シスマ2018:キリスト教/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、コンスタンティノープルとモスクワの調停を試みる方向で準備との報道(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 2018年10月13日、キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教庁のパンテレイモン主教(下記リンク先文中には司祭とも書いてるので記事の執筆者がどういう人物だかよくわかっていないのかもしれません : 引退している主教以上の人物の中にアンティノポリス大主教パンテレイモン座下(His Eminence Archbishop Panteleimon of Antinopolis)という方がいますが……)という人が、アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)が、ウクライナでの問題に関して、コンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の間の調停をおこなうだろうと述べたようです。
 現在、聖下はジンバブエ共和国を訪問しているので、正式決定はされていませんが、準備は始まっており、帰国次第、モスクワとイスタンブールを訪問するだろうということです。

 本当なのかということと、いまさらなにをするのかという点が気になります。

 

 (セルビア語)Може ли александријски патријарх да помири Москву и Цариград – Спутњик Србија

 (セルビア語:セルビア正教会モンテネグロ・プリモルスカ府主教庁公式サイト)Може ли Александријски патријарх да помири Москву и Цариград | Православна Митрополија црногорско-приморска (Званични сајт)

 

追記:
 ロシア正教会の聖シノドが10月15日なので、そこでコンスタンティノープルの全地総主教庁との関係断絶が決まってしまう可能性もあります。

 

追記2:
 ロシア語の記事と、それに依拠した英語の記事へのリンクを追加しておきます。

 (ロシア語)Александрийский патриарх может посетить Москву и Стамбул как посредник – РИА Новости, 13.10.2018

 (英語)Patriarch of Alexandria could visit Moscow, Constantinople as mediator / OrthoChristian.Com

 

キリスト教/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下がジンバブエを訪問、ジンバブエ大統領ムナンガグワ閣下と会見(2018年10月)

 キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)は、ジンバブエ共和国を訪問しました。

 聖下は総主教選出までジンバブエ府主教を務めていました。
 セオドロス2世聖下の選出は2004年10月9日ですが(着座は10月24日)、ちょうど14周年となる2018年10月9日にジンバブエ共和国大統領エマソン・ダンブゾ・ムナンガグワ閣下(His Excellency Emmerson Dambudzo Mnangagwa)と会見しました。
 なお、一般的にカメルーン府主教時代に続きジンバブエ教区長時代も府主教と表記されていますが、下記リンクの動画中や記事で「ジンバブエ大主教【Archbishop of Zimbabwe】」となっています。おそらくは(少なくとも最終的には)ジンバブエ大主教だったのでしょう。

※英語通訳が同行していて、聖下が英語を話せないらしいことを初めて知りました。

 

Zimpapers Digital:
His Beatitude, the Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa Theodoros II – YouTube

 

 (英語)Pope Theodoros II pledges to market Zim | The Herald
 (英語)Zim future bright, Greek church leader | ZBC News Online

 (ギリシャ語:東方正教会アレクサンドリア総主教庁公式サイト)— [ Greek Orthodox ] — | ΕΟΡΤΑΣΜΟΙ ΣΤΟ ΧΑΡΑΡΕ ΓΙΑ ΤΗ 14Η ΕΠΕΤΕΙΟ ΤΗΣ ΕΚΛΟΓΗΣ ΤΟΥ ΑΛΕΞΑΝΔΡΙΝΟΥ ΠΡΟΚΑΘΗΜΕΝΟΥ
 (ギリシャ語:東方正教会アレクサンドリア総主教庁公式サイト)— [ Greek Orthodox ] — | ΣΥΝΑΝΤΗΣΗ ΠΑΤΡΙΑΡΧΟΥ ΑΛΕΞΑΝΔΡΕΙΑΣ ΜΕΤΑ ΤΟΥ ΠΡΟΕΔΡΟΥ ΤΗΣ ΖΙΜΠΑΜΠΟΥΕ

 (ギリシャ語)Συνάντηση Πατριάρχη Αλεξανδρείας με τον Πρόεδρο της Ζιμπάμπουε

 

The Herald Zimbabweさんのツイート: "CURRENT SITUATION: HE, President ED Mnangagwa meets His Divine Beatitude, the Pope and Patriarch of the Great City of Alexandria of Egypt and All Africa, Theodoros II. @Michellehakata @TafadzwaMugwadi @HChikwanha @manoc9 @caesarzvayi 📸 by Justin Mutenda… https://t.co/wWfOc8HbbD"

 

The Herald Zimbabweさんのツイート: "The meeting is taking place at President Mnangagwa's Munhumutapa Offices, Harare. His Divine, Theodoros II has met global leaders before and those include President of the Russian federation, HE Mr Vladimir Putin before. @Michellehakata @TafadzwaMugwadi @_cosatu @HChikwanha… https://t.co/K9bCUJunlr"

