キリスト教/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教選出にトルコ当局が条件。「トルコ出身かつトルコで活動している聖職者(?)でないとダメ」(2019年9月)

※2019年10月26日16時過ぎに全体に修正を加えています。

 

 予想されていたことではありますが、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会の新たなコンスタンティノープル総主教に選出に、トルコ共和国当局(内務省)が条件を付け加えてきました。
 1863年の規定によると、トルコ生まれのアルメニア人聖職者であればどこの国で活動していても候補者となれたものが、今回の決定で、トルコ以外で活動していると立候補できない(つまりアルメニア使徒教会コンスタンティノープル総主教庁内の所属であることが必要)とされた、ということになります。

 高位聖職者でこの条件を満たすのは二名(三名?)のみということです。
 二名となると、アルメニア使徒教会コンスタンティノープル総主教代行のサハク・マシャリャン主教座下(Bishop Sahak Mashalian)と前総主教代理(または代行)のアラム・アテシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Aram Ateşyan)ですが、三名となるとあと一人いる、ということになります。

 またモメそうではありますが、必ずしもトルコ共和国当局の意見が通るわけでもないので、情勢を見守っていきます。

※なお(これからずっと追記すると思いますが)公式サイトや報道などで「トルコ総主教(庁)」として言及されていることが多くなってきていますが(イスタンブール総主教(庁)も)、とりあえず伝統を考慮して「コンスタンティノープル総主教(庁)」という表記を文中ではメインにしていきます。

 

 (トルコ語:アルメニア・トルコ総主教庁公式サイト)DUYURU | Türkiye Ermenileri Patrikliği |

 

 (英語)Turkey meddles in Armenian Patriarch election, changes conditions – PanARMENIAN.Net
 (英語)New Obligations for Patriarch Candidates 'Attempt to Usurp Right to be Elected' – Pınar Tarcan – english
 (英語)Turkey interior ministry sends regulations for election of new Armenian Patriarch of Constantinople

 

キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下が、アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行に選出されたサハク・マシャリャン主教座下と会見(2019年8月)

 2019年8月2日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)は、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行(首座代行 : Locum Tenens)に選出されたサハク・マシャリャン主教座下(Bishop Sahak Mashalian)と会見しました。

 

 (英語)The Locum Tenens of the Armenian Patriarchate in Constantinople – Romfea News

Romfea.newsさんはTwitterを使っています: 「Bishop #Sahak, accompanied by clergy of the #Armenian #Patriarchate, was received by the @EcuPatriarch #Bartholomew #romfeanews https://t.co/Pjo2jrzYfY」 / Twitter

Romfea.news – Bishop Sahak, accompanied by clergy of the… | Facebook

 

空位となっているキリスト教/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行に、サハク・マシャリャン主教座下が選出されていた模様(2019年7月)

 2019年7月4日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教代行に、サハク・マシャリャン主教座下(Bishop Sahak Mashalian)が選出されていた模様です。
 同座は、アルメニア使徒教会の第84代コンスタンティノープル総主教メスロブ2世ムタヒャン大主教座下(His Beatitude Archbishop Mesrob II Mutafyan, Armenian Patriarch of Constantinople : メスロプ2世ムタフィアン総主教)の永眠に伴い空位となっています。

 選挙では、マシャリャン座下が13票、そしてエルドアン大統領らに近いといわれ首座代理/代行を務めていたアラム・アテシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Aram Ateşyan)が11票で、マシャリャン座下が総主教代行と決定しました。一方、翌日(7月5日)の選挙で、マシャリャン座下が務めていた総主教庁宗教会議の議長にアテシャン座下が代わりに選出されるという、ただの交代のような現実もあるようです。

 また、正式な総主教選出が年内におこなわれるかもわからないようです。
 新たな総主教の選出には、アルメニア本国の聖エチミアジン母座およびトルコ共和国当局の承認が必要となります。

※それと、ここの総主教座の名称が「コンスタンティノープル総主教」「イスタンブール総主教」「トルコ総主教」と表記が割れるようになってきているので、いったい正式名称はどうなっているのかが気になるところです。

 

 (英語)Archbishop Sahak Mashalian Elected Locum Tenens of the Armenian Patriarchate of Istanbul • MassisPost
 (英語)Bishop Sahak Mashalian Elected Locum Tenens of Istanbul Patriarchate | Asbarez.com
 (英語)Bishop Sahak Mashalian Elected Locum Tenens of Constantinople Patriarchate
 (英語)Bishop Sahak Mashalian elected Istanbul’s Armenian patriarchal locum tenens | ARMENPRESS Armenian News Agency

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、アルメニア使徒教会カトリコスのガレギン2世聖下と会見(2019年4月)

