キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア連邦駐箚のアイルランド大使と会見(2021年3月)

 2021年3月16日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、ロシア連邦駐箚アイルランド特命全権大使ブライアン・マケルダフ閣下(His Excellency Mr Brian McElduff)と会見しました。

 会談では、二国間関係、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】のパンデミックに関する話題の他、アイルランドにおける宗教事情や、ロシア正教会の建造物の修理などやロシア正教会に返還されるべきもの(と教会側が考えている)建造物に関してが話題となったようです。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式サイト)DECR chairman meets with Ambassador of Ireland to Russia / News / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式サイト)Председатель ОВЦС встретился с послом Ирландии в России / Новости / Патриархия.ru

キリスト教/セルビア総主教ポルフィリイェ聖下への祝意を表明したコンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】首座“エピファニー府主教”の名前がセルビア正教会公式サイトのリストに無い模様(2021年2月)ウクライナ正教会(モスクワ総主教庁系)首座/キエフ・ウクライナ全土府主教オヌフリー座下の名前は掲載

 新たにセルビア総主教となった(選出着座)キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教ポルフィリイェ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Porfirije, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)ですが、セルビア正教会の公式サイトがポルフィリイェ総主教に対して祝意を表明した人々を列記しています。

 

 (英語:セルビア正教会 総主教庁 公式サイト)The Orthodox and the entire Christian world and people of good will congratulated Patriarch Porfirije on his election | Serbian Orthodox Church [Official web site]

 

 その中には、コンスタンティノープル系ウクライナ正教会【OCU】の首座“エピファニー府主教”の名前はなく、ロシア正教会モスクワ総主教庁の管轄権下で高度な自治的権限を有するウクライナ正教会の首座/キエフ・ウクライナ全土府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan OnufriyOnufry】 of Kiev and All Ukraine)の名前が他の自治的権限を持つ教会の首座らとともに並んでいます。

 当たり前ですね、というところですが……。

 これに関して、ウクライナの正教会系メディア UOJ と、ギリシャの正教会系メディア Orthodox Times (Romfea.grの英語版)が記事を出しています。

 (英語)UOC Primate named among Heads of Churches who congratulated Pat. Porfirije – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)The newly elected Patriarch of Serbia reveals his stance on the Ukrainian issue – Orthodox Times

 後者は、ポルフィリイェ総主教がウクライナ問題に関して“中立的でない”態度を表明したという主旨であり、また反コンスタンティノープルのバチュカ主教イリネイ座下(His Grace Bishop Irinej of Bačka)やロシア正教会の影響を抜け出せなければ総主教はこのままの態度だろうというものです。
 率直な話、ポルフィリイェ総主教の個人的意見がどんなものかはわかりませんが、コンスタンティノープルを支持することはセルビア正教会にマイナスが大きすぎる以上、ポルフィリイェ総主教がわざわざ己の率いる教会をつぶそうとする必要などまったくありません。
 当たり前ですが、セルビア正教会は、 OCU を独立正教会と認めたことはなく、またそもそもエピファニー府主教を神品(聖職者)と認めたことすらありません。
 最近になって、コンスタンティノープルの府主教が、“ウクライナ独立正教会【UAOC】”から合流した“マカリー府主教”に使徒継承性があるのではないかとか言い出しましたが、これはロシア正教会による“フィラレート総主教”と“マカリー府主教”への破門(アナテマ)を2018年にコンスタンティノープルが一方的に撤回したこと件と関係があるのでしょう。一言でいえば、コンスタンティノープルは、自分たちが破門を撤回した人物が主教である資格があるのかどうかすら事前に調べていなかったということです。そして今になって、使徒継承性が無いという結論になっている人物に対して、何も新しい情報を提示せずに「あるのではないか」と言い出しているわけです。
 もっともマカリー府主教についてはどうでもよく、それよりも首座であるエピファニー府主教が聖職者としての条件を満たしていない状況をなんとかしないといけないのではないかという見解は広まっているようで、エピファニー府主教が引きずりおろされる可能性の記事も散見されます。情報戦も含むでしょうが、真面目に言えばとっとと引きずりおろして使徒継承性のある人物を首座にすえるしかないでしょう。

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、新任のボスニア・ヘルツェゴビナ駐箚ロシア大使と会見(2020年12月)

 2020年12月10日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、新任のボスニア・ヘルツェゴビナ駐箚ロシア連邦特命全権大使イーゴリ・アンドレーエヴィチ・カラブホフ閣下(His Excellency Igor Andreevich Kalabukhov)と会見しました。

 会談では、バルカン半島情勢などが話題となったようです。

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁 公式サイト)Председатель ОВЦС встретился с новоназначенным послом России в Боснии и Герцеговине / Новости / Патриархия.ru

 

キリスト教/ロシア正教会の聖シノド会合が、オンライン(Zoom)でおこなわれる(2020年12月)

