キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、アルメニア使徒教会コンスタンティノープル総主教サハク2世マシャリャン座下を訪問(2023年10月)

 2023年10月16日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/オリエント正教会/アルメニア使徒教会コンスタンティノープル総主教サハク2世マシャリャン大主教座下(His Beatitude Archbishop Sahak II Mashalian, Armenian Patriarch of Constantinople)を訪問しました。

 

 シリア正教会側から、
 イスタンブール・アンカラ・イズミルにおける総主教代理“モル”・フィロクセヌス・ユスフ・チェティン大主教座下(His Eminence Mor Philoxenus Yusuf Cetin, Patriarchal Vicar of Istanbul, Ankara and Izmir)
 “モル”・セオフィルス・ゲオルゲス・サリバ大主教座下(His Eminence Mor Theophilos George Saliba, Patriarchal Advisor)
 トゥルアブディン大主教“モル”・ティモセオス・サムエル・アクタス座下(His Eminence Mor Timotheos Samuel Aktas, Archbishop of Turabdin)
 スウェーデンにおける総主教代理“モル”・ディオスコロス・ベンジャミン・アタス大主教座下(His Eminence Mor Dioscorus Benjamin Atas, Patriarchal Vicar in Sweden)、
 ベイルート大主教“モル”・クレーミス・ダニエル・クーリエフ座下(His Eminence Mor Clemis Daniel Kourieh, Archbishop of Beirut)、
 ホムス・ハマ・タルトゥース及び近郊大主教“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Archbishop of Homs, Hama, Tartous and Environs)
 アル=ジャジーラ・ユーフラテス大主教“モル”・マウリス・アムシフ座下(Mor Maurice Amsih, Archbishop of Al-Jazeerah and Euphrates)、
 “モル・ヨセフ・バリ大主教座下(His Eminence Mor Joseph Bali, Patriarchal Assistant)
 らが同行。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁 公式ウェブサイト)Visit to His Beatitude Armenian Orthodox Patriarch of Istanbul Sahag II | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch
 (英語)Syrian Orthodox Patriarch Ignatius Aphrem II Visits Armenian Patriarchate of Constantinople – Orthodoxy Cognate PAGE

 

キリスト教/東方正教会アンティオキア総主教庁が、エルサレム総主教庁とコミュニオンの状態に復帰(2023年10月)

 キリスト教/東方正教会アンティオキア総主教庁は、エルサレム総主教庁とのコミュニオンの状態に戻ることを発表しました。

 

التفاتة محبّة من كنيسة أنطاكية إلى… – Antioch Patriarchate بطريركية أنطاكية وسائر المشرق للروم الأرثوذكس | Facebook

 

 (英語)Antiochian Patriarchate restores communion with Jerusalem Patriarchate / OrthoChristian.Com

 

 エルサレム総主教庁が、アンティオキアの管轄権内であるカタールに大主教庁を設置したことにより、アンティオキア総主教庁はエルサレム総主教庁とのコミュニオンを解除していました。
 また、エルサレム総主教庁側もアンティオキア総主教庁とのコミュニオンを解除しています。

 今回、アンティオキア総主教庁は、パレスティナの人々とエルサレム総主教庁の苦難の状況を鑑みて、コミュニオンの状態に戻り支援の意思を表明し、カタールの問題については、別途協議をおこないたいようです。
 また、関係正常化には、エルサレム総主教庁側が、アンティオキア総主教庁とコミュニオンの状態に復帰、相互にコミュニオンの状態になる必要があります。

着座式(2023年5月13日):キリスト教/東方正教会アンティオキア総主教庁/北米アンティオキア正教キリスト大主教の首座府主教サバ座下の着座式

 2023年5月13日、キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教庁下の北米アンティオキア正教キリスト大主教庁の新たな首座府主教であるサバ座下(His Eminence, the Most Reverend Saba (Isper), the Archbishop of New York and Metropolitan of the Antiochian Orthodox Christian Archdiocese of North America)の着座式がおこなわれたようです。

 

