係を停止しています(一部残ってる部分もありますが)。コンスタンティノープルを含む4教会以外は追随していないため事態はその後には大きく動いていませんでしたが、アレクサンドリア総主教庁はロシア正教会と相互に関係を停止することを選びました。4教会はこのままロシア正教会と縁を切る方向に進む可能性が増しているように見えます。

 今回のアレクサンドリア総主教庁の決定は、ロシア正教会が、アレクサンドリア総主教庁の管轄権下であるとロシア正教会が認めていたはずのアフリカに、「アフリカにおける総主教代理区」を許可なく設置し、アレクサンドリア総主教庁を無視してお株を奪うような活動を始めたことが原因です(が、そもそも、上記のようなコンスタンティノープルの愚行に賛同した時点で結末は予見できていたようなものです)。
 ただ、ロシア正教会を含む各独立正教会は、一度独立正教会と認め、その管轄権下と認めれば撤回が出来ないという立場(そのため、ウクライナをロシア正教会の管轄権下ではないと一方的に認めることはできない)であり、ロシア正教会はアフリカ全土をアレクサンドリア総主教庁の管轄権下であると20世紀初頭に認めています。つまり、一方的にアフリカで活動すると「そんなことをしたらコンスタンティノープルと同レベルになってしまう」という指摘は出ていました。
 これに対する公式な立場はモスクワ総主教庁からは出ていないように思います。ロシア正教会の聖職者からは、「アフリカ全土はそもそもローマ総主教庁の管轄権下なので、モスクワ総主教庁が勝手によその総主教庁に移動することは出来ないから、アレクサンドリア総主教庁の管轄権下と認めたこと自体が無効なので無意味」というような見解も出ているようです(よく考えるものというか……)。

 ともあれ、ロシア正教会側のアフリカにおける総主教代理区が、オリエント正教会のコプト正教会から建物の提供を受けるに及び、アレクサンドリア総主教からコプト正教会側へ抗議(「東方正教会内部の問題への介入だ!」)もおこなわれたようですが、特に意味のある反応もなかったようで、結果的にことは東方正教会内部の問題におさまっていないことを示した形に。

 もともと、アレクサンドリア総主教庁は、活動において、ギリシャとロシア正教会からの支援に強く依存している形があり、ギリシャからの要求によりコンスタンティノープルに追随したものの、ロシア正教会からの関係停止とそのアフリカにおける総主教代理区設置から受けるマイナスな影響は強かったはず。
 その後、セオドロス総主教は、アフリカの要人と会見する機会もいくつかあったようで、おそらくロシア正教会と完全に縁を切ってもやっていける、あるいはやっていくしかないと踏んだということなんでしょう。
 今回の件がコンスタンティノープルやギリシャの諸集団と事前に協議したものなのかどうかはわかりませんが、どちらにせよアレクサンドリアと歩調をあわせていく形になるでしょう。

 

続報:
 キリスト教/東方正教会シスマ2022:ロシア正教会/アフリカにおける総主教代理/クリン府主教レオニード座下が、アレクサンドリア総主教庁による“処分”についてコメント(2022年11月)
 インタビュー動画(ロシア語・英語字幕):キリスト教/ロシア正教会/アフリカにおける総主教代理/クリン府主教レオニード座下が、アレクサンドリア総主教庁による“処分”についてコメント(2022年11月)

訃報(2022年11月7日):キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下が永眠(1941~2022)

 2022年11月7日、キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)は永眠しました。
 1941年4月10日生まれの81歳。

 キプロス共和国大統領ニコス・アナスタシアディス閣下(His Excellency Mr Nicos Anastasiades)は弔意を表明しました。

 

 (英語)Archbishop Chrysostomos dies aged 81 (update 5, videos) | Cyprus Mail

Cyprus MailさんはTwitterを使っています: 「Archbishop Chrysostomos dies overnight | Cyprus Mail https://t.co/8H78KXmpY9 https://t.co/36h6nYOaQa」 / Twitter

 

 (ギリシャ語:キプロス正教会 公式サイト)Εκοιμήθη ο Μακαριώτατος Αρχιεπίσκοπος Κύπρου κυρός Χρυσόστομος (7 Νοεμβρίου 2022) – Εκκλησία της Κύπρου
 (ギリシャ語:キプロス正教会 公式サイト)Ανακοινωθέν της Βουλής των Αντιπροσώπων για τον θάνατο του Αρχιεπισκόπου Κύπρου Χρυσοστόμου Β΄ – Εκκλησία της Κύπρου
 (ギリシャ語:キプロス正教会 公式サイト)Ὁ Μακαριστός Ἀρχιεπίσκοπος Κύπρου Χρυσόστομος Β΄ (1941-2022) – Εκκλησία της Κύπρου
 (ギリシャ語:キプロス正教会 公式サイト)Ο κυπριακός λαός πενθεί την απώλεια του Χρυσοστόμου Β’, λέει ο Πρόεδρος Αναστασιάδης – Εκκλησία της Κύπρου
 (ギリシャ語:キプロス正教会 公式サイト)Ανακοινωθέν της Ιεράς Συνόδου επι τη κοιμήσει του Αρχιεπισκόπου Κύπρου κυρού Χρυσοστόμου Β΄ (7 Νοεμβρίου 2022) – Εκκλησία της Κύπρου