 2019年4月2日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は総主教邸ダニロフ修道院にて、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会/全アルメニア人のカトリコス・最高総主教ガレギン2世聖下(His Holiness Karekin IIGaregin II】, Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians)と会見しました。
 ロシア正教会側より、モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が同席。
 アルメニア使徒教会からは、ロシア・新ナヒチェヴァン教区長イェズラス・ネルシシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Yezras Nersisyan, Primate of the Armenian Diocese of Russia and New Nakhichevan)が同行したようです。

 会談では、両教会間関係に関する話題のほか、ロシア側から、ウクライナにおいてモスクワ総主教庁系のウクライナ正教会が(コンスタンティノープルのせいで)弾圧を受けていることや、「人権」や「信仰の自由」を掲げる西側諸国がそれをスルーしていることに対する驚きや(このあたりは単なるグチといえばグチですが)、3月8日に永眠したアルメニア使徒教会の第84代コンスタンティノープル総主教メスロブ2世ムタヒャン大主教座下(His Beatitude Archbishop Mesrob II Mutafyan, Armenian Patriarch of Constantinople : メスロプ2世ムタフィアン総主教)への弔意が表明されました。
 アルメニア側からは、ナゴルノ=カラバフ問題及び現在派生して発生している件について、ロシアの助力を要請する内容があったようです。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Состоялась встреча Святейшего Патриарха Кирилла с Патриархом и Католикосом всех армян Гарегином II – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)The Primate of the Russian Orthodox Church meets with the Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians / News / Patriarchate.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)The Primate of the Russian Orthodox Church meets with the Supreme Patriarch and Catholicos of All Armenians | The Russian Orthodox Church

 (英語:アルメニア使徒教会エチミアジン母座公式サイト)The Armenian Church – Mother See of Holy Etchmiadzin | Meeting of the Catholicos of All Armenians and the Patriarch of Moscow and All Russia in Moscow

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Состоялась встреча Предстоятеля Русской Православной Церкви с Верховным Патриархом и Католикосом всех армян / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Состоялась встреча Предстоятеля Русской Православной Церкви с Верховным Патриархом и Католикосом всех армян | Русская Православная Церковь

 (アルメニア語:アルメニア使徒教会 聖エチミアジン母座 公式サイト)The Armenian Church – Մայր Աթոռ Սուրբ Էջմիածին | Մոսկվայում տեղի ունեցավ Ամենայն Հայոց Կաթողիկոսի և Մոսկվայի և Համայն Ռուսիո Պատրիարքի հանդիպումը

 (英語)Patriarch of Moscow: Unity of Orthodoxy is disempowered – Romfea News

 (英語)Interfax-Religion: Karabakh settlement process cannot be one-way road – Catholicos of All Armenians
 (ロシア語)Интерфакс-Религия: Глава Армянской церкви заявил о важности шагов навстречу в решении проблемы Карабаха

 

Մոսկվայում տեղի ունեցավ Ամենայն Հայոց… – Մայր Աթոռ Սուրբ Էջմիածին/ Mother See of Holy Etchmiadzin | Facebook

 

Romfea.newsさんのツイート: "#Patriarch_Kirill voices his concern on the church #crisis in #Ukraine at the expense of the Ukrainian Church of Moscow Patriarchate #romfeanews https://t.co/qPFWGYv1Nh"

 

Romfea.news – Patriarch Kirill voices his concern on the… | Facebook

 

訃報(2019年3月8日):アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教メスロブ2世ムタヒャン座下が永眠(1956~2019)長期に渡る闘病もトルコ当局は「総主教は終身」と退任認めず。永眠に伴いエルドアン大統領閣下は総主教代行に弔意を伝えた模様

 2019年3月8日、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会の第84代コンスタンティノープル総主教メスロブ2世ムタヒャン大主教座下(His Beatitude Archbishop Mesrob II Mutafyan, Armenian Patriarch of Constantinople : メスロプ2世ムタフィアン総主教)が永眠した模様です。長期に渡る闘病中でしたが、3月8日に心臓発作で亡くなったということです。
 1956年6月16日生まれの62歳。1998年よりアルメニア使徒教会の第84代コンスタンティノープル総主教。

※なお、アルメニア使徒教会のコンスタンティノープル総主教は、現在では「イスタンブール総主教(Patriarch of Istanbul)」と表記されることもあります。また、同教会の二人の総主教(もう一人はエルサレム)は、個人の称号としては大主教(Archbishop)を所持し続けます。

