キリスト教/“フィラレート総主教”が、OCUの“エピファニー府主教”に公開書簡(2019年8月22日)「ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】は(おまえのものではない)激しい労力と悲しみによって生まれたのだ」「もしおまえが神を信じていなくても良心くらいは持て」

 2019年8月22日付で、“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“フィラレート総主教”(キーウ・全ルーシ=ウクライナ総主教フィラレート聖下 : His Holiness Patriarch Filaret of Kyiv and All Rus’-Ukraine)から、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の首座“エピファニー府主教”への公開書簡が出されています。

 

 (ウクライナ語: UOC-KP 公式サイト)Лист Патріарха Філарета до митрополита Епіфанія – Українська Православна Церква Київський Патріархат

 

 内容ですが、エピファニー府主教が UOC-KP を解体して、その財産を手に入れるべく、ウクライナの国家貯蓄銀行に UOC-KP の口座を閉じるよう書簡を送ったことに触れ、そこから先は今までの見解の繰り返し( UOC-KP は解体していない)という内容になっています。

 そのため最終パラグラフでは、そもそもエピファニー府主教が送った書簡が間違いという前提で、

  • ウクライナの国家貯蓄銀行に送った書簡の撤回と UOC-KP に介入しないよう要請。
  • 教会( UOC-KP )を破壊するな、(おまえのものではない)激しい労力と悲しみによって生まれたのだ。
  • 神を恐れよ!
  • もしおまえが神を信じていなくとも、人並み程度の良心を持ち合わせよ!

 ……と、いよいよこの世界で本当に言論の自由を謳歌する一人であるフィラレート総主教の本領が徐々に復活してきていることがうかがえ、これは誰のためにもなりませんが、この先もぜひ自由な発言を期待したいところです。

 

追記:
 (英語)Philaret brings lawsuit against former sidekick Evstraty Zorya, former protégé Epiphany Dumenko closes his bank accounts / OrthoChristian.Com

 

追記2:
 (英語)Kiev: Rally in support of Filaret and UOC-KP held in Mikhailovskaya Square – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 フィラレート総主教を支持する約200人が、エピファニー府主教の住居となっている修道院の前で示威集会をおこなったようです。
 「バルソロメオス(コンスタンティノープル総主教)は真のトモスをウクライナによこせ、プーチンと共謀するな」ということだそうです。
 対立する双方が相手をロシアの手先・モスクワの手先・プーチンの手先と罵り合うのは見慣れた光景ではあります。

 

キリスト教/“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“アンドリー主教”「『 UOC-KP が(もう)存在しない』というのは、『ドンバスにロシア兵がいない』というのと同じ」(2019年8月)

 前文だけ読んで吹き出したのでリンクだけしておきます。 UOC-KP の“アンドリー主教”(ヴァシルキウカ主教アンドリー座下 : His Grace Bishop Andriy of Vasylkivka)の手による記事のようですが、内容は大したことない、というか何回も出ているような内容です

 なお、 UOC-KP は、 OCU から離脱したとたんに OCU に弾圧を受けはじめ、 OCU に弾圧されていた( OCU 時代に弾圧していた)モスクワ総主教庁系ウクライナ正教会と同じような弾圧批判を始めたことでツッコミを受けていました。

 

 (ウクライナ語: UOC-KP 公式サイト)Єпископ Васильківський Андрій: Томос, – що ми отримали, і якою ціною – Українська Православна Церква Київський Патріархат

 

着座5周年(2019年8月17日):キリスト教/ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下の着座5周年

 2019年8月17日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufry of Kiev and All Ukraine)は、着座5周年を迎えました。
 礼拝や記念の行事などがおこなわれたようです。

 

Українська Православна Церква(ウクライナ正教会公式チャンネル):
Нагородження архієреїв у річницю Інтронізації Блаженнішого Митрополита Онуфрія – YouTube

 

Українська Православна Церква(ウクライナ正教会公式チャンネル):
5-та річниця Інтронізації Блаженнішого Митрополита Онуфрія – YouTube

