キリスト教/コプト正教会首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下が、ローマ教皇庁教理省長官ビクトル・マヌエル・フェルナンデス枢機卿座下らと会見(2024年5月)

 2024年5月22日、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)は、ローマ教皇庁教理省長官ビクトル・マヌエル・フェルナンデス枢機卿座下(His Eminence Victor Manuel Cardinal Fernández, Prefect of the Dicastery for the Doctrine of the Faith)と会見しました。

 コプト正教会側の公式ウェブサイトの記載から取れるのは(英語版の記事はときどき変になるので注意ですが)、2024年3月に出された、いわゆる同性婚(so-called same-sex marriage)を拒否する同教会の聖シノドの声明に対し、今回の訪問時に枢機卿がこれに賛同した、ということです。
 2023年末に、ローマ教皇庁が、同性カップルを祝福できるという見解を示したと報道された後に、東方の教会ではこれに対して神学的対話への影響や中止に関する議題があがりました。
 枢機卿は、同性婚にカトリック教会が賛成しているわけではないことを伝えています。

 枢機卿には、エジプト駐箚ローマ教皇大使ニコラス・ヘンリー・マリー・デニス・テヴナン大司教座下(アエクラヌム名義大司教 : Archbishop Nicolas Henry Marie Denis Thevenin, Titular Archbishop of Aeclanum, Apostolic Nuncio to Egypt, Apostolic Nuncio to Oman)が同行(なぜかコプト正教会の記事では毎回 Cardinal と表記されますが……)。

 

 (英語:コプト正教会 公式ウェブサイト)H.H. Pope Tawadros II Receives Cardinal Victor Fernandez, Envoy of the Pope of the Vatican, and Head of the Vatican’s Department of Doctrine and Faith – Coptic Orthodox Church

قداس… – Coptic Orthodox Church – الكنيسة القبطية الأرثوذكسية | Facebook

 

追記:
 バチカンニュース(英語版)でも記事が出たのでリンクしておきます。

 Fiducia supplicans: Fernández Visits Tawadros – Vatican News

 

追記2:
 ROME REPORTS も映像付きで記事を出しました。
 東西教会の融和(が進まない原因となりうる)ということで注目が高かった項目ということでしょうか。

 (英語)Vatican seeks to clear up misunderstandings with Coptic Church over same-sex blessings – Rome Reports

ROME REPORTS in English:
Vatican seeks to clear up misunderstandings with Coptic Church over same sex blessings – YouTube

キリスト教/中東のオリエント正教会(コプト正教会、シリア正教会、アルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁)の第14回首座会合がおこなわれる(2024年5月)

 2024年5月10日、キリスト教/中東のオリエント正教会(コプト正教会、シリア正教会、アルメニア使徒教会キリキア・カトリコス庁)の第14回首座会合がおこなわれました。

 コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)、
 シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)
 アルメニア使徒教会(アルメニア正教会)キリキア・カトリコスのアラム1世聖下(His Holiness Aram I, Catholicos of the Great House of Cilicia【Catholicos of the Holy See of Cilicia】)
 の三者の会合がエジプトで開催。

 中東のキリスト教の現状についてや、相互の教会の関係、ガザなどの話題が取り上げられました。
 共同声明がまとめられ、エジプト大統領選挙でのシシ大統領の再選への祝意も盛り込まれたようです。

 

 (英語:コプト正教会 総主教庁 公式ウェブサイト)The Fourteenth Meeting of the Patriarchs of the Oriental Orthodox Churches in the Middle East – Coptic Orthodox Church
 (英語:アルメニア使徒教会 キリキア・カトリコス庁 公式ウェブサイト)Aram I., Tawadros II, and Aphrem II Meet in Cairo – Armenian Church Catholicosate of Cilicia

Coptic Orthodox Church(コプト正教会 総主教庁 公式チャンネル):
اللقاء الرابع عشر للآباء بطاركة الكنائس الأرثوذكسيّة الشرقيّة في الشرق الأوسط 10-05-2024 – YouTube

