キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下らが、キプロス大主教クリソストモス2世座下と会見(2020年1月)

 2020年1月21日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、
 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)、
 キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/カルデア東方典礼カトリック教会首座/バビロニア総大司教【バビロン総大司教】ルイ・ラファエル1世サコ枢機卿座下(His Eminent Beatitude Louis Raphaël I Cardinal Sako, Patriarch of Babylon【Babilonia】, Archbishop of Baghdad, Chaldean Patriarch)らとともに、
 キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナとキプロス全土大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)と会見しました。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁 公式ウェブサイト)Meeting with His Beatitude Archbishop of Cyprus Chrysostomos II | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

قداسة سيدنا البطريرك يلتقي غبطة رئيس… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下が、アメリカ合衆国で癌の治療を受ける予定との報道(2020年1月)

 キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)は、今月【2020年1月】、アメリカ合衆国で癌の治療を受ける予定だと報じられています。

 

 (英語)Archbishop Chrysostomos of Cyprus to be treated for cancer in U.S. / OrthoChristian.Com

 

キリスト教/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下のキプロス訪問始まる。キプロス大主教クリソストモス2世座下と会談(2019年8月)

 2019年8月23日、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)のキプロス共和国訪問が始まりました。

 空港では、キプロス正教会のカルパシア主教フリストフォロス座下(His Grace Bishop Christoforos of Karpasia)が出迎えた模様。
 同主教の同行によりキプロス大主教庁に到着し、キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)との会談がおこなわれ、その後に昼食会が催されたようです。

 昼食会に臨席したのは、両首座とフリストフォロス主教のほか、
 キプロス正教会から、
 キティオン府主教ネクタリオス座下(His Eminence Metropolitan Nektarios of Kition)、
 メサオリア主教グリゴリオス座下(His Grace Bishop Grigorios of Mesaoria)、
 アレクサンドリア総主教庁から、
 ニトリア主教ニコデモス座下(キプロスにおける首座代理 : His Grace Bishop Nikodemos of Nitria, the Exarch of the Patriarchate of Alexandria in Cyprus)。

 

 (ギリシャ語:キプロス正教会公式サイト)Άφιξη του Πατριάρχη Αλεξανδρείας στην Κύπρο – Εκκλησία της Κύπρου

Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της… – Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της Εκκλησίας της Κύπρου | Facebook

 

 (英語:ルーマニア正教会通信)Patriarch of Alexandria arrived in Cyprus – Basilica.ro

 

キリスト教/キプロス大主教クリソストモス2世座下が、“北キプロス・ロシア正教会”を批判(2019年8月)在外ロシア正教会と、在外ロシア正教会から分離した(通称)“アガファンゲル・シノド”の区別がついていないのでは……

 キリスト教/東方正教会/キプロス正教会の首座/ノヴァ・ユスティニアナと全キプロスの大主教クリソストモス2世座下(His Beatitude Archbishop Chrysostomos II of Nova Justiniana and all Cyprus)が、“北キプロス・ロシア正教会【Russian Orthodox Church of Northern Cyprus】”を批判し、9月5日の聖シノドで議題とする考えのようです。

 これは要するに、分断されているキプロス島の、トルコ側勢力が支配する北キプロス・トルコ共和国において、ロシア人系の勢力“北キプロス・ロシア正教会”がキプロス正教会の所有する聖堂などを占有しており、ロシア政府(プーチン大統領にエルドアン大統領への仲介など、またラヴロフ外相や外務省への要請など)及びロシア正教会モスクワ総主教庁に対応を要請したもののまったくやる気が感じられないということのようです。

 しかし、キプロス正教会公式サイト(公式サイトへの転載?)の記事に依ると、(ロシア側にやる気があまりないのはそうだろうとは思いますが)、キプロス正教会側がそもそもロシア正教会について認識が適当なのではと思われる箇所があります。
 たとえば、クリソストモス2世座下は、“北キプロス・ロシア正教会”を率いているらしい司祭について、モスクワ総主教庁渉外局、つまりキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))に問い合わせて、その司祭はロシア正教会とはまったく関係がないという回答を得ているのですが、それに関して、その司祭を叙聖したアガファンゲル府主教という人物について述べていないので不十分であるかのように指摘しています。
 これはそうかもしれないのですが、そのアガファンゲル府主教を在外ロシア正教会【ROCOR】の米国東部・ニューヨーク府主教及びタヴリダ・オデッサ大主教としているのには相当驚かされました。御存じの通り(といっていいかどうかわかりませんが)、在外ロシア正教会【ROCOR】の米国東部・ニューヨーク府主教は、同教会首位の米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America & New York)であって、アガファンゲル府主教ではありません。ここで指摘されている“アガファンゲル府主教”は、在外ロシア正教会がロシア正教会の管轄権下に戻ることを不服として離脱し、通称“アガファンゲル・シノド”(自称は同じく在外ロシア正教会)を結成した人物です(タヴリダ・オデッサ大主教としていることから明らか)。キプロス大主教が教会法上合法な在外ロシア正教会の首位の名前すら知らないという衝撃の事実ですが、これでは(渉外局長のほうの)イラリオン座下がやる気のない回答をしたのかまさかそんなことも知らないとは思わなかったのか判断に困ります。というか知らないとは思わないでしょう
 東方正教会のギリシャ人は本当に自分たち以外に興味ないですね……。

