現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】検査で陽性となったキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロ府主教アンフィロヒイェ座下の早期の回復を願う書簡(2020年10月)

※この記事は世界の王室ニュースと重複します。

 

 現在セルビア王室を称する(旧)ユーゴスラビア王室当主/ユーゴスラビア皇太子【セルビア皇太子】アレクサンダル2世殿下(His Royal Highness Crown Prince Alexander II of Yugoslavia / Serbia)およびユーゴスラビア皇太子妃【セルビア皇太子妃】カタリナ殿下(Her Royal Highness Crown Princess Katherine of Yugoslavia / Serbia)は、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】検査で陽性の出たキリスト教/東方正教会/セルビア正教会の重鎮、モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)の早期の回復を願う書簡を送ったようです。

 

 (セルビア語キリル文字:セルビア正教会モンテネグロ府主教庁 公式サイト)Престолонаследник Аклександар Карађорђевић пожелио брз опоравак Митрополиту Амфилохију | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

Aleksandar II Karadjordjevic(@royalserbia) • Instagram写真と動画

View this post on Instagram

Њ.К.В. Престолонаследник Александар и Принцеза Катарина са узнемиреношћу и забринутошћу примили су вест да је Његово Високопреосвештенство Архиепископ цетињски и Митрополит црногорско-приморски господин Амфилохије тестиран позитивно на коронавирус. Њ.К.В. се надају да ће Митрополиту ускоро бити боље и да ће се што пре вратити својим редовним обавезама. Желе Његовом Високопреосвештенству што бржи опоравак и моле се за његово здравље. _ _ #kraljevskaporodica #karadjordjevic #amfilohije #prestolonaslednikaleksandar #royalserbia

A post shared by Aleksandar II Karadjordjevic (@royalserbia) on

 

関連:
 キリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロ府主教アンフィロヒイェ座下が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の感染検査で陽性(2020年10月) – キリスト教 高位聖職者のニュース

 

キリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロ府主教アンフィロヒイェ座下が新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の感染検査で陽性(2020年10月)

 キリスト教/セルビア正教会の重鎮、モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)が、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】の検査を受けたところ陽性となったようです。

 容態は深刻ではなく安定しているとのこと。

 

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ府主教庁 公式サイト)Митрополит Амфилохије позитиван на корона вирус, добро се осјећа и стабилног је здравственог стања | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 (英語)Metropolitan Amfilohije of Montenegro tests positive for COVID / OrthoChristian.Com

 (英語)SOC: Metropolitan Amfilohije tested positive for COVID-19 – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 

東方正教会シスマ2020:モンテネグロ議会選挙でジュカノヴィッチ大統領与党敗北(2020年8月)野党連合の代表の一人は、キリスト教/セルビア正教会の重鎮モンテネグロ府主教アンフィロヒイェ座下に報告

 モンテネグロ議会選挙は野党連合の勝利に終わりましたが、ジュカノヴィッチ大統領はまだまだゴネており余談を許さない状況ではあります。
 ここでは、東方正教会の方面から事態を見ていきます。

 

 もともとモンテネグロは、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の管轄権下にあります。
 一方、同国には、教会法上合法でない勢力が結成したモンテネグロ正教会が存在します。
 ジュカノヴィッチ大統領はこの集団を利用し、コンスタンティノープルから独立正教会として認めるトモスを得て政治に役立てようとしましたが(いわゆるウクライナモデル)、この集団の首座“ミハイロ府主教”がコンスタンティノープルの不興を買っている人物であったこともあり、こちらの計画は進んでいませんでした(ミハイロ府主教は承認に自信を見せたりしていましたが……)。

 一方、ジュカノヴィッチ大統領は、同国のセルビア正教会モンテネグロ府主教庁【モンテネグロおよび沿海の府主教庁】の教会財産を強制接収する法案を通しました。
 これに対する抗議行動は、他の多数の抗議行動と結ぶ付き、今回の選挙結果につながっています。

