キリスト教/ポルヴォー・コミュニオンを構成する教会の指導者らが、ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下に戦争を終結させるよう努力を要請する書簡(2022年10月)

 キリスト教のポルヴォー・コミュニオン(The Porvoo Communion)は、2022年10月11日から10月13日まで、フィンランド共和国のタンペレで会合を開催しました。

 ポルヴォー・コミュニオンというのは、欧州のアングリカン・コミュニオンと(北欧などの)ルター派の教会で構成されている、同じ教えを完全に共有しているわけではないものの、ある程度の共通性を認識し、相互に礼拝などを有効として信徒の参加を認めたりしているコミュニオンです(正確ではないかもしれません)。

 

 (英語:ポルヴォー・コミュニオン公式サイト)Meeting of Primates and Presiding Bishops of the Porvoo Communion of Churches – The Porvoo Communion

 

 今回の会合は、 COVID-19 の影響によって遅延していたものが開催されたということになりますが。
 一方、直近でおこっている戦争に関して、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教キリイル総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)に戦争を終結するための努力を共におこなうよう要請する書簡が出されています。

※同様の書簡は各方面から出ていますが、ポルヴォー・コミュニオンから出るのは予想していなかったので、記事にしています。

 

 (英語:ポルヴォー・コミュニオン公式サイト)Letter to Kirill – The Porvoo Communion

 

 これには下記14名の方々が名を連ねていますが、

Most Revd Dr Tapio Luoma, Evangelical Lutheran Church of Finland
Most Revd and Right Honourable Stephen Cottrell, Church of England
Rt Right Revd Dr Olav Fykse Tveit, Church of Norway
Rt Revd Rinalds Grants, Evangelical Lutheran Church of Latvia
Most Revd Dr Antje Jackelén, Church of Sweden
Most Revd Dr Michael Jackson, Church of Ireland
Rt Revd Tor Berger Jørgensen, Lutheran Church in Great Britain
Rt Revd Carlos López Lozano, Reformed Episcopal Church of Spain
Rt Revd Jorge Pina Cabral, Lusitanian Church (Portugal)
Rt Revd Agnes M. Sigurðardóttir, Church of Iceland
Rt Revd Peter Skov-Jakobsen, Evangelical Lutheran Church in Denmark
Most Revd Mark Strange, Scottish Episcopal Church
Most Revd Urmas Viilma, Estonian Evangelical Lutheran Church
Most Revd Lauma Zusevics, Evangelical Lutheran Church of Latvia Worldwide

※やや表記を変えますが、

  • フィンランド福音ルター派教会【ELCF】首座監督/トウルク・フィンランド大監督タピオ・ルオマ座下(The Most Reverend Archbishop Tapio Luoma of Turku and Finland)
  • 英国国教会(のナンバー2)/イングランド首座/ヨーク大主教スティーヴン・コットレル座下(The Most Reverend and Right Honourable Stephen Cottrell SCP, Archbishop of York and Primate of England)※ちなみにイングランド首座はカンタベリー大主教です。
  • ノルウェー国教会首座オーラヴ・フィクセ・トゥヴェイト座下(The Most Reverend Olav Fykse Tveit, Primate of the Church of Norway)
  • ラトビア福音ルター派教会リナルズ・グランツ牧師(The Right Reverend PastorRinalds Grants
  • スウェーデン国教会首座/ウプサラ大監督アンチェ・ヤケレン座下(The Most Reverend Antje Jackelén, Archbishop of Uppsala, Primate of Sweden)
  • アイルランド国教会/ダブリン大主教/アイルランド首座マイケル・ジャクソン座下(His Grace Micheal Jackson, Church of Ireland Archbishop of Dublin, Primate of Ireland)
  • グレートブリテン・ルター派教会監督トール・B・ヨルゲンセン座下(The Right Reverend Tor Berger Jørgensen, Bishop of the Lutheran Church in Great Britain)
  • スペイン改革監督教会主教カルロス・ロペス・ロサノ座下(The Right Reverend Carlos López Lozano, Bishop of the Spanish Reformed Episcopal Church)
  • (ポルトガル)ルシタニア教会主教ジョルジ・ピナ・カブラル座下(Jorge Pina Cabral, Bishop of the Lusitanian Church)
  • アイスランド国教会首座/アイスランド監督アグネス・シグルザルドッティル座下(The Right Reverend Agnes M. Sigurðardóttir, Bishop of Iceland)
  • デンマーク国教会/デンマーク首座/コペンハーゲン監督ピーター・スコウ=ヤコブセン座下(The Right Reverend Peter Skov-Jakobsen, Bishop of Copenhagen, Primate of Denmark)
  • スコットランド聖公会首座/マリ・ロス・ケイスネス主教マーク・ストレンジ座下(The Most Reverend Mark Strange, Bishop of Moray, Ross and Caithness, Primus of the Scottish Episcopal Church)
  • エストニア福音ルター派教会(Estonian Evangelical Lutheran Church : EELC : EELK)首座/タリン大監督ウルマス・ヴィールマ座下(The Most Reverend Urmas Viilma, Archbishop of Tallinn, Primate of the Estonian Evangelical Lutheran Church)
  • 全世界ラトビア福音ルター派教会(Latvian Evangelical Lutheran Church Worldwide : LELCW : LELBP)大監督ラウマ・ズシェヴィクス座下(The Most Reverend Archbishop Lauma Zuševics