 また、さらに驚きなことに、キプロス大主教らはこの府主教に対して名前(姓)を訪ねるメールを送ったそうです。なんでも、モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会にオデッサ・イズマイル府主教アガファンゲル座下がいるので、別人であることを確認するためのようですが……いやあの……なんで素性の知れないほうの人物に尋ねるのですか? 確実に誰だかわかっているウクライナ正教会の人物に尋ねればいいではありませんか。
 返事はないとのことですが、メールを送られた“アガファンゲル府主教”もあきれ返っているのではないでしょうか。

 ともあれ、自覚はまったくないようですが、キプロス正教会はロシア正教会(特に在外ロシア正教会)にムダな喧嘩を売ったようなものです。「容認できない!」とか言われても……。
 しかし、ロシア正教会側もこんなアホウな人違いをされているとは思っていなかったでしょうし、この後の対応はさらにやる気を無くすでしょう。

 

 あと、“北キプロス・ロシア正教会”ですが、おそらくは“アガファンゲル・シノド”の一部ではないかと思います。
関連:
 キリスト教/“在外ロシア正教会アガファンゲル・シノド【ROCOR (A)】”の“ロマン主教”が、北キプロスで礼拝(2019年7月)

 

 (ギリシャ語:キプロス正教会公式サイト)Aρχιεπίσκοπος Κύπρου: Στην Ιερά Σύνοδο το θέμα των Ρώσων – Εκκλησία της Κύπρου

Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της… – Γραφείο Ενημερώσεως και Επικοινωνίας της Εκκλησίας της Κύπρου | Facebook

 

 (英語)Archbishop of Cyprus on Russian Church in Occupied Cyprus: They are scammers, the Holy Synod will consider this issue – Romfea News

Romfea.newsさんはTwitterを使っています: 「#Archbishop #Chrysostomos: The self-styled “Russian Orthodox Church of Northern Cyprus” is unacceptable and does not belong to the official #Russian #Church #romfeanews #churchofcyprus https://t.co/y8WI03AWDT」 / Twitter

Romfea.news – Archbishop Chrysostomos: The self-styled… | Facebook

 

キリスト教/ブルガリア総主教ネオフィット聖下が、キプロス国会議長ディミトリス・シルリス閣下と会見(2019年7月)

 キリスト教/東方正教会/ブルガリア正教会の首座/ブルガリア総主教・ソフィア府主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria, Metropolitan of Sofia)は、ブルガリア共和国を公式訪問中のキプロス共和国国会【一院制議会/代議院】議長ディミトリス・シルリス閣下(Demetris【Dimitris】 Syllouris)と会見しました。

 ネオフィット聖下からブルガリア正教会とキプロス正教会の良好な関係について言及があり、両教会に関連する事項が話し合われたようです。

 ブルガリア正教会側から、
 メルニク主教ゲラシム座下(His Grace Bishop Gerasim of Melnik)、
 ベログラトチク主教ポリカルプ座下(His Grace Bishop Polikarp of Belogradchik)、
 らが同席。

 

БЪЛГАРСКА ПАТРИАРШИЯ / BULGARIAN PATRIARCHATE(ブルガリア総主教庁公式チャンネル):
Патриарх Неофит се срещна с Димитрис Силурис – YouTube

 

 (ブルガリア語:ブルガリア正教会【ブルガリア総主教庁】公式サイト)Българският патриарх Неофит се срещна с председателя на Камарата на представителите на Република Кипър Димитрис Силурис

Българска православна църква – Българска… – Българска православна църква – Българска патриаршия | Facebook

 

Δημήτρης ΣυλλούρηςさんはTwitterを使っています: 「Στο πλαίσιο επίσημης επίσκεψης στη Βουλγαρία επικεφαλής αντιπροσωπείας της Βουλής, συνάντηση με τον Πατριάρχη Βουλγαρίας και Μητροπολίτη Σόφιας κ.κ. Νεοφυτο. https://t.co/zkiMXKcE7V」 / Twitter