キリスト教/“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”公式サイトに“フィラレート総主教”へのインタビューが掲載(2019年9月)コンスタンティノープルを批判

 “ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の公式サイトに、“フィラレート総主教”(キーウ・全ルーシ=ウクライナ総主教フィラレート聖下 : His Holiness Patriarch Filaret of Kyiv and All Rus’-Ukraine)へのインタビュー記事が掲載されています。
 記事によれば、ジャーナリストによるインタビューのようです。

 

 (ウクライナ語: UOC-KP 公式サイト)Патріарх Філарет: «В Українській державі повинна бути дійсно незалежна автокефальна Церква» – Українська Православна Церква Київський Патріархат

 (英語)Filaret: Pat. Bartholomew asked President to speed up liquidation of UOC-KP – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Filaret: Patriarch Bartholomew seeks absolute power in Orthodoxy – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Philaret effectively admits to election tampering, claims Epiphany became primate thanks to him / OrthoChristian.Com

 

 内容は、これまでに比べれば整理されており、この一年いうことがコロコロ変わったり、これまでの行動のまずいところがうまく(?)スルーされているような気がするようなところ、そしてそもそも教会にナショナリズムは必要なの?という根本的なことを除けば、ある程度の説得力はあるのではないかと思います。

 フィラレート総主教によれば、まず彼はロシア正教会モスクワ総主教庁に独立正教会としてくれるように請願したが、これははねつけられたということです。
 そのためコンスタンティノープルを頼ったが、彼らはずーっとグズグズしたあげく、事実上独立を認めていない内容のトモスを渡してきた。それはコンスタンティノープルを絶対的な権力として確立させるためだ、としています。数年前の東方正教会全体の会合で、ロシア正教会、アンティオキア総主教庁、ブルガリア正教会、ジョージア正教会【グルジア正教会】、が欠席しましたが、これはコンスタンティノープルが自らの権力を絶対にしようとしたためであるとし、欠席したロシア正教会などの立場を支持しています(!)。
 また、なぜ「総主教」にこだわるかといえば、ポーランド正教会のように府主教を首座とする独立正教会というのは可能だが、府主教は必ずしも独立正教会の首座というわけではない。「総主教」ならば必ずそうだ、ということです(なぜ総主教にこだわるかについてもこれまで発言が変わったりしているので話半分に聞いていけばいいのですが、確かに総主教と認めた相手にあの内容のトモスを渡すのはムチャ度が増すとは思います)。
 ポロシェンコ(元)大統領については、選挙目当てだったとまたも批判、というか事実を指摘
 その他、欧州を批判したりしていますが、結論としては、ウクライナには、モスクワからもコンスタンティノープルからも真に独立(independent)した「独立正教会(autocephalous church)」が必要だということです。

 

 理屈の展開はわからないでもありませんが、そもそも国単位で独立教会を作らねばならないというのは東方正教会全体では合意されていないというのはどうでもいいとしても、モスクワとコンスタンティノープルを共に敵に回していったいどこに独立正教会として認定してもらおうというのか。もらったとしてなんなんだというのがさっぱりわからないところです。

 

キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世聖下、シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下、カルデア東方典礼カトリック教会首座/ルイ・ラファエル1世サコ総大司教座下が MECC の会合へ(2019年8月)

 2019年8月29日、キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(ジョン10世 : His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)の招待により、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/カルデア東方典礼カトリック教会の首座/バビロニア総大司教【バビロン総大司教】ルイ・ラファエル1世サコ座下(His Beatitude Patriarch Louis Raphaël I Sako, Patriarch of Babylon【Babilonia】, Archbishop of Baghdad, Chaldean Patriarch)らが、レバノン共和国にて開かれた MECC(Middle East Council of Churches : 中東教会会議)の会合に臨席しました。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting of the Presidents of the Middle East Council of Churches | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

اجتماع رؤساء مجلس كنائس الشرق الأوسط –… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

 (アラビア語:カルデア東方典礼カトリック教会公式サイト)البطريرك ساكو يشترك في لقاء الهيئة التنفيذية لمجلس كنائس الشرق الأوسط – البطريركية الكلدانية

http://saint-adday.com/?p=34073 – البطريركية الكلدانية Chaldean Patriarchate | Facebook