 いずれも各教会の首座や上位の人物です。

※なお、ラトビア福音ルター派教会はオブザーバです(全世界ラトビア福音ルター派教会は参加教会です)。

 名を連ねている人々を見ると、ウェールズ聖公会からの人物がおりません。ただ、会合参加者に同教会からの参加者がいますので、首座名で名を連ねることができなかっただけかもしれません。
 一方、リトアニア福音ルター派教会は、会合参加者にすら名前がなく、また、このポルヴォー・コミュニオンの公式サイトを検索してみたところ、同教会の名称が最後に出てくるのは2015年です。合意には参加したものの、熱心にかかわっていない、ということなのかはわかりませんが。

 

 余談ですが、 FAQ ページが興味深いのですが、それはそれとして下部二つの設問。

 (英語:ポルヴォー・コミュニオン公式サイト)Frequently Asked Questions – The Porvoo Communion

「私は司祭/牧師だが、他の教会で働くことが出来るか?」という質問に対し、

First you need to see if there is job available.

「まずあなたは求人があるかどうかを確認する必要があります」

 というシンプルな説明から具体的な話が掲載されていて現実的だなあと感心します。
 とはいえ、各国で(日本でも)、特に上位の指導者ではない聖職者・教職者は教派から教派へ移動したりもしますので、ましてコミュニオン状態にあればこのような FAQ の準備も当然でしょうか。

キリスト教/オリエント正教会の首座三人、コプト正教会首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下、シリア正教会アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下、アルメニア使徒教会/キリキア・カトリコスのアラム1世聖下による会合(2022年10月)

 2022年10月17日~19日にかけて、キリスト教/オリエント正教会のコプト正教会、シリア正教会、アルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁の代表による会合がエジプトでおこなわれました。

 コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)、
 シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)、
 アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)キリキア・カトリコスのアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia【Catholicos of the Holy See of Cilicia】)
 らが参列しています。

 

 会合の結果、他教会(オリエント正教会以外の教会)との関係に関する部分では(大意)、

  • 東方正教会との対話が止まっているので、エマニュエル府主教に問い合わせる
  • コプト正教会とシリア正教会は、ロシア正教会との対話を進めている
  • ローマ・カトリック教会との対話も進んでいる
  • アングリカン・コミュニオンとの対話も進めたい

 というような部分があります(全部、「対話」と書いてしまいましたが、こう言い切っていいかはわかりません)。

 ともあれ、エマニュエル府主教というのは、ファナル(東方正教会のコンスタンティノープル)のカルケドン府主教エマニュエル座下(His Eminence Elder Metropolitan Emmanuel of Chalcedon)のことでしょう。
 次のロシア正教会との項目とあわせて考えると、ファナルがウクライナで一方的な行為(教会法違反)をおこなったことにより、モスクワ総主教庁との関係が断絶しているので、東方正教会全体の対話が出来なくなっていることを前提に、和解(ファナルがモスクワ総主教庁に謝罪し、ウクライナでやったことを取り消す)ように求めているようにも取れます(それはファナルには絶対に無理でしょうが)。
 もっとも、ロシア正教会との対話に、キリキア・カトリコス庁が含まれていないので、これは温度差のあることでしょう。

 カトリックとの対話に関しては特に感想もないですが、もしアングリカン・コミュニオンとの対話が(東方正教会との対話が止まったまま)進んでいくとするなら興味深いところです。

 

