東方正教会大分裂:キリスト教/ロシア正教会が、アレクサンドリア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】(正教会の大使館的聖堂)の権能を停止する予定との報道(2019年11月)

 ロシアの Interfax によりますと、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会は、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁の、駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】(正教会の大使館的聖堂)の権能を停止する予定のようです。

 

 (英語)Interfax-Religion: Patriarch Kirill suspends operation of Alexandria Patriarchate’s Moscow mission
 (英語)Representation church of Patriarchate of Alexandria in Moscow temporarily suspended / OrthoChristian.Com

 

 これは、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)が、ロシア正教会というかモスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufry of Kiev and All Ukraine)を裏切り(ユダとまでする抗議活動もあったようですが)コンスタンティノープル系ウクライナ正教会を承認したことによるものです。

 一方ですが、アレクサンドリア総主教庁とのフル・コミュニオン解除も見込まれていた先週のロシア正教会聖シノドでは、キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)がヨルダンでの東方正教会の首座の会合を招集したことにより、アレクサンドリアへの対応は延期されています。
 これは矛盾するようではありますが、現時点でなんらかの処置をする意思を示さないわけにもいかないとも思えます。

 また、キリスト教/東方正教会/ギリシャ正教会首座/アテネ・全ギリシャ大主教イエロニモス2世座下(His Beatitude Hieronymos II, Archbishop of Athens and All Greece and Primate of the Autocephalous Orthodox Church of Greece)は、エルサレム総主教の招集に対し、「そのような権限はコンスタンティノープルの全地総主教にのみある」と発言し、参加を事実上拒否しました。
 さらにこの、アテネ大主教による他の首座とのなんの相談もなしのままのエルサレム総主教庁の権威を否定する発言に対し、東方正教会から離脱した保守的な勢力から「ついに古代五大総主教座(Pentarchy)の権威までもが否定された」と驚きの声までも上がっています。

 加えて、エルサレムとアテネが割れる事態に、キリスト教/東方正教会/アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana and Durres, Primate of Albania)が強い危機感を表明しています。

 エルサレム総主教庁の行動の目的が、ロシアとの政治的対立を避けざるを得ないためか、あるいはこの事態を利用して自らが東方正教会の首位に立とうとするものなのか、まったくわかりませんが(本当にわかりません)、東方正教会の崩壊が現実味を帯びてきた感はあります。

 

キリスト教/東方正教会/エルサレム総主教セオフィロス3世聖下が、ベラルーシ正教会のパーヴェル府主教座下と会見(2019年9月)

 2019年9月4日、キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁からある程度自治的な権限を与えられているベラルーシ正教会【全ベラルーシにおける総主教代理区】の首座/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, the Patriarchal Exarch of All Belarus)と会見しました。

 会談中、セオフィロス総主教は、ウクライナにおいては、ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufry of Kiev and All Ukraine)を支持する立場を重ねて表明したようです。

 

 (ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Состоялась встреча Предстоятеля Иерусалимской Православной Церкви и Патриаршего Экзарха всея Беларуси | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви
 (写真:ロシア語:ベラルーシ正教会公式サイト)Состоялась встреча Предстоятеля Иерусалимской Православной Церкви и Патриаршего Экзарха всея Беларуси | Фоторепортажи | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Состоялась встреча Предстоятеля Иерусалимской Православной Церкви и Патриаршего экзарха всея Беларуси / Новости / Патриархия.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Primate of Orthodox Church of Jerusalem meets with Patriarchal Exarch of All Belarus / News / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Состоялась встреча Предстоятеля Иерусалимской Православной Церкви и Патриаршего экзарха всея Беларуси | Русская Православная Церковь
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Primate of Orthodox Church of Jerusalem meets with Patriarchal Exarch of All Belarus | The Russian Orthodox Church
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Єрусалимський Патріарх Феофіл ІІІ: Визнаю тільки Православну Церкву в Україні, яку очолює Митрополит Онуфрій – Українська Православна Церква
 (英語:ウクライナ正教会公式サイト)Patriarch Theophilos III of Jerusalem: The only Orthodox Church in Ukraine that I recognise is the one headed by His Beatitude Metropolitan Onufriy – Українська Православна Церква

