シスマ2018~:キリスト教/ベラルーシ独立正教会【BAOC】(ロシア正教会系のベラルーシ正教会とは無関係)の首座が、自分たちも独立正教会と認められるべき存在と述べる(2018年9月)

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

 キリスト教/東方正教会の教会法上合法とみなされていないベラルーシ独立正教会【BAOC】の首座/ナヴァフルダク大主教スヴャタスラウ座下(His Eminence Archbishop Sviataslaŭ of Novogrudok)が、ウクライナのニュースサイトのインタビューに答え、ベラルーシ独立正教会もまた独立正教会と認められるべき存在と述べたようです。

 

 (ウクライナ語)Церква Білорусі має канонічні підстави для оголошення автокефалії – архієпископ Святослав Логін
 (英語)Belarusian schismatics emboldened by Constantinople’s actions in Ukraine, hope for autocephaly too / OrthoChristian.Com

 

 この教会は、教会法上合法やらうんぬん以前に組織の体をなしていないという報道もされていたりします(とはいえその報道もあてになるかどうかわかりませんが)。
 スヴャタスラウ座下はウクライナ独立正教会【UAOC】と関わりを持っていた人物です。
 インタビューは理屈やきれいごとが多くて、実情がつかめないところがありますが、ベラルーシ独立正教会の独立を承認できるのはコンスタンティノープル全地総主教庁か“キエフ府主教庁”と述べており、必ずしも全地総主教庁ではなく、自らがすでに関わりを持っているウクライナ独立正教会から独立正教会として承認されるという選択もありうるということでしょう。これは全地総主教庁も想定しない状況(彼らが独立を認めたウクライナの正教会が、反ロシアのためにポンポンと他の独立正教会を認める)に入ってくる可能性が出てきました。
 エストニアも例示(同じように独立正教会として認められるべき)として出ていますが、全地総主教庁はそのつもりがない上に、大統領がモスクワ総主教直轄の女子修道院を訪問して友好を示そうとしている時期にこんなことを勝手にいわれても、エストニア共和国の政治家もうれしくもなんともないでしょう。数年前の反ロシアバブル時代ならともかく、バルト三国とフィンランドの政治家は、ウクライナの対ロシア政治情勢に巻き込まれることを望んでいません。

 ともあれ、状況はどんどん混沌へと向かうか、あるいはロシアのプーチン大統領をはじめとする政治家たちの手打ちによって押さえつけられるか、どちらかになりそうです。
 しかし、統一は失われる可能性が高いのではないでしょうか。
 ロシア正教会は、全地総主教庁とのフル・コミュニオンが必要ない理由をひねり出すでしょうし、Eastern Orthodox Church は終わり、Eastern Orthodox Churchesの時代になる、そんな気がします。
 もちろん数十年かかる気もしますが。

 

キリスト教/ロシア正教会に属するエストニアの女子修道院を、エストニア大統領ケルスティ・カリユライド閣下が訪問。フィラレータ女子修道院長やエストニア府主教エフゲニー座下と会談(2018年9月)

 2018年9月5日、エストニア共和国大統領ケルスティ・カリユライド閣下(Her Excellency Ms Kersti Kaljulaid)は、同国にあるキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁直轄ピュフティツキー女子修道院を訪問しました。
 フィラレータ女子修道院長(Abbess Filareta【Philareta】)や、モスクワ総主教庁下で自治的な権限を保有するエストニア正教会(モスクワ総主教庁系)の首座/タリン・全エストニア府主教エフゲニー座下(His Eminence Yevgeniy, Metropolitan of Tallinn and All Estonia, Primate of the Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate)と会談したようです。

 フィラレータ女子修道院長は、1968年3月20日生まれの50歳で、もともと生物学関係を学んでいたようですが、修道院に関わって惚れ込んで、修道女になったようです。2011年より女子修道院長。
 エフゲニー座下は、2018年4月19日のコルニリー座下の永眠後に選出・承認されています。

 

 (ロシア語:ロシア正教会公式サイト)Президент Эстонии посетила Пюхтицкий ставропигиальный монастырь / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:エストニア正教会(モスクワ総主教庁系)公式サイト)Президент Керсти Кальюлайд посетила Пюхтицкий Успенский женский монастырь. – Эстонская Православная Церковь Московского Патриархата
 (ロシア語:ピュフティツキー女子修道院公式サイト)Визит Президента Эстонской Республики госпожи Керсти Кальюлайд в Пюхтицкий Успенский ставропигиальный женский монастырь

 

 (ロシア語:フォトギャラリー・動画あり)Президент Керсти Кальюлайд завершила визит в Ида-Вирумаа посещением Пюхтицкого монастыря | Ида-Вирумаа | ERR

 

 (写真一覧)5 сентября 2018 года. Визит президента Эстонии Керсти Кальюлайд в Пюхтицу – Google フォト

 

葬儀(2018年4月22日):キリスト教/エストニア正教会モスクワ総主教庁系首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下の葬儀

