キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が教皇自発教令を発布。オプス・デイの管轄を司教省から聖職者省に変更。属人区長は司教とならなくなる、など(2022年7月)

 2022年7月22日、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)はオプス・デイに関する内容の教皇自発教令を発布しました。
 8月4日に発効します。

 オプス・デイの管轄を司教省から聖職者省に変更。属人区長は司教とならなくなる、などです。

※現在のオプス・デイ属人区長フェルナンド・オカリス・ブラーニャ師(Monsignor Fernando Ocáriz Braña)は属人区長となってから数年たちますが司教叙階を受けていません。

 属人区長は裁治権を有しており、今回の教令により、オプス・デイの組織に大きな変更が起こるわけではありません。
 ローマ教皇庁は今年に組織再編をおこなっており、これもまた一環である、と思われます。
 しかし、この内容では宗教的な理屈はともかくとしても単純にオプス・デイへの格下げがおこなわれたようにしか思えないのですが……。

 今回の自発教令はオプス・デイを対象にしていると取れますし、オプス・デイ以外に属人区(Personal Prelature)は成立していませんので、他への影響を考える必要はなさそうです。

※アングリカンの人々を受け入れるために設置された属人裁治区(Personal Ordinariate)は、発想を属人区から取り入れた部分はあるとはいえ別物ですので、今回の件には関係ありません。

 

 (英語:ローマ教皇聖座 公式サイト)Apostolic Letter issued “Motu proprio” of the Supreme Pontiff Francis “Ad charisma tuendum”, 22.07.2022

 

 (英語)Pope Francis adapts the norms of Opus Dei to the new apostolic constitution | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English :
Pope Francis adapts the norms of Opus Dei to the new apostolic constitution – YouTube

 

 (日本語版:オプス・デイ公式サイト)属人区長の手紙:自発教令『Ad charisma tuendum』について。 – オプス・デイ
 (日本語版:オプス・デイ公式サイト)自発教令の形式による使徒的書簡『アド・カリスマ・トゥエンドゥム』(Ad charisma tuendum):カリスマを守るため – オプス・デイ
 (日本語版:オプス・デイ公式サイト)自発教令『アド・カリスマ・トゥエドゥム』(Ad charisma tuendum)についてQ&A – オプス・デイ

 (英語アメリカ版:オプス・デイ公式サイト)Motu Proprio “Ad charisma tuendum”: Questions and Answers – Opus Dei
 (英語アメリカ版:オプス・デイ公式サイト)Letter from the Prelate regarding the Motu Proprio “Ad charisma tuendum” – Opus Dei

東方正教会の聖職者らから、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下を追悼するメッセージ(2020年10月)

 キリスト教/東方正教会の聖職者のうち、2020年10月30日に永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮、モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下(His Eminence Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral)への弔意を表明したという記事を見かけたらリンクしておきます。

※基本的に、キリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)にあてたもの。

 

セルビア正教会:
 ザグレブ=リュブリャナ府主教ポルフィリイェ座下(His Eminence Metropolitan Porfirije of Zagreb-Ljubljana):
 (セルビア語:セルビア正教会ザグレブ=リュブリャナ府主教庁 公式サイト)Митрополит Порфирије: Поводом уснућа Митрополита Амфилохија – Митрополија загребачко-љубљанска

Митрополит Порфирије: Поводом уснућа… – Mitropolija zagrebačko-ljubljanska | Facebook

 

 正教オフリド大主教庁の首座/オフリド大主教ヨヴァン6世座下(His Beatitude Archbishop Jovan VI of Ohrid):
 (マケドニア語:正教オフリド大主教庁公式サイト)Православна Охридска Архиепископија » Архиепископ » Преписка

 

アンティオキア総主教庁:
 ドイツ・中欧府主教イサク座下(His Eminence, the Most Reverend Metropolitan Isaac of Germany and Central Europe):
 (セルビア語)“Душе праведника су у руци Божијој, и… – Antiochenisch-Orthodoxe Metropolie von Deutschland und Mitteleuropa | Facebook

 

ロシア正教会モスクワ総主教庁:
 ロシア正教会の首座/モスクワ・ロシア全土【ルーシ全土】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】):
 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Condolences of the Primate of the Russian Orthodox Church over the demise of Metropolitan Amfilohije of Montenegro and the Littoral / Patriarch / Patriarchate.ru
 (ロシア語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)Патриаршее соболезнование в связи с кончиной митрополита Черногорско-Приморского Амфилохия / Патриарх / Патриархия.ru