 (英語)“I recognize only one Church in Ukraine, headed by Met. Onuphry,” Pat. of Jerusalem tells Met. of Belarus / OrthoChristian.Com
 (英語)Patriarch Theophilos: I recognize only the Church of Met Onuphry in Ukraine – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Interfax-Religion: Jerusalem Patriarch takes the side of Russian Church in the “Ukrainian question”

 

Його Блаженство відзначив, що одним з… – Українська Православна Церква | Facebook

 

ウクライナ国会開会式で、キリスト教/東方正教会系の教会三派首座らそれぞれを接触させないように他の宗派・教派の人物が配置(2019年8月)

 2019年8月29日、ウクライナ国会で、選挙で新しく当選した議員らによる宣誓などがおこなわれたようです。
 キリスト教/東方正教会系の教会三派首座らそれぞれを接触させないように他の宗派・教派の人物が配置されているのを見て、吹き出してしまいました。

※写真を下記の記事か、フェースブックのほうでご覧ください。

 

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会モスクワ総主教庁系公式サイト)Предстоятель взяв участь в урочистому засіданні Верховної Ради – Українська Православна Церква
 (英語)Primate of UOC takes part in the ceremonial meeting of Verkhovna Rada – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】フェースブック:
Сьогодні народні депутати IX скликання… – Православна Церква України | Facebook

 

 写真向かって右から、

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の、
 ボリスポリ・ブロヴァリー府主教【ボリスピリ・ブロヴァリー府主教】アントニー座下(His Eminence Metropolitan Antoniy of Boryspil and Brovary)、
 首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufry of Kiev and All Ukraine)、

 間に三人挟んで、
 コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の首座“エピファニー府主教”、
 元ウクライナ独立正教会【UAOC】首座で、現在は OCU の“リヴィウ府主教”である“マカリー府主教”、

 間に一人挟んで、

 “ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の“フィラレート総主教”(キーウ・全ルーシ=ウクライナ総主教フィラレート聖下 : His Holiness Patriarch Filaret of Kyiv and All Rus’-Ukraine)、

 となっています。

 ぶっちゃけシスマ前から出てくるお三方(オヌフリー府主教、マカリー府主教、フィラレート総主教)はやっぱり全員来ているわけで、大山鳴動して鼠一匹というか、なんにも変わってないじゃないかと。

 ただ、今回のこの並びで、元 UAOC 首座のマカリー府主教が、 OCU において重要な位置を占めていることは確認できたかと思います。 UOC-KP がフィラレート総主教によって分裂した以上、むしろ UAOC からの基盤のほうが安定している可能性もあります。もちろん、それが OCU の安定につながるのかどうかはよくわかりませんが……。

 

着座5周年(2019年8月17日):キリスト教/ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下の着座5周年

 2019年8月17日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufry of Kiev and All Ukraine)は、着座5周年を迎えました。
 礼拝や記念の行事などがおこなわれたようです。

 

Українська Православна Церква(ウクライナ正教会公式チャンネル):
Нагородження архієреїв у річницю Інтронізації Блаженнішого Митрополита Онуфрія – YouTube

 

Українська Православна Церква(ウクライナ正教会公式チャンネル):
5-та річниця Інтронізації Блаженнішого Митрополита Онуфрія – YouTube

 

Українська Православна Церква(ウクライナ正教会公式チャンネル):
Проповідь Предстоятеля УПЦ у 5-ту річницю Інтронізації – YouTube

 

 以下の主教らが共同で礼拝をおこないました。

  • フスト・ヴィノグラドフ府主教【フースト・ヴィノフラーディフ府主教】マルク座下(His Eminence Metropolitan Mark of Khust and Vinogradov【Vynohradiv】)
  • ヴィシゴロド・チェルノブイリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan Pavel of Vyshgorod and Chornobyl)
  • ボリスポリ・ブロヴァリー府主教【ボリスピリ・ブロヴァリー府主教】アントニー座下(His Eminence Metropolitan Antoniy of Boryspil and Brovary)
  • アメリカ正教会【OCA】のサンフランシスコ・西部諸州大主教ベンジャミン座下(His Eminence Archbishop Benjamin of San Francisco and the West)