 

 (英語)Patriarchs of the Oriental Orthodox Churches in the Middle Call for Peace in Middle East, Condemn Violence in Gaza – Orthodoxy Cognate PAGE

 

 コプト正教会より、
 クサイア・ミール主教【アルクサヤ・ミール主教】“アンバ”・トマス座下(His Grace Anba Thomas, Bishop of Alqousaya and Meer)、
 北シュブラ教会代主教“アンバ”・アンゲロス座下(His Grace Anba Angelos, General Bishop of North Shoubra Churches)、

 シリア正教会より、
 ホムス・ハマ・タルトゥース及び近郊大主教“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Archbishop of Homs, Hama, Tartous and Environs)
 ベイルート大主教“モル”・クレーミス・ダニエル・クーリエフ座下(His Eminence Mor Clemis Daniel Kourieh, Archbishop of Beirut)、

 キリキア・カトリコス庁より、
 ナレグ・アレメジャン大主教座下(His Eminence Archbishop Dr Nareg Alemezian, Ecumenical Officer)
 シリア駐箚使徒座使節マガル・アシュカリャン主教座下(His Grace Bishop Magar Ashkarian, Pontifical Nuncio to the Prelacy of Syria)
 らが同席。

 

 前日の、5月9日、イグナティウス・アフレム2世とアラム1世がエジプトに到着しています。

 コプト正教会側から、
 クサイア・ミール主教【アルクサヤ・ミール主教】“アンバ”・トマス座下(His Grace Anba Thomas, Bishop of Alqousaya and Meer)、
 北シュブラ教会代主教“アンバ”・アンゲロス座下(His Grace Anba Angelos, General Bishop of North Shoubra Churches)、
 エクリマンドス主教座下(His Grace Bishop Eklimandos, General Bishop of the churches of Almaza, Al Amal City and East Nasr City)
 らが出迎え。

 シリア正教会では、
 ホムス・ハマ・タルトゥース及び近郊大主教“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Archbishop of Homs, Hama, Tartous and Environs)
 ベイルート大主教“モル”・クレーミス・ダニエル・クーリエフ座下(His Eminence Mor Clemis Daniel Kourieh, Archbishop of Beirut)、
 らがイグナティウス・アフレム2世を出迎え。
 イグナティウス・アフレム2世には、“モル”・ウジーン・アル=クーリー・ネマト大主教座下(His Eminence Archbishop Mor Augeen Al-Khoury Nemat, Patriarchal Secretary)が同行。

 

 (英語:コプト正教会 総主教庁 公式ウェブサイト)H.H. Pope Tawadros II Receives H.H. Moran Mor Ignatius Aphrem II, Patriarch of Antioch for the Syriac Orthodox, and H.H. Catholicos Aram I, Armenian Orthodox Catholicos of the Great House of Cilicia – Coptic Orthodox Church

 

Facebook
https://www.facebook.com/reel/673498168236755

 

Facebook
https://www.facebook.com/reel/272961555811247

 

اللق… – Coptic Orthodox Church – الكنيسة القبطية الأرثوذكسية | Facebook

 

‎اللقاء… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

قداسة البابا تواضروس الثاني يستقبل صاحبا القداسة مار أغناطيوس أفرام الثاني بطريرك أنطاكية للسريان الأرثوذكس والكاثوليكوس آرام الأول كاثوليكوس الأرمن… | By ‎Coptic Orthodox Church – الكنيسة القبطية الأرثوذكسية‎Facebook | Facebook

 

H.H…. – Coptic Orthodox Church – الكنيسة القبطية الأرثوذكسية | Facebook

 

قداس… – Coptic Orthodox Church – الكنيسة القبطية الأرثوذكسية | Facebook

 

XユーザーのMor Aphrem IIさん: 「Starting the day with a prayer asking God for His blessings upon our meeting and our people throughout the world #OrientalOrthodox https://t.co/qsm2wvjxhY」 / X

 