 ウクライナ正教会の首座/キエフ・ウクライナ全土府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan OnufriyOnufry】 of Kiev and All Ukraine):
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会 公式サイト)Блаженніший Митрополит Онуфрій висловив співчуття Патріарху Сербському Іринею у зв'язку з кончиною митрополита Амфілохія – Українська Православна Церква

 ウクライナ正教会/バリシフカ主教ヴィクトル座下(His Grace Bishop Victor【Viktor】 of Baryshevka):
 (英語)UOC bishop of Metropolitan Amphilochius: We gain a man of prayer in heaven – UOJ – the Union of Orthodox Journalists

 在外ロシア正教会【ROCOR】首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America & New York):
 (英語:在外ロシア正教会【ROCOR】公式サイト)The Russian Orthodox Church Outside of Russia – Official Website | The First Hierarch of the Russian Church Abroad sends condolences to His Holiness Patriarch Irenej of Serbia on the repose of Metropolitan Amphilohije of Montenegro and the Littoral

 

ブルガリア正教会:
 ブルガリア総主教・ソフィア府主教ネオフィット聖下(His Holiness Patriarch Neophyte【Neofit】 of Bulgaria, Metropolitan of Sofia):
 (ブルガリア語:ブルガリア正教会 総主教庁 公式サイト)Новини | Съболезнователен адрес до Сръбския патриарх Ириней по повод кончината на Черногорския митрополит Амфилохий
 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Патријарх бугарски: Митрополит Амфилохије пример достојног пастира и скромног монаха | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

アルバニア正教会:
 アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana and Durres, Primate of Albania):
※元情報不明:
 (英語)Archbishop of Albania: The Orthodox Church bids farewell to an enlightened theologian and hierarch, Metropolitan Amfilohije – Orthodox Times

 

アメリカ正教会:
 アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington):
 (英語:アメリカ正教会【OCA】公式ウェブサイト)Metropolitan Tikhon Sends Condolences on the Falling Asleep of Metropolitan Amfilohije – Orthodox Church in America

 

 上記に入っていない方々について、モンテネグロ府主教庁の公式サイトを参考に付け加えておきます。

 (セルビア語:セルビア正教会 モンテネグロ・沿海府主教庁 公式サイト)Изјаве саучешћа поводом упокојења Митрополита Амфилохија | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

3. Његово Блаженство Патријарх румунски Данило;

ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(ブカレスト大主教 : ムンテニア・ドブロジャ府主教 : カエサレア・カッパドキアエ座代行 : His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea, Locum tenens of the throne of Caesarea Cappadociae, Patriarch of the Romanian Orthodox Church)

8. Његово Високопреосвештенство Митрополит волоколамски, председник Одељења за спољне црквене везе Московске Патријаршије Иларион;

ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))
※ロシア正教会系のサイトのどこかに掲載があったかもしれません。

※なお、総主教自身による弔意発出が公式サイトなどに見当たらないルーマニア総主教ダニエル聖下までもが弔意を送ってきているとすると、ここまでで名前の出ていない東方正教会の教会はセルビア正教会との関係を維持する熱心さがほぼないと見ていいでしょう(ギリシャの正教会系メディアはアンフィロヒイェ府主教の訃報からその後まで報じていますが、ギリシャ系の教会がこれでは……なんのために報じているのか)。
関連:
 コンスタンティノープルは追悼をおこなったようです。
 キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教バルソロメオス聖下が、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下の追悼式(2020年11月)

 

その他のキリスト教:

ローマ・カトリック教会:
 ベオグラード大司教スタニスラヴ・ホチェヴァル座下(Archbishop Stanislav Hočevar, S.D.B.):
 (セルビア語【ラテン文字】」:ベオグラード大司教区 公式サイト)Mitropolija crnogorsko-primorska: Saopštenje za javnost – Beogradska nadbiskupija
※府主教庁の管理代行者であるブディムリャ・ニクシッチ主教ヨアニキイェ座下(His Grace Bishop Joanikije of Budimlja and Nikšić)宛てとなっています。

 

2. Преузвишени пожешки бискуп, председник већа ХБК за екуменизам и дијалог Антун Шкворчевић;

 クロアチアのポジェガ司教アントゥン・シュクヴォルチェヴィッチ座下(Bishop Antun Škvorčević, Bishop of Požega)
※エキュメニズム関連の役職のため発出したのではないでしょうか。
※カトリック教会の複数の司教らが弔意を送ってきているのに、ギリシャ人系聖職者はアルバニア大主教以外皆無とは……。

追記:
 枢機卿が弔意を表明しています。
 ローマ教皇庁キリスト教一致推進評議会議長クルト・コッホ枢機卿座下が、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下への弔意を表明(2020年11月)

 

3. Епископална епархија Њујорка Епископалне Цркве у САД;