President of the Russian federation, HE Mr Vladimir Putin

 セオドロス2世聖下が会見した世界の指導者として、あえてロシア連邦大統領ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン閣下(His Excellency Mr Vladimir Vladimirovich Putin)の名前をツイートに含めています。
 深い意味はないのかもしれませんが、ジンバブエでのプーチン大統領の重要性を示しているか、あるいはセオドロス2世聖下が親ロシアであると認知されているかの、いずれかであるかもしれません。

 

TOP STORIES: The Pope and Patriarch of… – The Herald-Zimbabwe | Facebook

 

ZBC News Onlineさんのツイート: "Zim future bright, Greek church leader: https://t.co/p2VlbjZogE… "

 

シスマ2018:ウクライナのメディアが、キリスト教/コンスタンティノープルの全地総主教庁で木曜日まで非公開のシノドが始まったと報道。議題は発表されず(2018年10月)

【シスマ2018】東方正教会大分裂: ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事及びその他のシスマ的な出来事の記事一覧

 

 ウクライナからの報道によりますと、2018年10月9日、キリスト教/東方正教会/コンスタンティノープルの全地総主教庁で木曜日まで非公開のシノドが始まったようです。

※ギリシャ系のメディアの報道が見当たらないので、万が一のフェイクニュースの可能性もありますが……。

 ともあれ、議題は発表されていませんが、ウクライナへの独立正教会設置の認定とみられています。

 

 (ウクライナ語)Розпочався Синод, який може вирішити долю української автокефалії – BBC News Україна

 

 早ければ10月11日にウクライナ正教会に独立正教会が設置されると発表されます。

 さて、ロシア正教会側は不思議なほど打てる手がありません。
 ユーカリスト・コミュニオンは解除するでしょうが、それにどれだけ意味があるかは不明で、そもそも今よりも厳しい状況ではない時期に解除がおこなわれたこともあり、これに留まるだけであるのなら敗北でしょう。
 かといって、 excommunication や anathema のような破門は他教会の理解は(ここまできてもなお)得られないでしょう。もちろんそれを覚悟で宣言する可能性はあります。

 ほかに打てる手としては、アンティオキア総主教庁になにか動いてもらうことですが、同庁自体がエルサレム総主教庁との問題が解決できておらず、シスマを加速するだけになるかもしれません(いっそ加速させようということでモスクワと合意するかもしれませんが……)。

 アレクサンドリア総主教庁の行動が極めて重要になってきています。
 もし同庁が最期までロシア正教会の味方をしてくれるならば、モスクワ総主教庁はアレクサンドリア総主教庁を新しい“first among equals”に推すだけです。
 アレクサンドリア総主教の“Pope”称号も、これまで「教皇」とするのは例外的でしたが、転換点となるかもしれません。
 エルサレム総主教庁がコンスタンティノープルの全地総主教庁と縁を切ることは極めて考えにくいため、エルサレムと対立してきたアンティオキア総主教庁の合意も得られる可能性はあり、ある程度綺麗な分裂に向かっていくかもしれません。
 とはいえ、アレクサンドリアがそこまで踏み切れるかというと、難しいかとも思われます。
「ここは耐えよう」と説得されるかもしれません。

 とはいえ、なにもしないことはモスクワの敗北を意味します。「モスクワは第三のローマ」ではなく「モスクワはモスクワ」ということになれば、ロシア連邦という国家の権威も落ちる可能性もあります。

 古代四総主教庁が現在位置する国家は、
 コンスタンティノープル = トルコ、
 アンティオキア = シリア
 エルサレム = イスラエル(実効支配)、パレスチナ
 アレクサンドリア = エジプト
 です。
 シリアはロシアとの関係は緊密で、エジプトもロシアとは友好的、トルコ・イスラエルとは政治的な駆け引きがおこなわれる可能性がある程度あります。
 舞台は政治に移るのか。

 

 いずれにせよ、全地総主教庁がウクライナに独立正教会を設置した場合、東方正教会に関連する地域への渡航や、(日本にも存在しますが)東方正教会系統の聖堂・修道院・遺跡などには近づかないほうが良いかもしれません。
 特にウクライナ。個人的には、外務省は「レベル3 渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」を全域に出すべきだと思います。

 

キリスト教/コプト正教会首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下が、ニューヨークにあるエジプト領事館を訪問(2018年10月)2週間以上前から訪米中

 2週間以上前からアメリカ合衆国を訪問中のキリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)は、ニューヨークにあるエジプト領事館を訪問しました。

 

Christian Youth Channel:
HH Pope Tawadros II visit the Egyptian Consulate in NewYork – YouTube

 

※なお、訪問がこんなに長くなるとは知らなかったので、エジプト帰国後に記事を出せばいいと思っていたまま、現在にいたります。

 

シスマ2018:キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下がウクライナ正教会首座/キエフ府主教オヌフリー座下と共同礼拝(2018年9月)アガファンゲル府主教座下の80歳を祝う