Antiochian Orthodox Christian Archdiocese of NA(北米アンティオキア正教キリスト大主教庁 公式チャンネル):
Enthronement of His Eminence Metropolitan Saba – Saturday, May 13, 2023 – YouTube

 

Antiochian Orthodox Christian Archdiocese of NA(北米アンティオキア正教キリスト大主教庁 公式チャンネル):
Enthronement Address of His Eminence Metropolitan Saba – YouTube

 

 (英語:北米アンティオキア正教キリスト大主教庁 公式ウェブサイト)His Eminence Saba (Isper) Enthroned as Metropolitan of North America | Antiochian Orthodox Christian Archdiocese of North America
 (英語:北米アンティオキア正教キリスト大主教庁 公式ウェブサイト)Enthronement Address of His Eminence Metropolitan Saba | Antiochian Orthodox Christian Archdiocese of North America

 (英語)Metropolitan Saba enthroned as head of Antiochian Archdiocese of North America (+VIDEO) / OrthoChristian.Com

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、ラテン・エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下を訪問(2023年5月)

 2023年5月8日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/ラテン典礼エルサレム総大司教ピエールバッティスタ・ピッツァバッラ座下(His Beatitude Patriarch Pierbattista Pizzaballa, O.F.M., Latin Patriarch of Jerusalem)を訪問しました。

 総主教には、
 エルサレム・ヨルダン・聖地における総主教代理“モル”・アンシモス・ジャック・ヤコブ大主教座下(His Eminence Archbishop Mor Anthimos Jack Yakoub, Patriarchal Vicar for Jerusalem, Jordan and the Holy Land)、
 ザーレ・ベッカーにおける総主教代理“モル”・ユスティノス・ブーロス・サファル大主教座下(His Eminence Archbishop Mor Justinos Boulos Safar, Patriarchal Vicar in Zahleh and Bekaa)、
 モスル・キルクーク・クルディスタン・近郊大主教“モル”・ニコデムス・ダウード・シャラーフ座下(His Eminence Mor Nicodemus Daoud Sharaf, Archbishop of Mosul, Kirkuk, Kurdistan and Environs)、
 ホムス・ハマ・タルトゥース及び近郊大主教“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Archbishop of Homs, Hama, Tartous and Environs)、
 アル=ジャジーラ・ユーフラテス大主教“モル”・マウリス・アムシフ座下(Mor Maurice Amsih, Archbishop of Al-Jazeerah and Euphrates)、
 “モル”・ヤクーブ・ババウィ大主教座下(His Eminence Archbishop Mor Yacoub Babawi, Patriarchal Vicar for Monks Affairs and the Administration of Mor Aphrem Theological Seminary in Maarat Saydnaya)、
 “モル・ヨセフ・バリ大主教座下(His Eminence Mor Joseph Bali, Patriarchal Assistant)、
 らが同行したようです。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁 公式ウェブサイト)Visit to His Beatitude Latin Patriarch of Jerusalem Pierbattista Pizzaballa | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、メルカイト東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア総大司教ユーセフ・アブシ座下と会見(2023年4月)

 2023年4月28日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/メルカイト東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア・東方全土(、アレクサンドリア、エルサレム)総大司教ユーセフ・アブシ座下(His Beatitude Patriarch Youssef Absi, S.M.S.P., Patriarch of Antioch【Antiochia】 and All the East, of Alexandria and Jerusalem of the Melkite Greek Catholic Church)と会見しました。

 シリア正教会から、
 “モル”・シリル・バビ座下(His Eminence Archbishop Mor Cyril Babi, Patriarchal Vicar in the Patriarchal Archdiocese of Damascus)
 “モル”・ヨセフ・バリ大主教座下(His Eminence Archbishop Mor Joseph Bali, Patriarchal Secretary and Media Office Director)、

 メルカイト東方典礼カトリック教会から、
 ダマス総大司教代理ニコラス・アンティバ大司教座下(Archbishop Nicolas Antiba, B.A., Patriarchal Vicar of Damas)
 が同席。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Visit of His Beatitude Greek Catholic Patriarch Joseph Absi | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch