キリスト教/ジョージア総主教【グルジア総主教】イリア2世聖下が、ベラルーシ大統領アレクサンドル・ルカシェンコ閣下と会見(2018年3月)

 2018年3月23日、キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の首座/全ジョージアのカトリコス=総主教イリア2世聖下(His Holiness Catholicos-Patriarch Ilia II of All Georgia)は、同国を訪問したベラルーシ共和国大統領アレクサンドル・グリゴーリエヴィチ・ルカシェンコ閣下(His Excellency Mr Alexander Grigoryevich Lukashenko)と会見しました。
 ルカシェンコ閣下は、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁下で自治的な権限を持つベラルーシ正教会【全ベラルーシ総主教代理区】首座/ミンスク・ザスラーヴリ府主教パーヴェル座下(His Eminence Metropolitan PaulPavel】of Minsk and Zaslavl, The Patriarchal Exarch of All Belarus)および先代の首座/府主教フィラレート座下(His Eminence Metropolitan FilaretPhilaret】, The Patriarchal Exarch Emeritus of All Belarus)からの挨拶を伝えたようです。

 

საქართველოს საპატრიარქო [Patriarchate Of Georgia](ジョージア総主教庁公式チャンネル):
სრულიად საქართველოს კათოლიკოს-პატრიარქის შეხვედრა ბელორუსის პრეზიდენტთან (23.03.2018) – YouTube

 

 (英語:ベラルーシ大統領府公式サイト)Meeting with Catholicos-Patriarch of All Georgia Ilia II | Events | The Official Internet Portal of the President of the Republic of Belarus

キリスト教/ジョージア総主教【グルジア総主教】イリア2世聖下がアメリカ大使と会見(2018年3月)

 2018年3月14日、キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の首座/全ジョージアのカトリコス=総主教イリア2世聖下(His Holiness Catholicos-Patriarch Ilia II of All Georgia)は、ジョージア【グルジア】駐箚アメリカ合衆国特命全権大使イアン・C・ケリー閣下(Ian C. Kelly)と会見しました。

 記事からはケリー閣下が離任するということのようですが、大使人事に関してアメリカ関連の情報を見かけていないので、詳細はわかりません。

 

 (ジョージア語【グルジア語】:ジョージア正教会公式サイト)ამერიკის ელჩის გამოსამშვიდობებელი შეხვედრა კათოლიკოს-პატრიარქთან (14.03.2018)
 (ルーマニア語:ルーマニア正教会通信)Ambasadorul SUA în vizită la Patriarhul Ilia al Georgiei: „Îmi exprim respectul față de Biserica Georgiană” – Basilica.ro

 

Basilica.roさんのツイート: "„Mulți sunt surprinși de faptul că Biserica are mare autoritate în Georgia. Acest lucru este astfel deoarece ea… https://t.co/Tei419qrYv"

 

„Mulți sunt surprinși de faptul că… – Agenția de știri Basilica | Facebook

キリスト教/ジョージア総主教【グルジア総主教】イリア2世聖下が、シオ府主教座下を首座代行(総主教代行)に任命、理由は不明。シオ府主教座下は大統領と近い人物との報道も(2017年11月)

 キリスト教/東方正教会/ジョージア正教会【グルジア正教会】の首座/全ジョージアのカトリコス=総主教イリア2世聖下(His Holiness Catholicos-Patriarch Ilia II of All Georgia)は、セナキ・チホロツク府主教シオ座下(His Eminence Metropolitan Shio of Senaki and Chkhorotsqu)を首座代行(Locum Tenens)に指名したようです。

 理由は不明ですが、生前での首座代行指名は異例(通常は総主教永眠から次の総主教選出まで務める)であり、事実上の総主教後継者としての認定との見方もあります。

 報道では、シオ府主教座下は、ジョージア大統領ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ閣下(His Excellency Mr Giorgi Margvelashvili)に近い人物(子供時代の友人?)のようです。