キリスト教/エチオピア正教会のディオニシウス大主教座下が、コプト正教会のロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下を訪問(2018年9月)

 キリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会のディオニシウス大主教座下(Archbishop Dionissious)らが、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会/ロンドン大主教【ロンドン大司教】アンゲロス座下(His Eminence Archbishop Angaelos of London)を訪問しました。
 少し前に、エチオピア正教会は、本国エチオピアのシノドスとアメリカの亡命シノドスの和解が成立しました。今回の訪問はその挨拶まわりという意味合いもあるのかもしれません。
関連:
 キリスト教/亡命中のエチオピア正教会第4代総主教メルコリオス聖下と、本国の第6代総主教マティアス聖下の和解が成立。単一の教会が二人の総主教を戴く模様(2018年7月~8月)

 

Archbishop Angaelos نさんのツイート: "Pleased to welcome #Ethiopoan #Orthodox Archbishop Dionissious and his delegation to @CopticCentreUK today, and blessed to have them pray in @StGeorgeUK Cathedral. Expressed my sincere joy at recent #EOTC reconciliation. Looking forward to our ongoing collaboration in Britain.… https://t.co/iPvOibkNvh"

 名前・称号表記ですが、とりあえず、アンゲロス座下のほうのツイートに従いました。
 現在のエチオピア正教会の教区やシノドスの構成がよくわからないというのもあります。

 

EOTC (Orthodox Tewahedo) Channel:
በለንደን ከተማ በቅዱስ ጊዮርጊስ የቆጵጥስ ቤ/ክ የተደረገ ጉብኝት | Ethiopian Orthodox Archbishop and Coptic Archbishop – YouTube

 こちらのチャンネルは、アメリカを中心としたエチオピア正教会の映像をアップロードしていますが、どのような位置付け(もともとは、亡命側だったのか、本国側だったのか、とか)なのかよくわからないです。
 こちらでは、下記のような書き方をしています。

 His Grace Abune Dionysius, EOTC Pope of Europe Diocese

 まず、「His Grace」。現在の東方正教会では大主教(Archbishop)への敬称は「His Eminence」であることが多いですが、オリエント正教会では「His Grace」を見かけることも多いです。両方の表記を見かけた場合は、Eminenceで記述しています。
 「Abune」はエチオピアなどでは名前の前につける尊称。
 そのあとが名前ですが、アンゲロス座下のツイートとはスペルが違います(「Dionysius」「Dionissious」)。
 「EOTC Pope of Europe Diocese」は、 EOTCが「Ethiopian Orthodox Tewahedo Church」(エチオピア正教合性論教会)の略。 Popeは、もちろん教皇ではなく、エチオピア系メディアやエチオピア正教会情報サイトなどでは割とよくみる Primate(首座)の意味合いで Pope を用いている記述です。したがって同教会の欧州主教区(Europe Diocese)の首座であるということですが、敬称のこともあり、 Bishop なのか Archbishop なのかこれだけではわかりません(が、アンゲロス座下のツイートに Archbishop とあるのでそうなのでしょう)。

 

キリスト教/亡命中のエチオピア正教会第4代総主教メルコリオス聖下と、本国の第6代総主教マティアス聖下の和解が成立。単一の教会が二人の総主教を戴く模様(2018年7月~8月)

 報道によりますと、長期に渡りアメリカ合衆国に亡命していた第4代のキリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の首座/エチオピア総主教・カトリコス“アブネ”・メルコリオス聖下(His Holiness Abune Merkorios, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)側の亡命シノドスと、本国で現在の首座/エチオピア総主教・カトリコスとなっている第6代“アブネ”・マティアス1世聖下(His Holiness Abune Mathias I, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)側のシノドスの和解が成立したとのことです。

 両シノドスは廃止され、単一の教会が存続(というかなんというか正確にはよくわかりませんが)し、二人の総主教を同格として戴く、変則的な体制へ移行する模様で、この同格の総主教が二人というのは、両者がともに生存する間は続くそうです。

 この和解にあたり、新任のエチオピア連邦民主共和国首相アビィ・アハメド・アリ閣下(Abiy Ahmed Ali)の尽力があったとも報道されています。
※現時点では、エチオピア首相府公式サイトには最新情報が掲載されていません。

 

 (英語)The Ethiopian Orthodox Church Formally Declares an End to the 27-Year-Old Schism (Updated) – News | Orthodoxy Cognate PAGE
 (英語)Ethiopian Orthodox Unity Declaration Document in English – News | Orthodoxy Cognate PAGE
 (英語)Patriarch Abune Merkorios Bids Farewell to the Ethiopian Diaspora – News | Orthodoxy Cognate PAGE
 (英語)Departure of Patriarch Abune Merkorios from Dulles International Airport – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 (英語)Ethiopia's torn Orthodox church reunites after 27 years | News24

 

第4代“アブネ”・メルコリオス聖下:
OCP® Tweetsさんのツイート: "Departure of Patriarch Abune Merkorios from Dulles International Airport – https://t.co/ObkZtlIIhe | Orthodox…… "

 

本国側、“アブネ”・マティアス1世聖下らの記者会見/
Fana Television:
ሲኖዶሱ አሜሪካ በሚገኘው ሲኖዶስ ላይ ያሳለፈውን ቃለ ውግዘት አንስቷል – YouTube

