キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、10月5日に叙任される新たな枢機卿13名を発表(2019年9月)

 2019年9月1日、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、10月5日に新たに枢機卿に叙任される13名を発表しました。

 80歳未満のローマ教皇選挙権を持つ枢機卿が10名(うち一人は司祭)、80歳以上の選挙権を持たない枢機卿が3名。
 

 

Vatican News – Italiano:
Papa Francesco: 5 ottobre un nuovo Concistoro – YouTube

 

 (英語)Pope announces 13 new Cardinals for the missionary Church – Vatican News

 

1. Bishop Miguel Angel Ayuso Guixot, mccj – President of the Pontifical Council for Interreligious Dialogue.

スペイン王国/
ローマ教皇庁諸宗教対話評議会議長ミゲル・アンヘル・アジュソ・ギソト司教座下(ルペルシアナ名義司教 : Bishop Miguel Ángel Ayuso Guixot, M.C.C.I., President of the Pontifical Council for Interreligious Dialogue, Titular Bishop of Luperciana)

 

2. Archbishop José Tolentino Medonça – Archivist and Librarian of the Holy Roman Church

ポルトガル共和国/
ジョゼ・トレンティーノ・カラサ・ド・メンドンサ大司教座下(Archbishop José Tolentino Calaça de Mendonça, Titular Archbishop of Suava)

 

3. Archbishop Ignatius Suharyo Hardjoatmodjo – Archbishop of Jakarta

インドネシア共和国/
ジャカルタ大司教イグナシウス・スハルヨ・ハルヨーモジョ座下(Archbishop Ignatius Suharyo Hardjoatmodjo, Archbishop of Jakarta)

 

4. Archbishop Juan de la Caridad García Rodríguez – Archbishop de San Cristóbal of Havana

キューバ共和国/
サン・クリストバル・デ・ラ・ハバナ大司教ファン・デ・ラ・カリダード・ガルシア・ロドリゲス座下(Archbishop Juan de la Caridad García Rodríguez, Archbishop of San Cristobal de la Habana)

 

5. Archbishop Fridolin Ambongo Besungu, o.f.m. cap – Archbishop of Kinshasa

コンゴ民主共和国/
キンシャサ大司教フリドリン・アンボンゴ・ベスング座下(Archbishop Fridolin Ambongo Besungu, O.F.M. Cap., Archbishop of Kinshasa)

 

6. Archbishop Jean-Claude Höllerich, sj – Archbishop of Luxembourg

ルクセンブルク大公国/
ルクセンブルク大司教ジャン=クロード・オロリッシュ座下(Archbishop Jean-Claude Höllerich, S.J., Archbishop of Luxembourg)

 

7. Bishop Alvaro L. Ramazzini Imeri – Bishop di Huehuetenamgo

グアテマラ共和国/
ウェウェテナンゴ司教アルバロ・レオネル・ラマツィーニ・イメリ座下(Bishop Alvaro Leonel Ramazzini Imeri, Bishop of Huehuetenango)

 

8. Archbishop Matteo Zuppi – Archbishop of Bologna.

イタリア共和国/
ボローニャ大司教マッテオ・マリア・ツッピ【ズッピ】座下(Archbishop Matteo Maria Zuppi, Archbishop of Bologna)

 

9. Archbishop Cristóbal López Romero, sdb – Archbishop of Rabat

モロッコ王国/
ラバト大司教クリストバル・ロペス・ロメロ座下(タンジェ使徒座管理 : Archbishop Cristóbal López Romero, S.D.B., Archbishop of Rabat, Apostolic Administrator of Tanger)

 

10. Father Michael Czerny, sj – Undersecretary of the Migrants and Refugees Section of the Dicastery for Promoting Integral Development

チェコスロバキア生まれのカナダ人/
ローマ教皇庁人間開発のための部署・移住者部門次官補マイケル・チェルニー司祭(The Reverend Father Michael Czerny, S.J., Under Secretary of the Dicastery for Promoting Integral Human Development)

