スイス大統領がキリスト教/マロン東方典礼カトリック教会総大司教庁を訪問。シリアとレバノンのキリスト教の総大司教・総主教・カトリコスやイスラム教指導者らが会見(2018年8月)

 2018年8月28日、スイス連邦大統領アラン・ベルセ博士閣下(His Excellency Federal President Dr Alain Berset)は、レバノン共和国北部にあるキリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/マロン東方典礼カトリック教会のアンティオキア総大司教庁を訪問、同教会の首座/アンティオキア・全レバント総大司教ベカラ・ブートロス・ライ枢機卿座下(His Beatitude and Eminence Moran Mor Béchara Boutros Cardinal Raï, O.M.M. , Patriarch of Antioch and the Whole Levant)と会見しました。
 大統領訪問に伴い、同庁にレバノンとシリアを拠点とする宗教指導者が集ったようです。

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)、

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/シリア東方典礼カトリック教会の首座/アンティオキア・東方全土総大司教“モラン”・“モル”・イグナティウス・ヨセフ3世ヨナン座下(His Beatitude Patriarch Moran Mor Ignatius Youssef III Younan, the Patriarch of Antioch and All the East for Syriac Catholic Church)、

 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)、

 キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/メルカイト東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア・東方全土(、アレクサンドリア、エルサレム)総大司教ユーセフ・アブシ座下(His Beatitude Patriarch Youssef Absi, S.M.S.P., Patriarch of Antioch【Antiochia】 and All the East, of Alexandria and Jerusalem of the Melkite Greek Catholic Church)、

 キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)のキリキア・カトリコスアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of Great House of Cilicia)、

 レバノン共和国駐箚ローマ教皇大使ジョゼフ・スピテリ大司教座下(セルタ名義大司教 : His Most Reverend Excellency Monsignor Archbishop Joseph Spiteri, Apostolic Nuncio to Lebanon, Titular Archbishop of Serta)、

 らの姿が見えます。

 会談では、シリアの反政府武装勢力に拉致されたまま行方のわかっていない、
 シリア正教会のアレッポ大主教“モル”・グレゴリウス・ヨウハンナ・イブラヒム座下(Mor Gregorius Youhanna Ibrahim, Archbishops of Aleppo)、
 東方正教会/アンティオキア総主教庁のアレッポ府主教ボウロス・ヤジジ座下(ポール・ヤジジ大主教Boulos Yaziji【Paul Yazigi】, Metropolitan of Aleppo)、
 らの救出も訴えらえたようです。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting with His Excellency Swiss President Alain Berset | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

قداسة سيدنا البطريرك يلتقي فخامة الرئيس… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

 (英語:アルメニア使徒教会キリキアのカトリコス庁公式サイト)HIS HOLINESS ARAM I EMPHASISED THE VITAL IMPORTANCE OF COLLABORATION BETWEEN SWITZERLAND AND LEBANON | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

Armenian Churchさんのツイート: "Yesterday, during a meeting of the #President of Switzerland Mr. Alain Berset with the #Christian and #Muslim spiritual leaders of Lebanon, His Holiness Aram I stressed the pivotal importance of broadening the collaboration between #Switzerland and #Lebanon.… https://t.co/sf7u455kx1"

Երէկ առաւօտեան, երկօրեայ պաշտօնական… – Armenian Church, Holy See of Cilicia | Facebook

 

 (アラビア語:シリア東方典礼カトリック教会アンティオキア総大司教庁公式サイト)Syriac Catholic Patriarchate Official Website | غبطة أبينا البطريرك يلتقي فخامة رئيس الإتّحاد السويسري آلان بيرسي، الديمان، شمال لبنان

 

 (アラビア語:東方正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)استقبال الرئيس السويسري الان بيرسيت في الديمان – Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and All the East

استقبال الرئيس السويسري الان بيرسيت في… – Antioch Patriarchate | Facebook

 

キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世聖下が、ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下と会見(2018年5月)

 2018年5月9日、キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)は、レバノン共和国を訪問したキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))と会見しました。

 アンティオキア総主教庁より、
 駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】ニフォン府主教座下(His Eminence, the Most Reverend Niphon, Metropolitan of Philippople?【Chehba?】)、
 らが同席。

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Meeting between Metropolitan Hilarion and Primate of Orthodox Church of Antioch | The Russian Orthodox Church

 (アラビア語:東方正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)البطريرك يوحنا العاشر يستقبل المطران هيلاريون رئيس قسم العلاقات الخارجية في الكنيسة الروسية على رأس وفد كنسي – Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and All the East

 

البطريرك يوحنا العاشر يستقبل المطران… – Antioch Patriarchate | Facebook

 

アラビア語:キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世聖下が、レバノン総選挙にむけたスピーチ(2018年4月)

 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)が、2018年5月6日(日曜日)にせまったレバノン共和国総選挙に対してメッセージ映像を配信しています……が、アラビア語で、テキストが見つからなかったので内容はわかりません。

 レバノンの選挙は、「宗派別議席」という世界的に珍しいシステムが導入されているため、興味のある方はしっかりとした知識を持った方に尋ねてみてください(調べてみましたが、頭がクラクラしました)。

 

Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
غبطة البطريرك يوحنا العاشر – كلمة في الإنتخابات اللبنانية – YouTube

 

アラビア語:キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世聖下へのインタビュー動画(2018年4月)

 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)へのインタビュー動画のようです。

 最近の活動や現地の状況が、写真などで挟まれています。

 

※シリア現地の状況やケガを負った子供の写真も映ります/
Greek Orthodox Patriarchate of Antioch and all the East(東方正教会アンティオキア・東方全土総主教庁公式チャンネル):
مقابلة مع صاحب الغبطة يوحنا العاشر – YouTube

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下と、米英仏のシリア攻撃について電話会談(2018年4月)

 ロシア連邦のTASS通信の記事によりますと、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)と、アメリカ合衆国・英国・フランス共和国によるシリア・アラブ共和国攻撃について電話会談したそうです。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church head discusses Syria with Pope Francis

 

電話会談後のキリル聖下の会見/
russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Обращение Святейшего Патриарха Кирилла в связи с ситуацией в Сирии – YouTube

※ローマ教皇以外に、東方正教会の各首座との電話会談もおこなわれた模様。
※会見映像にはロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が同席。

 

追記:
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Patriarch Kirill discussed situation in Syria over telephone with Pope Francis of Rome and Primates of Local Orthodox Churches | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Peacemaking initiative of Christian leaders in response to the situation in the Middle East | The Russian Orthodox Church

 またキリル聖下の指示によりイラリオン座下は、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)及びキリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)と電話会談したようです。

 

追記2:
 (英語)Pat. Kirill discusses Syria with 4 brother patriarchs / OrthoChristian.Com

 キリル聖下の(東方正教会の首座に分類される)電話会談相手は、
 キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)、
 キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)、
 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)、
 キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)、
 のようです。