 

キリスト教/シリア正教会/アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下、東方正教会/アンティオキア総主教ヨウハンナ10世聖下、メルカイト東方典礼カトリック教会/アンティオキア総大司教ユーセフ・アブシ座下らが会見(2019年8月)

 2019年8月12日、キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)の招待により、
 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(ジョン10世 : His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)、
 キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/メルカイト東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア・東方全土(、アレクサンドリア、エルサレム)総大司教ユーセフ・アブシ座下(His Beatitude Patriarch Youssef Absi, S.M.S.P., Patriarch of Antioch【Antiochia】 and All the East, of Alexandria and Jerusalem of the Melkite Greek Catholic Church)、
 シリア・アラブ共和国駐箚ローマ教皇大使【ローマの使徒座使節】マリオ・ゼナリ枢機卿座下(His Eminence Mario Cardinal Zenari, Apostolic Nuncio to Syria)、
 らが会見しました。

 シリアにおけるテロリストとの戦いへの団結の呼びかけや、拉致されたまま行方のわかっていない、
 シリア正教会のアレッポ大主教“モル”・グレゴリウス・ヨウハンナ・イブラヒム座下(Mor Gregorius Youhanna Ibrahim, Archbishops of Aleppo)、
 東方正教会/アンティオキア総主教庁のアレッポ府主教ブーロス・ヤジジ座下(ポール・ヤジジ大主教Boulos Yaziji【Paul Yazigi】, Metropolitan of Aleppo)、
 の無事の救出を祈ったようです。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Statement of the Meeting of the Heads of the Christian Churches in Damascus | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

Statement of the Meeting of the Heads of… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下らが、ルーシ洗礼を祝う礼拝(2019年7月)

 2019年7月28日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、亜使徒聖ウラジーミル大公・ルーシ洗礼の日を祝う礼拝をおこないました。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Проповедь Святейшего Патриарха в день памяти св. равноап. кн. Владимира, День Крещения Руси – YouTube

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Святейший Патриарх Кирилл совершил молебен у памятника равноап. кн. Владимиру – YouTube

 

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Слово Святейшего Патриарха Кирилла после молебна у памятника святому равноапостольному князю Владимиру в Москве / Патриарх / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В день памяти святого равноапостольного князя Владимира Предстоятель Русской Церкви совершил Литургию в Успенском соборе Московского Кремля / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)В День Крещения Руси Святейший Патриарх Кирилл совершил молебен у памятника равноапостольному князю Владимиру в Москве / Новости / Патриархия.ru

 

 ロシア正教会より、下記の主教らが共同で礼拝。

  • クルチツィ・コロムナ府主教ユヴェナリー座下(His Eminence Metropolitan Juvenaly of Krutitsy and Kolomna)
  • モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))
  • トヴェリ・カシンスキー府主教サッヴァ座下(His Eminence Metropolitan Savva【Sawa】 of Tver and Kashinsky)
  • ヴォログダ・キリルロフスキー府主教イグナチー座下(His Eminence Metropolitan IgnatiusIgnatiy】 of Vologda and Kirillov)
  • カシラ大主教フェオグノスト座下(His Eminence Archbishop TheognostFeognost】 of Kashira)
  • ヴェレヤ大主教アンヴロシー座下(His Eminence Archbishop Ambrose【Amvrosiy】 of Verea【Vereya】)
  • ヴィドノフスキー主教ティーホン座下(His Grace Bishop Tikhon of Vidnovsky)
  • ドミトロフ主教フェオフィラクト座下(His Grace Bishop TheophylactFeofilakt】 of Dmitrov)
  • セルプホフ主教ロマン座下(His Grace Bishop Roman of Serpukhov)
  • オレホヴォ=ズエヴォ主教パンテレイモン座下(His Grace Bishop Panteleimon of Orekhovo-Zuyevo)
  • ヴォスクレセンスク主教ディオニシー座下(His Grace Bishop Dionisiy of Voskresensk)
  • バラシハ主教ニコライ座下(His Grace Bishop Nikolay of Balashikha)
  • ザライスク主教コンスタンティン座下(His Grace Bishop ConstantineKonstantin】 of Zaraisk)
  • モジャイスク主教レオニード座下(His Grace Bishop Leonid of Mozhaysk)
  • セルギエフ=ポサード主教パラモン座下(His Grace Bishop Paramon of Sergiev-Posad)
  • パヴロヴォ=ポサード主教フォマ座下(His Grace Bishop FomaThomas】 of Pavlovo-Posad)
  • ルホヴィツィ主教ピョートル座下(His Grace Bishop PeterPetr】 of Lukhovitsy)
  • ブロンニツィ主教フォマ座下(His Grace Bishop FomaThomas】 of Bronnitsy)
  • イストラ主教セラフィム座下(His Grace Bishop Seraphim of Istra)
  • ゼレノグラード主教サッヴァ座下(His Grace Bishop Savva of Zelenograd)
  • ソルネチノゴルスク主教アレクシー座下(His Grace Bishop AlexyAleksiy】 of Solnechnogorsk)