 選挙後、野党連合の代表の一人ズドラヴコ・クリヴォカピッチ氏(Zdravko Krivokapić)は、モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)を選挙後訪問、祝福を求めたようです。

 

Susret Amfilohija i Krivokapića posle izbornog trijumfa opozicije – YouTube

 

 同府主教庁の公式サイトでは、「キリスト復活! モンテネグロ復活!【ハリストス復活! ツルナ・ゴーラ復活!】」などの文字が踊り、ジュカノヴィッチ政権の弾圧終了に向けた選挙結果を祝っていました。
 ただし、組閣は10月予定であり、ジュカノヴィッチ大統領がおとなしくしているとも思われていません。
 まだまだ予断を許さない状況の中、(あとで記事にしますが)北マケドニア共和国の大統領がコンスタンティノープルに対し自国の教会法上合法でない集団を独立正教会として認めるよう要請したというニュースが出てきました。
 どちらもセルビア正教会の管轄権下にある領域である以上、片方の状況がもう片方に強く影響することは言うまでもありません。
 「シスマはシスマは呼ぶ」とは有名な言葉ですが、モンテネグロが落ち着くかどうかはまったく見通せません。

 

関連:
 東方正教会シスマ2020:北マケドニア大統領ペンダロフスキ閣下が、キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下に対し、同国の教会法上合法でない“マケドニア正教会-オフリド大主教庁”を独立正教会として認めるよう要請したと報道(2020年9月)

 

映像(セルビア語のため内容よくわかりませんが):キリスト教/セルビア正教会の重鎮モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下が、モンテネグロ新法に賛成投票予定の政治家を破門(anathema)宣告している映像とのこと(2019年12月)

 セルビア語のため内容よくわかりませんが、キリスト教/セルビア正教会/モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)が、2019年12月26日に、モンテネグロ新法に賛成投票予定の政治家を破門(anathema)宣告している映像とのことです。

※違うかもしれませんのでご承知ください。

関連:
 モンテネグロ議会が野党議員を18人ほど拘束してキリスト教/セルビア正教会の教会財産を大量に接収するための新法を成立(2019年12月)

 

Острог Тв Студио:
Порука Митрополита Амфилохија, 26.12.2019.љ.Г. – YouTube

 

 座下の傍らの棺は、モンテネグロ主教公ペタル1世・ペトロヴィッチ=ニェゴシュ(ツェティニェの聖ペタル)のものだそうです。

 

キリスト教/セルビア正教会/正教オフリド大主教庁(北マケドニアを管轄)聖シノドが、モンテネグロ政権を批判する声明(2019年12月)「北マケドニアでも弾圧が続いている」

 モンテネグロで、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の教会財産を摂取するための法律が成立しましたが、これに関して、セルビア正教会の管轄権下で北マケドニア共和国で自治的な権限を持つ正教オフリド大主教庁の聖シノドが声明を発表しています。

 

 (マケドニア語:正教オフリド大主教庁公式サイト)Православна Охридска Архиепископија » Свет архиерејски синод » Соопштенија

 

 モンテネグロ政権の動きを全体主義と批判、北マケドニア共和国でも正教オフリド大主教庁への弾圧が続いていること、セルビア正教会の重鎮/モンテネグロ・プリモルスカ府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)をはじめとするモンテネグロの教会法上合法な教会に属する神品(聖職者)と信徒を支持することなどが挙げられています。

 

 モンテネグロ大統領ミロ・ジュカノヴィッチ閣下(His Excellency Mr Milo ĐukanovićМило Ђукановић)がここまで強硬な動きに走ることは、一年前には予想されていなかったことです。
 政治的な影響は置いておくとしても、東方正教会の各教会(各勢力)がこの動きに対してどのような声明を発表し、どのような動きを取るかで、来年の東方正教会の教会分裂(シスマ)の動向が決まっていくような気がします。