 また、これとは別に、エチオピア正教会が“占拠”しているエルサレムのスルタン修道院に関して、コプト正教会に権利があるという立場をシリア正教会とキリキア・カトリコス庁が支持することも確認されています。
 関連:
 映像(アラビア語・英語字幕):キリスト教/コプト正教会の修道士がイスラエル警察に“暴力”を受けた件でアレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下がそもそもの問題を説明する動画(2018年10月)イスラエル政府とエチオピア正教会を批判

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Arrival to Egypt | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)13th Meeting – Heads of the Oriental Orthodox Churches in the ME | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch
 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Joint Statement of the 13th Meeting of the Heads of the Oriental Orthodox Churches in the Middle East | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch
 (英語:アルメニア使徒教会 キリキア・カトリコス庁 公式サイト)A MEETING IN EGYPT BETWEEN HIS HOLINESS CATHOLICOS ARAM I, HIS HOLINESS PATRIARCH MOR IGNATIUS APHREM II AND HIS HOLINESS POPE TAWADROS II | Armenian Church Catholicosate of Cilicia

 

 コプト正教会より、
 アルクサヤ・ミール主教“アンバ”・トマス座下(His Grace Anba Thomas, Bishop of Alqousaya and Meer)、
 北シュブラ教会代表主教“アンバ”・アンゲロス座下(His Grace Anba Angelos, General Bishop of North Shoubra Churches)、

 シリア正教会より、
 レバノン山脈・トリポリ大主教“モル”・セオフィルス・ゲオルゲス・サリバ座下(His Eminence Mor Theophilus Georges Saliba, Archbishop of Mount Lebanon and Tripoli)、
 ベイルート大主教“モル”・クレーミス・ダニエル・クーリエフ座下(His Eminence Mor Clemis Daniel Kourieh, Archbishop of Beirut)、

 アルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁より、
 テヘラン教区長セブフ・サルキシャン大主教座下(His Eminence Archbishop Sebouh Sarkissian, Prelate of Tehran)、
 シリア駐箚使徒座使節マガル・アシュカリャン主教座下(His Grace Bishop Magar Ashkarian, Pontifical Nuncio to the Prelacy of Syria)
 らが同席。

 

قداسة… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

‎توقيع… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

The… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

Armenian ChurchさんはTwitterを使っています: 「17-19 Հոկտեմբերին, Գահիրէի մէջ տեղի ունեցաւ Մեծի Տանն Կիլիկիոյ Կաթողիկոսութեան, ասորի ուղղափառ եկեղեցւոյ Անտիոքի Պատրիարքութեան եւ ղպտի ուղղափառ եկեղեցւոյ Աղեքսանդրիոյ Պատրիարքութեան միջեւ հանդիպում։ https://t.co/XBXZAn7Yir https://t.co/zHCJSUfHhm」 / Twitter

 

ԵԳԻՊՏՈՍԻ ՄԷՋ… – Armenian Church, Holy See of Cilicia | Facebook

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が教皇自発教令を発布。オプス・デイの管轄を司教省から聖職者省に変更。属人区長は司教とならなくなる、など(2022年7月)

 2022年7月22日、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)はオプス・デイに関する内容の教皇自発教令を発布しました。
 8月4日に発効します。

 オプス・デイの管轄を司教省から聖職者省に変更。属人区長は司教とならなくなる、などです。

※現在のオプス・デイ属人区長フェルナンド・オカリス・ブラーニャ師(Monsignor Fernando Ocáriz Braña)は属人区長となってから数年たちますが司教叙階を受けていません。

 属人区長は裁治権を有しており、今回の教令により、オプス・デイの組織に大きな変更が起こるわけではありません。
 ローマ教皇庁は今年に組織再編をおこなっており、これもまた一環である、と思われます。
 しかし、この内容では宗教的な理屈はともかくとしても単純にオプス・デイへの格下げがおこなわれたようにしか思えないのですが……。

 今回の自発教令はオプス・デイを対象にしていると取れますし、オプス・デイ以外に属人区(Personal Prelature)は成立していませんので、他への影響を考える必要はなさそうです。

※アングリカンの人々を受け入れるために設置された属人裁治区(Personal Ordinariate)は、発想を属人区から取り入れた部分はあるとはいえ別物ですので、今回の件には関係ありません。

 

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Apostolic Letter issued “Motu proprio” of the Supreme Pontiff Francis “Ad charisma tuendum”, 22.07.2022

 

 (英語)Pope Francis adapts the norms of Opus Dei to the new apostolic constitution | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English :
Pope Francis adapts the norms of Opus Dei to the new apostolic constitution – YouTube