 2018年4月22日、4月19日に永眠したキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を保有するエストニア正教会(モスクワ総主教庁系)の首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下(His Eminence Cornelius【Korniliy】【Kornelius】, Metropolitan of Tallinn and All Estonia, Primate of the Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate)の葬儀がおこなわれたようです。

 

 (ロシア語:エストニア正教会モスクワ総主教庁系公式サイト:写真あり)Отпевание новопреставленного Митрополита Таллинского и всея Эстонии Корнилия – Эстонская Православная Церковь Московского Патриархата
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Funeral service for Metropolitan Cornelius of Tallinn and All Estonia takes place in Tallinn | The Russian Orthodox Church

 

 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会より、
 モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))、
 ヴェレヤ大主教エヴゲーニー座下(His Eminence Archbishop Evgeny【Yevgeniy】 of Vereya, chairman of the Education Council of the Russian Orthodox Church)、
 エストニア正教会モスクワ総主教庁系首座代行/ナルヴァ・ペイプシヴェーレ主教ラーザリ【ラザル】座下(His Grace Bishop Lazar of Narva and Peipsiveere, temporarily manages the EOC of the MP)、
 ラトビア正教会イェルガヴァ主教イオアン座下(His Grace Bishop Ioann of Jelgava, vicar of the Riga diocese)、
 エストニア正教会モスクワ総主教庁系マールドゥ主教セルギイ座下(His Grace Bishop Sergiy of Maardu, vicar of the Tallinn diocese)、
 が参列。
 首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)からの弔意が伝えられた模様。

 全地総主教庁系のエストニア使徒正教会より、
 首座タリン・全エストニア府主教ステファヌス【ステファノス】座下(His Eminence Metropolitan Stefanus【Stefanos】 of Tallinn and all Estonia)、
 イリアス主教座下(His Grace Bishop Ilias)、
 が参列。

 エストニア福音ルター派教会より、首座のタリン大監督ウルマス・ヴィールマ座下(The Most Reverend Urmas Viilma, Archbishop of Tallinn, Primate of the Estonian Evangelical Lutheran Church)が参列。

 そのほか、エストニア共和国のタリン市長ターヴィ・アース閣下(Taavi Aas)の参列があったようです。

 

ロシア帝室ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下が、永眠したキリスト教/エストニア正教会モスクワ総主教庁系首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下への弔意を表出(2018年4月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 ロシア帝室ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下(Head of the Russian Imperial House : Her Imperial Highness The Grand Duchess Maria Wladimirovna of Russia)は、2018年4月19日に永眠したキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を保有するエストニア正教会(モスクワ総主教庁系)の首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下(His Eminence Cornelius【Korniliy】【Kornelius】, Metropolitan of Tallinn and All Estonia, Primate of the Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate)への弔意をキリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)充てに表出したようです。

 

故人略歴と総主教への弔意内容/
 (ロシア語:ロシア帝室公式サイト)Российский Императорский Дом – ВЕЧНАЯ ПАМЯТЬ. Почил Предстоятель Эстонской Православной Церкви Митрополит Таллиннский и всея Эстонии Корнилий

 

訃報(2018年4月19日):キリスト教/エストニア正教会モスクワ総主教庁系首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下が永眠(1924~2018)ロシア正教会の最年長の主教だった模様

 2018年4月19日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を保有するエストニア正教会(モスクワ総主教庁系)の首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下(His Eminence Cornelius【Korniliy】【Kornelius】, Metropolitan of Tallinn and All Estonia, Primate of the Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate)が永眠した模様です。
 1924年6月19日生まれの93歳。

 自治的な権限を持つ管轄下の教会を含むロシア正教会の主教の中で最高齢だったようです。

 

 (ロシア語:エストニア正教会モスクワ総主教庁系公式サイト)Преставился Митрополит Таллинский и всея Эстонии Корнилий – Эстонская Православная Церковь Московского Патриархата

 (英語)Head of Estonian Orthodox Church of Moscow Patriarchate reposes in the Lord / OrthoChristian.Com
 (ロシア語)Митрополит Таллиннский и всея Эстонии Корнилий ушел из жизни
 (エストニア語)Suri metropoliit Kornelius

 

Sputnik Эстонияさんのツイート: "Предстоятель православных Эстонии умер на 94-м году жизни https://t.co/eHlYozUUL8"

 

Neljapäeval, 19. aprillil suri Moskva… – Sputnik Eesti: Baltimaade uudised | Facebook

 

追記:
 名前表記について、「コルリー」としていましたがロシア語で「コルリー」が正しそうなので修正しました。
 また、エストニア語での「コルネリウス」を追加しました。

 

関連:
 ロシア帝室ロマノフ家当主/ロシア女大公マリヤ殿下が、永眠したキリスト教/エストニア正教会モスクワ総主教庁系首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下への弔意を表出(2018年4月)

続報:
 葬儀(2018年4月22日):キリスト教/エストニア正教会モスクワ総主教庁系首座/タリン・全エストニア府主教コルニリー【コルネリウス】座下の葬儀