 これは米国聖公会のニューヨーク主教区からということになりますが。
 人物の名前が無いのですが、ニューヨーク主教アンドルー・ML・ディーチェ座下(The Right Reverend Andrew ML Dietsche, XVI Bishop of New York)からということになるでしょうか。
 米国聖公会からというのは正直意外極まりないですが、エキュメニズムの観点からなんでしょうか。
 もしかしたら離脱した別勢力かもしれません。

 

4. Надбискуп Југоисточне европске дијецезе Англиканске ортодоксне Цркве др Игор В. Ђуричек;

 アングリカンを離脱したアングリカン・オーソドックス・チャーチのセルビア・マケドニア・南東欧主教イゴール・ジュルチク座下(The Right Reverend Dr Igor Djurcik, Bishop Of Serbia, Macedonia and South East Europe)。

 

その他の宗教:

1. рабин Србије Исак Асиел;

2. председник Мешихата србијанског Исламске заједнице Србије, муфтија србијански др Абдулах еф. Нуман.

 

関連:
 葬儀:キリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下の葬儀がおこなわれる(2020年11月)

 現在セルビア王室を称するユーゴスラビア皇太子アレクサンダル2世殿下夫妻が、永眠したキリスト教/セルビア正教会の重鎮/モンテネグロおよび沿海の府主教アンフィロヒイェ座下を追悼(2020年10月)新型コロナウイルス感染症【COVID-19】

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア駐箚の英国大使と会見(2020年10月)

 2020年10月13日、、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))は、ロシア連邦駐箚英国特命全権大使デボラ・ブロンナート閣下(Her Excellency Deborah Bronnert CMG)と会見しました。

 会談では、新型コロナウイルス感染症【COVID-19】、ロシア正教会とロシア国内の宗教間の話題、ロシア正教会と英国国教会(イングランド国教会)の交流、環境保護、宗教を基盤にした過激派活動の問題についてなどが取り上げられられたようです。

 

 (英語:ロシア正教会 モスクワ総主教庁 公式サイト)DECR chairman meets with British ambassador to Russia / News / Patriarchate.ru

 

関連:
 キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、ロシア駐箚のイタリア大使館を訪問(2020年10月)英国、フランス、ギリシャ、ブルガリア、セルビア、レバノン、ブラジルの各大使らと会談

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下のモーリシャス訪問(2019年9月)

 アフリカ三ヶ国を歴訪中のキリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)のモーリシャス共和国訪問時の映像・記事などを少しリンクしておきます。
 同国大統領代行(副大統領)バーレン・ヴァイアプリ閣下(Barlen Vyapoory)らと会見しています。

 

Vatican News – English:
Pope Francis-Port Louis-Holy Mass 2019-09-09 – YouTube

 

インド洋聖公会のモーリシャス主教イアン・アーネスト座下(The Right Reverend Ian Ernest, Bishop of Mauritius)のコメント/
Vatican News – English:
Anglican Archbishop of Mauritius on Pope's Apostolic visit – YouTube

 

Vatican News – English:
Pope Francis-Port Louis-Departure Ceremony 2019-09-09 – YouTube

 

Vatican News – English:
Pope celebrates Mass in Mauritius: Video News – YouTube

 

 アフリカ東部3国歴訪:教皇、モーリシャスへ – バチカン・ニュース
 教皇「人間を中心とした経済政策を」モーリシャスの各界代表との出会い – バチカン・ニュース
 教皇、モーリシャスでミサ、青年司牧の重要性を強調 – バチカン・ニュース
 ビデオで見る教皇のモーリシャス訪問(2019.9.9) – バチカン・ニュース
 教皇、アフリカ東部の3カ国歴訪を終了 – バチカン・ニュース

 

キリスト教/ローマ・カトリック教会/「南十字星の聖母の属人裁治区」第2代裁治権者にカール・レオナード・リード司祭が着座(2019年8月)

 2019年8月27日、キリスト教/ローマ・カトリック教会で、アングリカン系統の教会を離脱した人々のために設けられた属人裁治区のうちでオーストラリア連邦に設置されている(ローマ教皇聖座直轄)「南十字星の聖母の属人裁治区(Personal Ordinariate of Our Lady of the Southern Cross)」の第2代裁治権者カール・レオナード・リード司祭(Priest Carl Leonard Reid, Ordinary of Our Lady of the Southern Cross)が着座したようです。今年3月に叙任。

 

St Mary’s Cathedral Sydney:
Installation Mass for the New Ordinary of the Ordinariate of Our Lady of the Southern Cross – YouTube

 

A Wonderful occasion.Thanks be to God – Personal Ordinariate of Our Lady of the Southern Cross | Facebook