XユーザーのMor Aphrem IIさん: 「Arrived in Cairo for the meeting of the heads of the Oriental Orthodox Churchs in the Middle East: Their Holiness Pope Twawdros II @PopeTawadros and Catholicos Aram I @CatholicosAramI #OrientalOrthodox https://t.co/29pQkkeXBU」 / X

 

قداسة… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

Facebook
https://www.facebook.com/reel/415223127982882

 

XユーザーのArmenian Churchさん: 「https://t.co/MLKURV46BP」 / X

キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの府主教が、アレクサンドリア総主教庁のジンバブエ府主教が女性輔祭を叙聖した件について猛批判したというニュースに続き、それに対する反論など(2024年5月)

既報:
 キリスト教/東方正教会アレクサンドリア総主教庁のジンバブエ府主教セラフィム座下が、女性輔祭を叙聖(2024年5月)

 上記の出来事に関して、 Romfea.gr によると(あるいは他に同様な報道をしているところによると)、府主教個人のFacebook アカウント(ギリシャ語で検索しても見つかりませんでした)でのコメントらしいのですが、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルのイコニウム府主教セオレプトス座下(リカオニア全土における首座代行 : His Eminence Metropolitan Theoleptos of Iconium, Exarch of All Lycaonia)が、この叙聖を屈辱と述べ、猛批判した、というような報道が出ています。
 同・府主教は、バルソロメオス総主教や(次期総主教の有力候補である)エルピドフォロス大主教に近いと見られていますが、一方、以前の人事でコンスタンティノープルの中枢からは外されているとみる向きもあり、今回の私見がどの程度コンスタンティノープルを代表している感覚なのかはわかりません(そもそも該当アカウントを発見できていませんが……)。

 

 (ギリシャ語)Ικονίου Θεόληπτος: «Η χειροτονία αυτή είναι εξευτελισμός»

Romfea.gr – Romfaia.gr | Facebook

 

 一方、セオレプトス府主教のこの屈辱という見解に対しても、反論などが述べられており、

ジンバブエ府主教区から:
 The Metropolis of Zimbabwe offers insight into the Ordination of Deaconess Angeliki | Orthodox Times (en)

 そしてもう一つ。 

 (ギリシャ語)Απάντηση στον Μητροπολίτη Ικονίου Θεόληπτο – ΕΚΚΛΗΣΙΑ ONLINE

 こちらのほうは、アテネ大学の教授が述べているようなのですが、セオレプトス府主教を嘲笑するような内容にしか受け取れません。

 

 そもそも、古代の Deaconess の役割についても議論があるわけです。一番厳しい見方は、アレクサンドリアがおこなったことは古代にあったことの再現ではなく、別のことをおこなっている、すなわち単なる異端な行為であるとする立場です(当方にはその是非は判別できませんが)。この立場をとる人々は、東方正教会の教会法上合法な教会の中に、アレクサンドリア総主教庁はもはや存在しない、ということになるでしょう(アレクサンドリアは引く気がまったくなさそうなので)。
 Deaconess に(東方正教会の中で)賛成している人々は、古代の Deaconess は、明確に廃止されたものではないため、今回の件は、教えとして問題はない、というようなことが(古代と絡める議論に関しては)だいたいの認識のようです。
 セオレプトス府主教(一番上にリンクした記事の文章)は、古代の例について、アレクサンドリアが今回やったことと同じとみたうえで、もう必要がないままずっと来ているものを、雑に唐突におこなうのは無価値で屈辱としているようで、これを一貫性がある認識と受け取れるかどうかは人によると思います。

 なお、カトリックのローマ教皇フランシスコ聖下は古代の例は現代の議論とは関係ないとしています(詳細まで確認していませんが)。
 カトリックでは、 Deaconess に関する検討を進める委員会(?)があるはずで、そちらの検討がどうなるかによるでしょうか。