 

 (日本語版:オプス・デイ公式サイト)属人区長の手紙:自発教令『Ad charisma tuendum』について。 – オプス・デイ
 (日本語版:オプス・デイ公式サイト)自発教令の形式による使徒的書簡『アド・カリスマ・トゥエンドゥム』(Ad charisma tuendum):カリスマを守るため – オプス・デイ
 (日本語版:オプス・デイ公式サイト)自発教令『アド・カリスマ・トゥエドゥム』(Ad charisma tuendum)についてQ&A – オプス・デイ

 (英語アメリカ版:オプス・デイ公式サイト)Motu Proprio “Ad charisma tuendum”: Questions and Answers – Opus Dei
 (英語アメリカ版:オプス・デイ公式サイト)Letter from the Prelate regarding the Motu Proprio “Ad charisma tuendum” – Opus Dei

東方正教会の聖職者らから、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下を追悼するメッセージ(2020年10月)

 キリスト教/東方正教会の聖職者のうち、2020年10月30日に永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮、モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)への弔意を表明したという記事を見かけたらリンクしておきます。

※基本的に、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)にあてたもの。

 

セルビア正教会:
 ザグレブ=リュブリャナ府主教ポルフィリイェ座下(His Eminence Metropolitan Porfirije of Zagreb-Ljubljana):
 (セルビア語:セルビア正教会ザグレブ=リュブリャナ府主教庁 公式サイト)Митрополит Порфирије: Поводом уснућа Митрополита Амфилохија – Митрополија загребачко-љубљанска

Митрополит Порфирије: Поводом уснућа… – Mitropolija zagrebačko-ljubljanska | Facebook

 

 正教オフリド大主教庁の首座/オフリド大主教ヨヴァン6世座下(His Beatitude Archbishop Jovan VI of Ohrid):
 (マケドニア語:正教オフリド大主教庁公式サイト)Православна Охридска Архиепископија » Архиепископ » Преписка

 

アンティオキア総主教庁:
 ドイツ・中欧府主教イサク座下(His Eminence, the Most Reverend Metropolitan Isaac of Germany and Central Europe):
 (セルビア語)“Душе праведника су у руци Божијој, и… – Antiochenisch-Orthodoxe Metropolie von Deutschland und Mitteleuropa | Facebook

 

ロシア正教会モスクワ総主教庁:
 ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】):
 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Condolences of the Primate of the Russian Orthodox Church over the demise of Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral / Patriarch / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Патриаршее соболезнование в связи с кончиной митрополита Черногорско-Приморского Амфилохия / Патриарх / Патриархия.ru

 ウクライナ正教会の首座/キエフ・ウクライナ全土府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan OnufriyOnufry】 of Kiev and All Ukraine):
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会 公式サイト)Блаженніший Митрополит Онуфрій висловив співчуття Патріарху Сербському Іринею у зв'язку з кончиною митрополита Амфілохія – Українська Православна Церква

 ウクライナ正教会/バリシフカ主教ヴィクトル座下(His Grace Bishop Victor【Viktor】 of Baryshevka):
 (英語)UOC bishop of Metropolitan Amphilochius: We gain a man of prayer in heaven – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 在外ロシア正教会【ROCOR】首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America & New York):
 (英語:在外ロシア正教会【ROCOR】公式サイト)The Russian Orthodox Church Outside of Russia – Official Website | The First Hierarch of the Russian Church Abroad sends condolences to His Holiness Patriarch Irenej of Serbia on the repose of Metropolitan Amphilohije of Montenegro and the Littoral

 

ブルガリア正教会:
 ブルガリア総主教・ソフィア府主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria, Metropolitan of Sofia):
 (ブルガリア語:ブルガリア正教会 総主教庁 公式サイト)Новини | Съболезнователен адрес до Сръбския патриарх Ириней по повод кончината на Черногорския митрополит Амфилохий
 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Патријарх бугарски: Митрополит Амфилохије пример достојног пастира и скромног монаха | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

アルバニア正教会:
 アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana and Durres, Primate of Albania):
※元情報不明:
 (英語)Archbishop of Albania: The Orthodox Church bids farewell to an enlightened theologian and hierarch, Metropolitan Amfilohije – Orthodox Times

 

アメリカ正教会:
 アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington):
 (英語:アメリカ正教会【OCA】公式ウェブサイト)Metropolitan Tikhon Sends Condolences on the Falling Asleep of Metropolitan Amfilohije – Orthodox Church in America