 

Українська Православна Церква(ウクライナ正教会公式チャンネル):
Проповідь Предстоятеля УПЦ у 5-ту річницю Інтронізації – YouTube

 

 以下の主教らが共同で礼拝をおこないました。

  • フスト・ヴィノグラドフ府主教【フースト・ヴィノフラーディフ府主教】マルク座下(His Eminence Metropolitan Mark of Khust and Vinogradov【Vynohradiv】)
  • ヴィシゴロド・チェルノブイリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan Pavel of Vyshgorod and Chornobyl)
  • ボリスポリ・ブロヴァリー府主教【ボリスピリ・ブロヴァリー府主教】アントニー座下(His Eminence Metropolitan Antoniy of Boryspil and Brovary)
  • アメリカ正教会【OCA】のサンフランシスコ・西部諸州大主教ベンジャミン座下(His Eminence Archbishop Benjamin of San Francisco and the West)

 そのほか、大主教、主教らの昇叙がおこなわれたようです。

 

 (英語:ウクライナ正教会公式サイト)Ukrainian Orthodox Church prayerfully celebrates fifth anniversary of its Primate's enthronement (+video) – Українська Православна Церква

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Вітаємо Блаженнішого Митрополита Онуфрія з п’ятою річницею інтронізації (+відео) – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Напередодні Дня інтронізації Предстоятель очолив всенічне бдіння у Києво-Печерській Лаврі – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Українська Православна Церква молитовно відзначила п’ятиріччя інтронізації свого Предстоятеля – Українська Православна Церква

 

Вітаємо Блаженнішого Митрополита Онуфрія… – Українська Православна Церква | Facebook

 

 ボリスポリ・ブロヴァリー府主教アントニー座下が、オヌフリー座下を称えているという内容の記事:
 (英語)Metropolitan Anthony: To have such a Primate is grace of God for us – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

 (英語)5th anniversary of enthronement of Metropolitan Onuphry celebrated in Kiev (+ VIDEO) / OrthoChristian.Com

 

追記:
 (英語:ウクライナ正教会公式サイト)Congratulatory message from the Primate of the Orthodox Church in America, Metropolitan Tikhon Primate of the UOC Metropolitan Onufriy on the occasion of the fifth anniversary of his enthronement – Українська Православна Церква

 キリスト教/東方正教会/アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington)からの祝福のメッセージ。

 

キリスト教/“ウクライナ独立正教会【UAOC】”が正式に存在を終えた模様(2019年7月)

 (英語)Ukrainian Autocephalous Orthodox Church officially ceases to exist / OrthoChristian.Com
 (英語)Interfax-Religion: Ukrainian Autocephalous Orthodox Church ceases to exist

 

 コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の成立とそこへの合流の結果、“ウクライナ独立正教会【UAOC】”は存在を終了したということになったようです。

 なお、 UOC-KP のほうはまだいろいろともめそうではあります。

 

キリスト教/“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の支持者が、大統領府に清算撤回の誓願をしている模様(2019年8月)

 (英語)Petition on terminating the UOC-KP liquidation emerges on President’s site – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

 ウクライナ文化省がキリスト教/“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”が清算されている(コンスタンティノープル派ウクライナ正教会【OCU】に合流している)と宣言した件ですが、 UOC-KP の支持者がウクライナ大統領府に清算撤回の誓願をしている模様です。

 ↑の記事は、原文から英語訳している文章を含むものなので、正確かどうかはわかりませんが、それによりますと、

  • 統合のための会合は前政権(ポロシェンコ政権)がやったことだから無効
  • コンスタンティノープルから OCU に渡されたトモスは独立(independence)を認めるものではなく、またウクライナ国外の教区を認めないなど、良心の自由を侵害している
  • UOC-KP の清算は内部から申請されたものではなく、清算は信仰の自由を侵害している

 などとしているようです。 OCU はさらに騒動が続きそうで、一体どうなることやら。