 2020年12月8日、キリスト教/ロシア正教会の聖シノドの会合が、オンライン(Zoom)でおこなわれました。

 総主教からは、多数の神品(聖職者)が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】で永眠したことなどの話があり、決定事項の中には後継人事も含まれています。
 カザン・タタールスタン府主教には、エカテリンブルク・ヴェルホトゥリエ府主教キリル座下が任命され、代わりに総主教の補佐の一人ブロンニツィ主教エフゲニー座下がエカテリンブルク・ヴェルホトゥリエ主教となるようです(同教区で補佐経験あり)。

 

russianchurch(ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式チャンネル):
Святейший Патриарх Кирилл возглавил заседание Священного Синода Русской Православной Церкви – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Holy Synod of the Russian Orthodox Church holds on-line session / News / Patriarchate.ru

 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Состоялось заседание Священного Синода Русской Православной Церкви / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)ЖУРНАЛЫ заседания Священного Синода от 8 декабря 2020 года / Официальные документы / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Слово Святейшего Патриарха Кирилла на заседании Священного Синода 8 декабря 2020 года / Патриарх / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Главой Татарстанской митрополии назначен митрополит Екатеринбургский Кирилл / Новости / Патриархия.ru

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会 公式サイト)Блаженніший Митрополит Онуфрій взяв участь у роботі Священного Синоду РПЦ – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会 公式サイト)Ієрархи та духовенство УПЦ увійшли до складу комісії Міжсоборної присутності з богослов’я і богословської освіти – Українська Православна Церква

 (ルーマニア語【モルドバ語】:モルドバ正教会 キシナウ・モルドバ全土府主教庁 公式サイト)Mitropolia Chişinăului şi a Întregii Moldove | ÎPS Mitropolit Vladimir a participat la ședința în format on-line a Sfântului Sinod al Bisericii Ortodoxe Ruse
 (英語:モルドバ正教会 キシナウ・モルドバ全土府主教庁 公式サイト)Orthodox Church of Moldova – Metropolis of Chişinău and all Moldova | His Eminence Metropolitan Vladimir participated in on-line Session of the Holy Synod of the Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ベラルーシ正教会 公式サイト)Митрополит Вениамин принял участие в очередном заседании Священного Синода | Митрополит | Белорусская Православная Церковь | Новости | Официальный портал Белорусской Православной Церкви

 

 聖シノドのメンバー:

 議長:
 キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教キリイル総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)

 常任メンバー:

  • ウクライナ正教会の首座/キエフ・ウクライナ全土府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)
  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モルドバ正教会の首座/キシナウ・モルドバ全土府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)
  • アスタナ・カザフスタン府主教アレクサンドル座下(His Eminence Metropolitan Alexander of Astana and Kazakhstan)
  • タシケント・ウズベキスタン府主教ヴィケンティー座下(His Eminence Metropolitan Vikentiy of Tashkent and Uzbekistan)
  • サンクトペテルブルク・ラドガ府主教ヴァルソノフィー座下(His Eminence Metropolitan Varsonofy of St. Petersburg and Ladoga)
  • ベラルーシ全土における総主教代理(ベラルーシ正教会首座)のミンスク・ザスラーヴリ府主教ヴェニャミン座下(His Eminence Metropolitan BenjaminVeniamin】of Minsk and Zaslavl, the Patriarchal Exarch of All Belarus)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))
  • ヴォスクレセンスク府主教ディオニシー座下(His Eminence Metropolitan Dionisiy of Voskresensk)

 その他、冬季(9月~2021年2月)メンバーが五名います。

 

キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、アメリカ正教会【OCA】のポドヴォリエ(東方正教会の大使館的権能を持つ)でもある聖堂で礼拝をおこなう(2020年12月)

 2020年12月7日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、キリスト教/東方正教会/アメリカ正教会【OCA】のポドヴォリエでもある聖エカテリナ聖堂にて、聖大致命女エカテリナの祭日の礼拝をおこないました。
 キリスト教/東方正教会/セルビア正教会よりモラヴィツァ主教アントニイェ座下(His Grace vicar Bishop AnthonyAntonije】 of Moravica)ほか、チェコ・スロバキア正教会、ジョージア正教会【グルジア正教会】などから神品(聖職者)が参列したようです。
 また、アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington)よりメッセージが届いたようです。

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)On commemoration day of St. Catherine, Metropolitan Hilarion of Volokolamsk officiated at the Church of St. Catherine the Great Martyr In-the-Fields  the representation of the Orthodox Church in America / News / Patriarchate.ru

 

 (ロシア語:聖エカテリナ聖堂 公式サイト)07.12.2020 г. СВЯТАЯ ВЕЛИКОМУЧЕНИЦА ЕКАТЕРИНА. ПРЕСТОЛЬНЫЙ ПРАЗДНИК | Храм Святой Великомученицы Екатерины на Всполье

 

Храм святой великомученицы Екатерины на Всполье – 07.12.2020 | Facebook

 

Поздравление Блаженнейшего Митрополита… – Храм святой великомученицы Екатерины на Всполье | Facebook