 

以下は80歳以上。

1. Archbishop Michael Louis Fitzgerald – Archbishop Emeritus of Nepte

英国/
名誉ローマ教皇大使(エジプト駐箚)マイケル・ルイス・フィッツジェラルド大司教座下(ネプテ名義大司教 : Archbishop Michael Louis Fitzgerald, M. Afr., Apostolic Nuncio Emeritus to Egypt, Titular Archbishop of Nepte)

 

2. Archbishop Sigitas Tamkevicius, sj – Archbishop Emeritus of Kaunas

リトアニア共和国/
カウナス名誉大司教シギタス・タンケヴィチウス大司教座下(Archbishop Sigitas Tamkevičius, S.J., Archbishop Emeritus of Kaunas)

 

3. Bishop Eugenio Dal Corso, psdp – Bishop Emeritus of Benguela

アンゴラ共和国/
ベンゲラ名誉司教エウジェニオ・ダル・コルソ司教座下(Bishop Eugenio Dal Corso, P.S.D.P., Bishop Emeritus of Benguela)

 

追記:

 「教皇、エレベーターに25分閉じ込められた後に、13人の新枢機卿を発表」

 (英語)Pope announces 13 new cardinals, after being stuck in elevator 25 minutes | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope announces 13 new cardinals, after being stuck in elevator 25 minutes – YouTube

 

追記2:

 (英語)These are the 13 new members of the College of Cardinals | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
These are the 13 new members of the College of Cardinals – YouTube

 

追記3:

 教皇、13人の新枢機卿の任命発表 – バチカン・ニュース

[80歳未満の有権枢機卿]
・ミゲル・アンヘル・アユソ・ギクソット(教皇庁諸宗教対話評議会議長、1952年、スペイン)

・ジョゼ・トレンティーノ・デメンドンサ(バチカン図書館・機密文書館館長、1965年、ポルトガル)

・イグナチウス・スハルヨ・ハルジョアトモジョ(ジャカルタ大司教、1950年、インドネシア)

・ホァン・デ・ラ・カリダ・ガルシア・ロドリゲス(サン・クリストバル・デ・ラ・ハバナ大司教、1948年、キューバ)

・フリドリン・アンボンゴ・ベスング(キンサシャ大司教、1960年、コンゴ民主共和国(旧ザイール))

・ジャン・クロード・オロリッシュ(ルクセンブルク大司教、1958年、ルクセンブルク)

・アルバロ・レオネル・ラマッツィーニ・イメリ(ウエウエテナンゴ司教、1947年、グアテマラ)

・マテオ・ズッピ(ボローニャ大司教、1955年、イタリア)

・クリストバル・ロペス・ロメロ(ラバト(モロッコ)大司教、1952年、スペイン)

・マイケル・チェルニー(教皇庁人間開発のための部署・移住者部門次官補、1946年、チェコスロバキア)

[80歳以上の枢機卿]
・マイケル・ルイス・フィッツジェラルド(ネプテ名誉名義大司教、1937年、英国)

・シジタス・タンケビチウス(ビリニュス名誉大司教、1938年、リトアニア)

・エウジェニオ・ダル・コルソ(ベンゲラ(アンゴラ)名誉司教、1939年、イタリア)

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下の北朝鮮訪問が計画されているとのこと(2019年3月)

 ロシア連邦の Interfax (ロシア語版)によりますと、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)の朝鮮民主主義人民共和国【北朝鮮】訪問が計画されているようです。
 総主教の広報が明らかにしたとのこと。

 3月3日(日曜日)に、タイ王国のバンコクにて、東南アジアにおける総主教代理/シンガポール・東南アジア府主教セルギイ座下(His Eminence Metropolitan Sergiy of Singapore and South-East Asia, Patriarchal Exarch in South-East Asia)が、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長金正恩閣下(キム・ジョンウン : His Excellency Mr Kim Jong Un)の招待によりキリル総主教が訪問するだろうと述べたことに関してのようです。