【シスマ2018~】 ウクライナへの独立正教会設置を巡るコンスタンティノープルの全地総主教庁とロシア正教会モスクワ総主教庁の対立とそれに端を発した出来事の記事一覧

 

訪問関連:
 キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下が、ロシア正教会系のウクライナ正教会のオデッサ教区を訪問、教会法上合法である同教会とその首座のキエフ府主教オヌフリー座下への支持をあらためて表明(2018年9月)
 キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア総主教セオドロス2世聖下によるウクライナ正教会オデッサ教区訪問2日目(2018年9月)ロシア正教会系のウクライナ正教会及びモルドバ正教会の主教らと共同礼拝

 

 2018年9月29日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の管轄下で自治的な権限を行使するウクライナ正教会のオデッサ教区を訪問中のキリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)は、ウクライナ正教会の首座/キエフ・全ウクライナ府主教オヌフリー座下(His Beatitude Metropolitan Onufriy of Kiev and All Ukraine)と共同で礼拝をおこないました。
 また、ウクライナ正教会のオデッサ・イズマイル府主教アガファンゲル座下(アハファンヘル府主教 : His Eminence Agafangel, Metropolitan of Odessa and Izmail)の80歳が祝われたようです。
 モルドバ正教会の首座/キシナウ・全モルドバ府主教ヴラジミール座下(His Eminence Metropolitan Vladimir of Chişinău and All Moldova)、ウンゲニ・ニスポレニ主教ペトル座下(His Grace Petru, Bishop of Ungheni and Nisporeni)らが参列。

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Проповедь в день памяти прп. Кукши Одесского – YouTube

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
День памяти преподобного Кукши Одесского – YouTube

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Патриаршее богослужение в Измаиле – YouTube

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Слова и приветствия после Богослужений в Измаиле – YouTube

 

Одесская епархия(ウクライナ正教会オデッサ教区公式チャンネル):
Встреча Патриарха Александрийского и Блаженнейшего митрополита Киевского и всея Украины в Измаиле – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)His Beatitude Patriarch Theodore II of Alexandria and His Beatitude Metropolitan Onufry of Kiev celebrate Liturgy at the Monastery of the Holy Dormition in Odessa | The Russian Orthodox Church

 (英語:モルドバ正教会公式サイト)Orthodox Church of Moldova – Metropolis of Chişinău and all Moldova | H.E. Vladimir, Metropolitan of Chisinau and Moldova, participated in the Divine Liturgy on the celebration of the 80th anniversary of Metropolitan Agafangel of Odesa and Ismail

 (ロシア語:ウクライナ正教会オデッサ教区公式サイト)Православная Одесса | Блаженнейший Патриарх Александрийский Феодор II и Блаженнейший митрополит Киевский и всея Украины Онуфрий совершили Божественную литургию в Свято-Успенском Одесском мужском монастыре

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Блаженніший Патріарх Феодор II та Блаженніший Митрополит Онуфрій звершили святкове богослужіння в Одесі
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Предстоятель: Добрими справами слід не «піаритися», а робити їх потаємно (+відео) – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Предстоятель Олександрійської Церкви: Молімося на колінах, щоб був мир в Україні – Українська Православна Церква
 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Блаженніший Патріарх Феодор і Блаженніший Митрополит Онуфрій очолили всенічне бдіння у Свято-Покровському соборі Ізмаїла (+відео) – Українська Православна Церква

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Блаженнейший Патриарх Феодор II и Блаженнейший митрополит Онуфрий совершили Литургию в Успенском монастыре Одессы / Новости / Патриархия.ru
 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Блаженнейший Патриарх Александрийский Феодор II и Блаженнейший митрополит Киевский Онуфрий совершили Литургию в Успенском монастыре Одессы | Русская Православная Церковь

 (ルーマニア語:モルドバ正教会公式サイト)ÎPS Părinte Mitropolit Vladimir a participat la Slujba praznicală prilejuită de cea de a 80-a aniversare a ÎPS Părinte Agafanghel, Mitropolit de Odesa și Ismail | Mitropolia Chişinăului şi a Întregii Moldove
 (ルーマニア語:モルドバ正教会ウンゲニ・ニスポレニ教区公式サイト)În ziua pomenirii cuviosului Cucșa al Odessei Preasfințitul PETRU, Episcop de Ungheni și Nisporeni a participat la Sfânta Liturghie în mănăstirea „Adormirea Maicii Domnului” din orașul Odessa
 (ルーマニア語:モルドバ正教会ウンゲニ・ニスポレニ教区公式サイト)Preasfintitul episcop PETRU a luat parte la Slujba privegherii in Catedrala din Ismail
 (ルーマニア語)ÎPS Părinte Mitropolit Vladimir a participat la Slujba praznicală prilejuită de cea de a 80-a aniversare a ÎPS Părinte Agafanghel, Mitropolit de Odesa și Ismail – Portalul "Moldova Ortodoxă" | Portalul "Moldova Ortodoxă"