 

Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της Εκκλησίας της Κύπρου | Facebook

 

追記:
 (英語)Archbishop Chrysostomos of Cyprus reposes in the Lord / OrthoChristian.Com

As the senior hierarch of the Cypriot Church, Metropolitan Georgios of Paphos will serve as Locum Tenens until a new Archbishop is elected.

 この記事だけではありませんが、パフォス府主教ゲオルギオス座下(His Eminence Metropolitan Georgios of Paphos)を首座代行(Locum Tenens)とする/なるだとうとしています(キプロス正教会のルール上どうなっているのかは不明)。

アンドラ共同統治公/ウルヘル司教ジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア大司教座下が、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受ける(2021年3月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 2021年3月12日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のウルヘル司教で、個人として大司教に叙されているジュアン=エンリク・ビベス・イ・シシリア座下(Archbishop Joan-Enric Vives i Sicília, Bishop of Urgell)は、司教宮殿にて、アンドラ公国を駐箚する25ヶ国の大使を接受、信任状の捧呈を受けました。

※ウルヘル司教はフランスの国家元首と共に、アンドラ公国の共同統治公となります。

 

Bisbat Urgell(ウルヘル司教 公式チャンネル):
Presentació de Cartes Credencials al Copríncep Episcopal – YouTube

 

 (カタルーニャ語(スピーチ内容部分英語):ウルヘル司教 公式サイト)Cerimònia de presentació de les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors

 (英語)Co-Prince of Andorra receives credentials of Qatar’s Ambassador – The Peninsula Qatar

 

Bisbat d'UrgellさんはTwitterを使っています 「El Coprincep Episcopal #MonsVives rep les Cartes Credencials de 25 Ambaixadors al Palau Episcopal i els adreça un parlament. https://t.co/785Lfhv0Lb」 / Twitter

 

 25ヶ国は、イスラエル国、ベルギー王国、チリ共和国、カタール国、モーリタニア・イスラム共和国、オーストラリア、アルバニア共和国、アルメニア共和国、メキシコ合衆国、アイスランド共和国、スイス連邦、カンボジア王国、大韓民国、サウジアラビア王国、エルサルバドル共和国、ラトビア共和国、アルゼンチン共和国、ベナン共和国、ハンガリー、ウルグアイ東方共和国、ホンジュラス共和国、キプロス共和国、グアテマラ共和国、アルジェリア民主人民共和国、ドミニカ共和国、となっています。

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下がイラクへ到着(2021年3月)

 2021年3月5日、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、イラク司牧訪問を開始しました。
 空港では、イラク共和国首相ムスタファ・アル・カーズィミー閣下(Mustafa Al-Kadhimi)を受けました。

 イラク共和国大統領バルハム・サーレハ閣下(バルハム・サリフ大統領Barham Salih)との会見ほか、要人らおよび現地のカトリック関係者らと会見しました。

 東方典礼カトリック教会より、
 カルデア東方典礼カトリック教会首座/バビロニア総大司教【バビロン総大司教】ルイ・ラファエル1世サコ枢機卿座下(His Eminent Beatitude Louis Raphaël I Cardinal Sako, Patriarch of Babylon【Babilonia】, Archbishop of Baghdad, Chaldean Patriarch)、
 シリア東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア・東方全土総大司教“モラン”・“モル”・イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Moran Mor Ignatius Youssef III Younan, the Patriarch of Antioch and All the East for Syriac Catholic Church)
 が同行しています。

 

 イラク訪問:教皇、バグダッド到着、空港で歓迎式 – バチカン・ニュース
 イラク訪問:教皇「兄弟愛に基づく一致・連帯・調和ある社会を」 – バチカン・ニュース
 教皇、イラクのカトリック教会関係者に励まし – バチカン・ニュース

 (英語)Pope Francis arrives in Iraq – Vatican News
 (英語)Pope urges Iraqi authorities to rebuild society on fraternal solidarity – Vatican News
 (英語)Iraqi youth in joyful expectation of Pope Francis – Vatican News
 (英語)Pope to Iraqi clergy, religious: Violence and hate are incompatible with religion – Vatican News
 (英語)Pope Francis' expressions of closeness with the Iraqi people – Vatican News
 (英語)Highlights of Pope Francis’ 1st day in Iraq – Vatican News
 (英語)Muslim Council of Elders on Pope Francis’ visit to Iraq – Vatican News