 

 (ロシア語)Интерфакс-Религия: Патриарх Кирилл посетит КНДР
 (英語)Interfax-Religion: Patriarch Kirill to visit North Korea

 

 ロシア正教会が設置した東南アジアにおける総主教代理区には、朝鮮教区が設置され、北朝鮮と韓国はともにこの教区に含まれます。

 今回の訪問はまだ詳細が決定していないようですが、金正恩閣下とアメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプ閣下(The Honorable Donald J. Trump)のベトナム・ハノイでの会談が実に成果の無い状態で終わった後だけに、北朝鮮側がロシアとの連携を見せる狙いがあるのかもしれませんが……元からの予定であってなにも関係ないかもしれません

 

 コンスタンティノープルとモスクワの間が事実上決裂した昨年末に、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)が大韓民国を訪問し、大韓民国大統領文在寅閣下(ムン・ジェイン : His Excellency Mr Moon Jae-in)と会談しましたが、その際大統領はバルソロメオス総主教に対し非核化への協力を要請していました。
 一方、コンスタンティノープルの管轄権下に属する韓国正教会【正教朝鮮府主教庁】は、北朝鮮の平壌にロシアが建てた聖堂を自らの小教区と記したカレンダーを配布し、朝鮮民主主義人民共和国駐箚のロシア連邦特命全権大使が激怒のコメントを出すということがありました。非核化への協力(笑)
 大統領の発言が少々間抜けであっても国会議長のひどさに比べればたいしたことはないわけですが、それにして北朝鮮と融和したいのにロシアに唾を吐くというのは、正直なにがしたいのかよくわからなかったわけですが……トランプ・金正恩が成果なく終わり(ハノイ・ショックとか)動揺しているらしいので、単純になにひとつ現実を見ていないのではないかという気もします。

 また、ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、「無神論の国家である北朝鮮に我々の聖堂と小教区があるのに対し、韓国にはないというのはおかしいこと」と韓国への小教区設置に前向き、というかコンスタンティノープルとの対立の結果必然的な結論を述べていました。これがどうなったのかわかりません……まだ設置されていないと思うのですが……。
 現在の韓国の大統領らの動静を見ると、キリル総主教が金正恩国務委員長同志と会談した後だと、速やかにロシア正教会の小教区設置に協力するのではないかと思われます。
 しかし、それは、コンスタンティノープル(とその管轄権下に属する韓国正教会【正教朝鮮府主教庁】)の不満(なのかもっと大きな怒りなのかわかりませんが)を買うことにもなるでしょう。とはいえ、彼らの不満程度を気にするくらいなら、他に気にすることはもっとあるだろうということはさすがに大統領にもわかると思うので、つつがなく進行していくのではないでしょうか。

 

 そういうわけで、今回の訪問計画については、金正恩と仲の良いところを見せて韓国での聖堂や小教区設置を有利に運ぶのが目的ではないか、と思っています(繰り返しますが、もう設置しているかもしれません)。

 

キリスト教/ロシア正教会/東南アジアにおける総主教代理区の4教区設置が決定(2019年2月)

 2019年2月26日、キリスト教/ロシア正教会の聖シノドは、東南アジアにおける総主教代理区に4教区を設置することを決定した模様。
 東南アジアにおける総主教代理/シンガポール・東南アジア府主教セルギイ座下(His Eminence Metropolitan Sergiy of Singapore and South-East Asia, Patriarchal Exarch in South-East Asia)がうち1教区である「シンガポール・東南アジア教区(シンガポール・インドネシア・マレーシア)」を管理するのに加え、残る「朝鮮教区(北朝鮮及び大韓民国)【朝鮮主教】」「タイ王国教区(タイ王国・カンボジア王国・ラオス)【バンコク・プノンペン主教】」「フィリピン・ベトナム教区(フィリピン・ベトナム)【マニラ・ハノイ主教】」も当面のところその管理下に置かれるようです。