 

EOTC (Orthodox Tewahedo) Channel の各動画:

メルコリオス聖下側の亡命シノドスが、本国のシノドスへの批判を撤回:
በስደት ላይ ያሉ አባቶች ለብዙ ዓመታት ተላልፎ የነበረውን ውግዘት አነሱ | EOTC Synod in exile lifts long-stayed condemnation – YouTube

メルコリオス聖下が帰国するとの発表:
ብፁዕ አቡነ መርቆርዮስን በመንበራቸው ላይ ልናያቸው ነው | His Holiness Patriarch Abunä Merkorios come home, Ethiopia – YouTube

メルコリオス聖下側のプレス・リリース:
Press release from the Office of HH Patriarch Abune Merkorios | ከብፁዕ ወቅዱስ አቡነ መርቆርዮስ የተሰጠ ወቅታዊ መግለጫ – YouTube

ワシントンDCの聖堂で和解が祝われている様子:
ተፈፀመ፤ አሐቲ ቤተ ክርስቲያን፣ አሐቲ ሲኖዶስ | EOTC Church fathers’ reconciliation is done! One Church, One Synod! – YouTube

ይህችን ቀን አድርሶ ስላሳየን የአባቶቻችን አምላክ ይመስገን | Thanks be to Our God for letting us this historic day | EOTC – YouTube

エチオピア首相アビィ・アハメド・アリ閣下のスピーチ音声と写真など:
EOTC Synod Reconciliation: PM Abiy Ahmed’s Speech | በቤ/ክ አበው ዕርቀ ሰላም ላይ ጠ/ሚ አብይ አህመድ ያደረጉት ንግግር – YouTube

 

キリスト教/エチオピア総主教“アブネ”・マティアス1世聖下が、ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下と会談(2018年5月)

 ロシア連邦を訪問中の、キリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の首座/エチオピア総主教・カトリコス“アブネ”・マティアス1世聖下(His Holiness Abune Mathias I, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)と会談しました。

 ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))らが同席。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Состоялась встреча Патриарха Кирилла с Главой Эфиопской Церкви – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)His Holiness Patriarch Kirill meets with the head of the Ethiopian Orthodox Tewahedo Church | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Communiqué adopted at the results of the meeting between His Holiness Patriarch Kirill of Moscow and All Russia and His Holiness Patriarch and Catholicos Abune Mathias I of Ethiopia | The Russian Orthodox Church

 (英語)Patriarch Abune Mathias of Ethiopia Received by Patriarch Kirill of Russia – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

キリスト教/エチオピア総主教“アブネ”・マティアス1世聖下のロシア訪問始まる(2018年5月)

 2018年5月15日、キリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の首座/エチオピア総主教・カトリコス“アブネ”・マティアス1世聖下(His Holiness Abune Mathias I, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)のロシア連邦訪問が始まったようです。

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が出迎えた模様。

 

ロシア連邦外務大臣セルゲイ・ヴィクトロヴィチ・ラヴロフ閣下(ラブロフ外相:His Excellency Mr Sergey Viktorovich Lavrov)が会見:
Ministry of Foreign Affairs of Russia(ロシア外務省公式チャンネル):
С.Лавров и Абун Матфий I – YouTube

エチオピア正教会系チャンネル(転載)/
EOTC (Orthodox Tewahedo) Channel:
የኢትዮጵያ ኦርቶዶክስ ተዋሕዶ ቤ/ክ የሩስያ ኦርቶዶክስ ቤ/ክንን የስድስት ቀናት ጉብኝት | Ethiopian and Russian Orthodox Churches – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Head of Ethiopian Orthodox Tewahedo Church arrives in Moscow | The Russian Orthodox Church

 (英語:ロシア連邦外務省公式サイト)Press release on Acting Foreign Minister Sergey Lavrov’s meeting with Head of the Ethiopian Orthodox Tewahedo Church, His Holiness Patriarch-Catolicos Abune Matthias I – News – The Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation

 (英語)Patriarch Abune Mathias of Ethiopia Arrives in Moscow – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

Russia in Ethiopiaさんのツイート: "Foreign Minister (Acting) Sergey #Lavrov meets Ethiopian Orthodox Patriarch Abune Mathias who is on historic visit to #Russia to revive ties between two sisterly churches 🇷🇺 🇪🇹… https://t.co/sPZ13v44kN"

 

Russian Foreign Ministry – МИД… – Russian Foreign Ministry – МИД России | Facebook

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、 Romfea のインタビューに答える(2018年2月)

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、ギリシャの東方正教会メディア「Romfea」のインタビューに答えたようです。

※現在、 Romfea.gr のサイトには該当記事が見当たらないので、少し前の記事か、まだ掲載されていないものだと思われます。

 インタビュー内容は、
 東方正教会全体に関するもの、
 モスクワ総主教庁100周年、
 ブルガリア正教会と、教会法上合法な教会ではない“マケドニア正教会”に関すること、
 アメリカ大統領がエルサレムを首都と認定した問題、など中東の状況
 ウクライナの正教会に関する状況、ウクライナ東方カトリック教会関連、
 などです。

 ロシア正教会の現在の(表向きの)立場を簡潔にまとめた発言と受け止めていいのではないでしょうか。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Metropolitan Hilarion’s interview to Romfea Greek church news agency | The Russian Orthodox Church