 そのほか、大主教、主教らの昇叙がおこなわれたようです。

 

 (英語:ウクライナ正教会公式サイト)Ukrainian Orthodox Church prayerfully celebrates fifth anniversary of its Primate's enthronement (+video) – Українська Православна Церква

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Вітаємо Блаженнішого Митрополита Онуфрія з п’ятою річницею інтронізації (+відео) – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Напередодні Дня інтронізації Предстоятель очолив всенічне бдіння у Києво-Печерській Лаврі – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Українська Православна Церква молитовно відзначила п’ятиріччя інтронізації свого Предстоятеля – Українська Православна Церква

 

Вітаємо Блаженнішого Митрополита Онуфрія… – Українська Православна Церква | Facebook

 

 ボリスポリ・ブロヴァリー府主教アントニー座下が、オヌフリー座下を称えているという内容の記事:
 (英語)Metropolitan Anthony: To have such a Primate is grace of God for us – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

 (英語)5th anniversary of enthronement of Metropolitan Onuphry celebrated in Kiev (+ VIDEO) / OrthoChristian.Com

 

追記:
 (英語:ウクライナ正教会公式サイト)Congratulatory message from the Primate of the Orthodox Church in America, Metropolitan Tikhon Primate of the UOC Metropolitan Onufriy on the occasion of the fifth anniversary of his enthronement – Українська Православна Церква

 キリスト教/東方正教会/アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington)からの祝福のメッセージ。

 

追記2:

 (英語:アメリカ正教会【OCA】公式サイト)OCA represented at enthronement anniversary celebration of Metropolitan Onufry of Kyiv – Orthodox Church in America

 

動画: UOJ による、キリスト教/ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)のルーシ洗礼を祝う行進が大成功に終わったことと、対立する勢力が衰退しているとする映像(2019年8月)

 2019年7月27日におこなわれたキリスト教/ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)主催のルーシ洗礼を祝う行進ですが、主催者発表の 30 万人はともかくとしても、かなりの規模の成功をおさめたのは間違いないようで、反プーチン系(というか反・宗教抑圧)のメディアでもモスクワ総主教庁系のウクライナ正教会が存在感を示したことが触れられていたりします。
  UOJ(Union of Orthodox Journalists)の動画では、ウクライナ正教会の今回の行進の成功を、昨年までのウクライナの政治家/ナショナリストらによるヒステリックな弾圧を乗り越えたものだと位置づけるようなものとなっています。
 とはいえ、ゼレンスキー大統領は、ウクライナ正教会への弾圧や聖堂や修道院などの強制接収を黙認し続けるのは確実と思われるので、まだまだ先はわかりません(使える駒がずいぶんと頼りないものになってますので、どうするのかというのはありますけど)。

 

UOJ I Union of Orthodox Journalists:
Day of Rus Baptism: Great Cross Procession and dissenters without administrative resource – YouTube

 

 ウクライナ正教会の、
 ザポロージエ・メリトポリ府主教ルカ座下(His Eminence Metropolitan Luke of Zaporizhia and Melitopol)、
 ドニエプロペトロフスク・パヴログラード府主教【ドニプロペトロウシク・パウロフラード府主教】イリネイ座下(His Eminence Metropolitan Yryney of Dnipropetrovsk and Pavlograd)、
 キロヴォグラード・ノヴォミルゴロド府主教ヨアサフ座下(His Eminence Metropolitan Ioasaf of Kirovograd and Novomirgorod)、
 が動画中でコメントしています。

 

 コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】内の権力争いに敗れた“フィラレート総主教”がいよいよ追い詰められ、バクチをやった割にはあっさりと選挙に負けたポロシェンコ(前)大統領は訴追を免れるためにアメリカのロビイストに助けを求めているという、昨年の破門撤回の時の両者の喜びようを思い出すと、涙が止まりません(訳:失笑してます)。
 この状況でコンスタンティノープルの全地総主教を称する御方はなにひとつ責任をお取りにならないようで、両者が完全に失墜した後、バルソロメオス総主教への恨み節が出るのかも注目です。