 

Vatican News – English:
Highlights of Pope Francis' first day in Iraq – YouTube

 

Vatican News:
Pope Francis arrives in Iraq – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Welcome, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Official Welcome Ceremony, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Meeting with Authorities, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Baghdad, Meeting with the Bishops, 5 March 2021 Pope Francis – YouTube

 

Vatican News:
Pope Francis meets with bishops, clergy and religious in Baghdad, – YouTube

 

 (英語)Pope Francis during flight to Iraq: “This is an emblematic trip, a duty to this land” | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope Francis during flight to Iraq: “This is an emblematic trip, a duty to this land” – YouTube

 

 (英語)Iraq welcomes Pope Francis with a song of fraternity: Ode to Joy | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Iraq welcomes Pope Francis with a song of fraternity: Ode to Joy – YouTube

 

 到着までに飛行機が上空を通過した各国元首へ電報がおくられています。

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Apostolic Journey of His Holiness Francis in Iraq (5 to 8 March 2021) – Departure from Rome, Telegram to the President of the Italian Republic and Telegrams to Heads of State, 05.03.2021

HIS EXCELLENCY HON. SERGIO MATTARELLA
PRESIDENT OF THE ITALIAN REPUBLIC

 イタリア共和国大統領セルジョ・マッタレッラ閣下(セルジオ・マッタレラ : His Excellency Sergio Mattarella

HER EXCELLENCY KATERINA SAKELLAROPOULOU
PRESIDENT OF THE HELLENIC REPUBLIC

 ギリシャ共和国大統領エカテリニ・サケラロプル閣下(Her Excellency Ms Aikaterini Sakellaropoulou

HIS EXCELLENCY NICOS ANASTASIADES
PRESIDENT OF CYPRUS

 キプロス共和国大統領ニコス・アナスタシアディス閣下(His Excellency Mr Nicos Anastasiades

HIS EXCELLENCY MAHMOUD ABBAS
PRESIDENT OF THE STATE OF PALESTINE

 パレスチナ国大統領マフムード・アッバース閣下(His Excellency Mr Mahmoud Abbas

HIS EXCELLENCY REUVEN RIVLIN
PRESIDENT OF THE STATE OF ISRAEL

 イスラエル国大統領ルーベン・リヴリン閣下(His Excellency Mr Reuven Rivlinルヴィ・リヴリンRuvi Rivlin

HIS MAJESTY ABDULLAH II
KING OF JORDAN

 ヨルダン・ハシェミット王国国王アブドッラー2世・ビン・アル・フセイン陛下(アブドゥッラー2世アブドラ国王 : King Abdullah II bin Al-Hussein : His Majesty the King of the Hashemite Kingdom of Jordan)

 

続報:
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、イスラム教シーア派指導者の大アヤトラ、シスタニ師と会見(2021年3月)

キリスト教/セルビア総主教ポルフィリイェ聖下がコンスタンティノープルのバルソロメオス総主教のウクライナにおける行為を「教会法にそっていない」とコメントした件で、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の聖職者がセルビア総主教を非難(2021年3月)着座後すぐに泥沼の気配

 新たに着座したキリスト教/東方正教会/セルビア正教会は、セルビア総主教ポルフィリイェ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Porfirije, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)は、インタビューでの答えの中で、コンスタンティノープルのバルソロメオス総主教のウクライナにおける行為(一方的に独立正教会を設置したことなど)を「我々はロシア正教会の見方をしているわけではなく教会法を守っているだけ。コンスタンティノープルのやり方は教会法・慣習に沿っていない」とコメントしました。
 これに関して、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の“聖職者”が、「セルビア総主教は教会法の専門家でも、ウクライナにおける専門家でもなんでもない」と非難しているようです。

 

 (英語)Schismatic bishop fires back: Serbian Patriarch is no expert on canons, he’s pretending to be an oracle / OrthoChristian.Com
 (英語)OCU claims Patriarch Porfirije is not an expert on canons – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

 ウクライナにおける現在の東方正教会の問題は多々ありますが、まず OCU の首座である“エピファニー府主教”について、ポーランド正教会は「彼は主教ではない」と回答しており、キプロス正教会でコンスタンティノープルを批判している府主教らは「彼は神品(聖職者)ではない」と発言しています。
 ポルフィリイェ総主教にいたっては、かつて「彼は信徒ですらない」としていました。

 ポルフィリイェ総主教からしてみれば、なんで首座を自称する「信徒ですらない人物」のよくわからない手下からこんなことを言われねばならんのかという話で、コンスタンティノープルがこれに対して(ポルフィリイェ聖下のコメント及び、それに対する OCU の人物のコメントに対して)何か反応するのか注目です。

 

 それにしても、ああ、泥沼……。