 長期に渡る闘病(一般的にアルツハイマーと言われていますが、否定する情報も多く出ました)のため、2008年からアラム・アテシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Aram Ateşyan)が総主教代行(あるいは代理または総代理)の職にあります。
 アルメニア使徒教会の現地(アルメニア共和国本国も)の聖職者・信徒らが総主教の退任と新たな総主教選出を求めていましたが、トルコ共和国当局は「総主教は終身」とこれを認めず。
 また、アテシャン大主教座下が長期に渡って代行職にあることへの反発なども起こります。
(追記:この間、2016年に、医者などの診断をもとに、総主教は教会の統治をおこなう能力がなくなったとして、空位扱いとなっているようです。)
 2017年には総主教選出の会議もおこなわれましたが、結局、総主教選出だったのか代行の選出だったのかもよくわからなくなり、また、結果も尊重されず、アテシャン大主教座下が代行を続けています。
 現地のアルメニア人コミュニティーに分断を残しましたが、ここまでトルコ当局が計算していたのかはなんともいえないところです。
 永眠に伴い、トルコ共和国大統領レジェップ・タイップ・エルドアン閣下(His Excellency Mr Recep Tayyip Erdoğan)は、アテシャン大主教座下に弔意を伝えた模様。
 また、新たな総主教選出がおこなわれるものと思いますが、トルコ当局が後継指名をおこなう可能性もあり、さらにもめるかもしれません。

 アルメニア使徒教会の構成ですが、本国アルメニア共和国のエチミアジンに座す「最高総主教・全アルメニア人のカトリコス」と、現在はレバノンに拠点を置いている「キリキアのカトリコス」の二人のカトリコスが存在します。これらのうち、前者がアルメニア使徒教会全体の首座とみなされますが、一方でカトリコスという称号自体が同じであるように地位も対等であるという認識、あるいは前者の優位はあくまで後者の承認の元にあると考える人々がいるなど、決してキリキアが単純に「次席」というわけではありません。また、そもそもこのカトリコスという地位は一つのものが分離したのであって、いつかは統合されるべきという考えもありますが、それぞれの先代である故ガレギン1世(キリキア・カトリコスとしてはガレギン2世)でも統合させることはできなかった(キリキアからエチミアジンに移動した)という現実があります。
 世界各国の組織もエチミアジン系列とキリキア系列で分かれており、エチミアジン系列の組織の公式サイトではキリキアに関する記述が何もなく(カトリコス同士の会見ニュースなどを除く)、キリキア系列ではその逆、ということもあります。
 同教会の、コンスタンティノープル総主教庁やエルサレム総主教庁はエチミアジンの系列にあります。

 

聖エチミアジン母座の公式アカウント:
Մահացել է Պոլսի հայոց պատրիարք… – Մայր Աթոռ Սուրբ Էջմիածին/ Mother See of Holy Etchmiadzin

 

 トルコ・アルメニア総主教が死亡:エルドアン大統領が弔意 | TRT 日本語

TRT Japaneseさんのツイート: "トルコ・アルメニア総主教が死亡:エルドアン大統領が弔意 https://t.co/tozalAw8gV"

 

 (英語:アルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁公式サイト)THE ARMENIAN PATRIARCH OF CONSTANTINOPLE ARCHBISHOP MESROB MUTAFYAN PASSES AWAY | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

 (英語)Turkey's Armenian Patriarch Mutafyan dies at 62 – Turkey News
 (英語)The Armenian Patriarch in Turkey passed away – Romfea News
 (英語)Armenian Orthodox Patriarch Mesrob II Mutafyan of Constantinople Enters Eternal Rest | News | Orthodoxy Cognate PAGE

 (英語:英国正教会公式サイト)Death of Patriarch Mesrob II of Constantinople – The British Orthodox Church
 (英語:英国正教会公式サイト)The funeral of His Beatitude Mesrob II, Armenian Apostolic Patriarch of Istanbul – The British Orthodox Church

 

Hürriyet Daily Newsさんのツイート: "Turkey's Armenian Patriarch Mutafyan dies at 62 https://t.co/GSCGwVEtOs… "

 

Romfea.newsさんのツイート: "The Armenian Patriarch in Turkey Mesrob Mutafyan passed away in Constantinople on March 8 #romfeanews https://t.co/20e9nkDHDT"

Romfea.news – The Armenian Patriarch in Turkey Mesrob… | Facebook

 

OCP® Tweetsさんのツイート: "+Memory Eternal+ https://t.co/wMHZMulZ6Z"

 

追記:
 聖エチミアジン母座での鎮魂の礼拝など。

Armenian Church(アルメニア使徒教会聖エチミアジン母座公式チャンネル):
Repose of Soul Service for His Beatitude Archbishop Mesrop Mutafyan – YouTube

 

追記2:
 トルコ共和国イスタンブール知事アリ・イェルリカヤ閣下(Ali Yerlikaya)が、総主教代行のアラム・アテシャン大主教座下を訪問。

Ali Yerlikayaさんのツイート: "Türkiye Ermenileri 84. Patriği II. Mesrob Mutafyan'ın vefatının ardından Kumkapı Ermeni Patrikhanesi Genel Vekili Başpiskopos Aram Ateşyan ve annesi Mari Mutafyan'a taziye ziyaretinde bulunduk.… https://t.co/qBfrUBYnvh"