 いずれにせよ、セオレプトス府主教の見解とされるものが、本当に正式な府主教の見解なのかがまず問われたうえで(なにせ個人のアカウントで、記事からリンクもされていないので)、コンスタンティノープルとしてなにか見解を出すのかどうかというのが、次の注目になるでしょうか。

キリスト教/東方正教会アレクサンドリア総主教庁のジンバブエ府主教セラフィム座下が、女性輔祭を叙聖(2024年5月)

 2024年5月2日、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁のジンバブエ・アンゴラ府主教セラフィム座下(His Eminence Metropolitan SeraphimSerafim】 (Kykkotis) of Zimbabwe and Angola)は、エンジェリック・モレンAngelic Molen)という女性を女性輔祭(Deaconess : 女性助祭)に叙聖したということです。

 アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)と聖シノドの承認によるものですが、(例によって)他の東方正教会の教会との事前の調整は一切ありません。

 おそらくですが、今回の件をスルーする教会、認める教会、場合によってはコミュニオンを解除する教会にわかれると思われます。
 また、ロシア正教会がアフリカにおける総主教代理庁(Patriarchal Exarchate of Africa)を設置し、(コミュニオンを相互に切っている)アレクサンドリア総主教庁と対立していますが、今回のアレクサンドリア総主教庁の行動により、女性輔祭という存在を支持しない人々がロシア正教会(のアフリカにおける総主教代理庁)の支持に回ることも考えられます。

※この話題は、広範囲に影響を与える可能性がありますので、重要だと思われる方は、細かい事実や最新の情報をご自身で熱心に追われることをお勧めします。

 

 (英語)Metropolitan Serafim of Zimbabwe Ordained Angelic Molen as Deaconess – Orthodoxy Cognate PAGE

Orthodoxy Cognate PAGE:
Breaking News: Dr. John G. Panagiotou Responds to the Ordination of Orthodox Deaconess in Zimbabwe – YouTube

XユーザーのOCP®Tweetsさん: 「Metropolitan Serafim of Zimbabwe Ordained Angelic Molen as Deaconess https://t.co/YsNz57T2GN #MetropolitanSerafim #Zimbabwe #Ordained #Angelic_Molen #Deaconess #orthodoxdeaconess #Greek_Orthodox #Patriarchate_of_Alexandria #panorthodoxy #easternorthodoxy #ocpnews」 / X

 

 (英語)Eastern Orthodox Church ordains Zimbabwean woman as its first deaconess

 (ギリシャ語)Χειροτονήθηκε η πρώτη γυναίκα διακόνισσα στην Ι.Μ. Ζιμπάμπουε!!

 

追記:
 2024年5月4日、セラフィム府主教は、エンジェリック女性輔祭を女性輔祭(訳語訂正)女性輔祭(Archdeaconess)に昇叙したという情報が出ています。
 全体の状況も今一つはっきりしないので、新しい情報を待つことにします。

 

関連:
 キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの府主教が、アレクサンドリア総主教庁のジンバブエ府主教が女性輔祭を叙聖した件について猛批判したというニュースに続き、それに対する反論など(2024年5月)

キリスト教/コプト正教会首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下が、シナイ正教会首座/ダミアノス大主教座下と会見(2024年4月)

 2024年4月10日、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)は、キリスト教/東方正教会/シナイ正教会の首座/シナイ・ファラン・ライソ大主教ダミアノス座下(His Beatitude Archbishop Damianos of Sinai, Faran【Farum】 and Raitho【Raithu】, and Abbot of the Holy Monastery of Saint Catherine of Mount Sinai)と会見しました。

 

 (英語:コプト正教会 公式ウェブサイト)H.H. Pope Tawadros II Receives H.E. Metropolitan Dmitri Samatzis Demanios, Archbishop of St. Catherine’s Monastery – Coptic Orthodox Church

 (英語)Pope Tawadros II and Damianos of Sinai Discuss Cooperation, Social Service, and Education – Orthodoxy Cognate PAGE

قداس… – Coptic Orthodox Church – الكنيسة القبطية الأرثوذكسية | Facebook