 

 上記に入っていない方々について、モンテネグロ府主教庁の公式サイトを参考に付け加えておきます。

 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Изјаве саучешћа поводом упокојења Митрополита Амфилохија | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

3. Његово Блаженство Патријарх румунски Данило;

ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(ブカレスト大主教 : ムンテニア・ドブロジャ府主教 : カエサレア・カッパドキアエ座代行 : His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea, Locum tenens of the throne of Caesarea Cappadociae, Patriarch of the Romanian Orthodox Church)

8. Његово Високопреосвештенство Митрополит волоколамски, председник Одељења за спољне црквене везе Московске Патријаршије Иларион;

ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))
※ロシア正教会系のサイトのどこかに掲載があったかもしれません。

※なお、総主教自身による弔意発出が公式サイトなどに見当たらないルーマニア総主教ダニエル聖下までもが弔意を送ってきているとすると、ここまでで名前の出ていない東方正教会の教会はセルビア正教会との関係を維持する熱心さがほぼないと見ていいでしょう(ギリシャの正教会系メディアはアンフィロヒイェ府主教の訃報からその後まで報じていますが、ギリシャ系の教会がこれでは……なんのために報じているのか)。
関連:
 コンスタンティノープルは追悼をおこなったようです。
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下が、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下の追悼式(2020年11月)

 

その他のキリスト教:

ローマ・カトリック教会:
 ベオグラード大司教スタニスラヴ・ホチェヴァル座下(Archbishop Stanislav Hočevar, S.D.B.):
 (セルビア語【ラテン文字】」:ベオグラード大司教区 公式サイト)Mitropolija crnogorsko-primorska: Saopštenje za javnost – Beogradska nadbiskupija
※府主教庁の管理代行者であるブディムリャ・ニクシッチ主教ヨアニキイェ座下(His Grace Bishop Joanikije of Budimlja and Nikšić)宛てとなっています。

 

2. Преузвишени пожешки бискуп, председник већа ХБК за екуменизам и дијалог Антун Шкворчевић;

 クロアチアのポジェガ司教アントゥン・シュクヴォルチェヴィッチ座下(Bishop Antun Škvorčević, Bishop of Požega)
※エキュメニズム関連の役職のため発出したのではないでしょうか。
※カトリック教会の複数の司教らが弔意を送ってきているのに、ギリシャ人系聖職者はアルバニア大主教以外皆無とは……。

追記:
 枢機卿が弔意を表明しています。
 ローマ教皇庁キリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿座下が、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下への弔意を表明(2020年11月)

 

3. Епископална епархија Њујорка Епископалне Цркве у САД;

 これは米国聖公会のニューヨーク主教区からということになりますが。
 人物の名前が無いのですが、ニューヨーク主教アンドルー・ML・ディーチェ座下(The Right Reverend Andrew ML Dietsche, XVI Bishop of New York)からということになるでしょうか。
 米国聖公会からというのは正直意外極まりないですが、エキュメニズムの観点からなんでしょうか。
 もしかしたら離脱した別勢力かもしれません。

 

4. Надбискуп Југоисточне европске дијецезе Англиканске ортодоксне Цркве др Игор В. Ђуричек;

 アングリカンを離脱したアングリカン・オーソドックス・チャーチのセルビア・マケドニア・南東欧主教イゴール・ジュルチク座下(The Right Reverend Dr Igor Djurcik, Bishop Of Serbia, Macedonia and South East Europe)。

 

その他の宗教:

1. рабин Србије Исак Асиел;

2. председник Мешихата србијанског Исламске заједнице Србије, муфтија србијански др Абдулах еф. Нуман.

 

関連:
 葬儀:キリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下の葬儀がおこなわれる(2020年11月)

 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下を追悼(2020年10月)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア駐箚の英国大使と会見(2020年10月)

 2020年10月13日、、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、ロシア連邦駐箚英国特命全権大使デボラ・ブロンナート閣下(Her Excellency Deborah Bronnert CMG)と会見しました。

 会談では、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】、ロシア正教会とロシア国内の宗教間の話題、ロシア正教会と英国国教会(イングランド国教会)の交流、環境保護、宗教を基盤にした過激派活動の問題についてなどが取り上げられられたようです。

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)DECR chairman meets with British ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru

 

関連:
 キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア駐箚のイタリア大使館を訪問(2020年10月)英国、フランス、ギリシャ、ブルガリア、セルビア、レバノン、ブラジルの各大使らと会談