 他の独立正教会より、下記の聖職者らが共同で礼拝。

  • アンティオキア総主教庁の駐モスクワ・メトヒオン【ポドヴォリエ】ニフォン府主教座下(His Eminence, the Most Reverend Niphon, Metropolitan of Philippople?【Chehba?】)
  • セルビア正教会のモラヴィツァ主教アントニイェ座下(His Grace vicar Bishop AnthonyAntonije】 of Moravica)
  • アメリカ正教会【OCA】のサンタローザ主教ダニエル座下(His Grace【The Right Reverend】 Daniel, Bishop of Santa Rosa)
  • ブルガリア正教会及びチェコ・スロバキア正教会より掌院

 

キリスト教/シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、アルゼンチンのコルドバ州知事ファン・スキアレッティ閣下を訪問(2019年6月)シリア大使が同行

 2019年6月18日、アルゼンチン共和国を司牧訪問中のキリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、同国のコルドバ州知事ファン・スキアレッティ閣下(Juan Schiaretti)を訪問しました。
 アルゼンチン共和国駐箚のシリア・アラブ共和国特命全権大使が同行した模様。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting with the Governor of Cordoba | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 (スペイン語:コルドバ州公式サイト)Schiaretti recibió al Patriarca de la Iglesia Siriana Ortodoxa

 

قداسة سيدنا البطريرك يلتقي حاكم مقاطعة… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

Gobierno de Córdobaさんのツイート: "El gobernador Juan Schiaretti recibió al Patriarca de la Iglesia Siriana Ortodoxa, Ignacio Efren II Karim. El encuentro se concretó en el Centro Cívico. El Patriarca, junto a su comitiva pastoral, visita la ciudad de Córdoba desde ayer. Más 👉 https://t.co/baSPDOgUW5.… https://t.co/LYS31VqiXZ"

 

 シリア正教会側から、
 アルゼンチンにおける総主教代理クリソストモス・ヨウハンナ・ガッサリー大主教座下(His Eminence Mor Chrysostomos Youhanna Ghassaly, Archbishop and Patriarchal Vicar in Argentina : 府主教になっているかもしれません)、
 “モル”・クリソストモス・ミカエル・シェムーン座下(His Eminence Mor Chrysostomos Mikhael Shemoun, Patriarchal Vicar for the Patriarchal Benevolent Institutions in Atchaneh)、
 らが同行。

 会談では、シリア系住民らへの州の支援についてや、中東のキリスト教との情勢について触れられた模様。
 また聖下側から、シリアの反政府武装勢力に拉致されたまま行方のわかっていない、
 シリア正教会のアレッポ大主教“モル”・グレゴリウス・ヨウハンナ・イブラヒム座下(Mor Gregorius Youhanna Ibrahim, Archbishops of Aleppo)、
 東方正教会/アンティオキア総主教庁のアレッポ府主教ブーロス・ヤジジ座下(ポール・ヤジジ大主教Boulos Yaziji【Paul Yazigi】, Metropolitan of Aleppo)、
 の無事の救出を祈るように要請が出たようです。