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Образованы епархии в составе Патриаршего экзархата в Юго-Восточной Азии / Новости / Патриархия.ru

 (英語)Interfax-Religion: Russian Orthodox Church to set up 4 dioceses in SE. Asia
 (ロシア語)Интерфакс-Религия: Синод РПЦ создал четыре епархии в Юго-Восточной Азии

 

 あわただしく設置された「東南アジアにおける総主教代理区」ですが、その中は4教区で構成されることになりました。
 区割りなどは、また主教が選ばれるなどなんらかのタイミングで変わる可能性もあるでしょう。

 また、タイ王国にあった総主教庁下の小教区は、タイ王国教区の設置に伴い、解消となるようです。

 

キリスト教/ロシア正教会/東南アジアにおける総主教代理/シンガポール・東南アジア府主教セルギイ座下が叙任後初の礼拝をおこなう(2019年2月)

 2019年2月10日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会/東南アジアにおける総主教代理/シンガポール・東南アジア府主教セルギイ座下(His Eminence Metropolitan Sergiy of Singapore and South-East Asia, Patriarchal Exarch in South-East Asia)が叙任後初の礼拝をシンガポールにておこなったようです。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Head of the Patriarchal Exarchate in South-East Asia celebrates Divine Liturgy at Dormition church in Singapore | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Head of the Patriarchal Exarchate in South-East Asia celebrates Divine Liturgy at Dormition church in Singapore / News / Patriarchate.ru
 (英語)Interfax-Religion: Russian Orthodox Church’s Asian exarch assumes office created in response to Constantinople’s actions

 

 東南アジアにおける総主教代理区は、シンガポール、ベトナム、インドネシア、カンボジア、北朝鮮【朝鮮民主主義人民共和国】、韓国【大韓民国】、ラオス、マレーシア、フィリピン、タイ王国を管轄。
 セルギイ座下はモスクワ総主教庁事務局長ですが、一時的にこの職務は停止ということになっているようです。

 また、ロシア正教会はコンスタンティノープルとのシスマ(教会分裂)を受け、昨年末に「西欧における総主教代理区(Patriarchal Exarchate in Western Europe)」を設置しており、ボゴロツク主教イオアン座下がコールスニ・西欧府主教(Metropolitan of Korsun and Western Europe)として西欧における総主教代理(Patriarchal Exarch in Western Europe)となっています(1990年に廃止されていましたが再設置。廃止当時の総主教代理は、後にモスクワ総主教庁下でウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教となる故ボロジミル座下です。一連の事態がすべてつながっていることを感じさせます)。

 どちらもあわただしい叙任で、特に後者は主教から大主教を経ずに府主教に昇叙がなされたとのことで、教会分裂を受けて動きが活発化していることをうかがわせます(さらに少し前に別の地位で赴任予定だったアメリカ合衆国で入国を拒否されるという事態があったとか……)。

 なお、どちらも気が付いたら正教会表記(「西欧正教会」「東南アジア正教会」)がされているかもしれません(ベラルーシの例に倣って)。

 

 「西欧における総主教代理区」については、コンスタンティノープル管轄権下に属し昨年後半に総主教代理区(西欧ロシア伝統正教小教区総主教代理区)としての地位を一方的に剥奪された「西欧ロシア正教会大主教区」との区別がややこしいところもあります。
 どちらも現在の首座は(ロシア語では) Иоанн ですし。

 また、その総主教代理区としての地位を剥奪された西欧ロシア正教会大主教区は今月に臨時総会を開き、今後の活動方針を決定する模様です。
関連:
 キリスト教/コンスタンティノープル管轄下で一方的に総主教代理区としては廃止された西欧ロシア正教会大主教区の臨時総会が開催、集団としての解体を認めないと決定(2019年2月)