キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表(2020年10月)

 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表しました。
 11月28日に教皇枢密会議にて昇叙される予定。
 9人は教皇選挙権を持つ80歳未満の模様(120人までという話はどこへいったのか……)。

 

Vatican News – Italiano:
L’annuncio di Francesco: 13 nuovi cardinali per la Chiesa – YouTube

 

 教皇、11月28日に枢機卿会議招集、13名の新枢機卿発表 – バチカン・ニュース

 (英語:バチカン・ニュース)Pope announces a consistory for the creation of 13 new cardinals – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)An introduction to the 13 new Cardinals announced by Pope Francis – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)New Cardinal-elects express surprise and gratitude – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)Cardinal-elect Antoine Kambanda: Being a Cardinal is a joy, a great burden, and a challenge – Vatican News

 

 (英語)Pope Francis announces that he will appoint new cardinals in November | ROME REPORTS

Pope Francis announces that he will appoint new cardinals in November – YouTube

 

※後で追記します。

13人は、

 

Bishop Mario Grech – General Secretary of the Synod of Bishops

ローマ教皇庁シノドス事務局事務局長マリオ・グレック司教座下(Bishop Mario Grech, General Secretary of the Synod of Bishops)
国籍:マルタ共和国

 

Bishop Marcello Semeraro – Prefect of the Congregation for the Causes of Saints

ローマ教皇庁列聖省長官マルチェッロ・セメラーロ司教座下(Bishop Marcello Semeraro, Prefect of the Congregation for the Causes of Saints)
国籍:イタリア共和国

 この方は、列聖省長官への起用により、枢機卿昇叙が確実視されていました。

関連:
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、マルチェッロ・セメラーロ司教座下をローマ教皇庁列聖省長官に、フリドリン・アンボンゴ・ベスング枢機卿座下を7人目のローマ教皇顧問枢機卿評議会議員に任命(2020年10月)

 

Archbishop Antoine Kambanda – Archbishop di Kigali (Rwanda)

キガリ大司教アントワーヌ・カンバンダ座下(Archbishop Antoine Kambanda, Archbishop of Kigali)

国籍:ルワンダ共和国

 

Archbishop Wilton Daniel Gregory, Archbishop of Washington, DC (USA)

ワシントン大司教ウィルトン・ダニエル・グレゴリー座下(セント・トーマス使徒座管理 : Archbishop Wilton Daniel Gregory, Archbishop of Washington, Apostolic Administrator of Saint Thomas)

国籍:アメリカ合衆国

 

Archbishop Jose Fuerte Advincula – Archbishop of Capiz, Philippines

カピス大司教ホセ・フエルテ・アドヴィンクラ座下(Archbishop Jose Fuerte Advincula, Archbishop of Capiz)

国籍:フィリピン共和国

 

Archbishop Celestino Aós Braco, O.F.M. Cap – Archbishop of Santiago, Chile

国籍:チリ共和国スペイン王国

 

Bishop Cornelius Sim – Apostolic Vicar of Brunei

国籍:ブルネイ・ダルサラーム国

 

Archbishop Augusto Paolo Lojudice – Archbishop of Siena-Colle Val d’Elsa-Montalcino

国籍:イタリア共和国

 

Father Mauro Gambetti, O.F.M. Conv. – Guardian of the Sacro Convento in Assisi

国籍:イタリア共和国

 

 以下の四方は80歳以上の模様。

 

Bishop Felipe Arizmendi Esquivel – Bishop Emeritus of San Cristobal de las Casas

国籍:メキシコ合衆国

 

Archbishop Silvano M. Tomasi, Former Nunzio Apostolico and Permanent Observer Emeritus to the United Nations and Specialized Agencies in Geneva

国籍:イタリア共和国

 

Father Raniero Cantalamessa, O.F.M. Cap. – Preacher of the Papal Household

国籍:イタリア共和国

 

Msgr Enrico Feroci – Rector of the Shrine of Our Lady of Divine Love in Castel di Leva

国籍:イタリア共和国

 

キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、マルチェッロ・セメラーロ司教座下をローマ教皇庁列聖省長官に、フリドリン・アンボンゴ・ベスング枢機卿座下を7人目のローマ教皇顧問枢機卿評議会議員に任命(2020年10月)

 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)は、ベーチュ枢機卿座下の突然の辞任に伴い空席となっていたローマ教皇庁列聖省長官に、アルバーノ司教を務めていたマルチェッロ・セメラーロ司教座下(Bishop Marcello Semeraro, Bishop of Albano)を叙任しました。歴代の列聖省長官で枢機卿になっていない人物はいない(たぶん)ため、同座下もいずれ枢機卿に昇叙されるものと思われます。
続報:
 キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下が、新たに枢機卿に昇叙される13人を発表(2020年10月)

 またフランシスコ聖下は、キンシャサ大司教フリドリン・アンボンゴ・ベスング枢機卿座下(His Eminence Fridolin Cardinal Ambongo Besungu, O.F.M. Cap., Archbishop of Kinshasa)を、七人目のローマ教皇顧問枢機卿評議会議員(Member of the Council of Cardinal Advisers)に任命しました。
 この評議会は、単に枢機卿評議会(Council of Cardinals)とも呼ばれ、ローマ教皇の顧問団ともいうべき存在です。
 最大人数 9 人で構成され C9 と単純に呼ばれますが、近年は人数が六人となっていたため C6 と書かれていました。これで C7 となるでしょう。
 フランシスコ聖下は少し前に C6 とオンライン会合をおこなっています。(上記の列聖省長官に叙任された)セメラーロ司教座下がこれまで評議会の秘書を務めていましたが、新たにこれまで補佐職を務めていたマルコ・メリノ司教座下(クレジマ名義司教 : Bishop Marco Mellino, Titular Bishop of Cresima)が秘書となるようです。

 

 教皇庁人事:列聖省長官にセメラーロ司教 – バチカン・ニュース

セメラーロ司教は、アルバーノ教区の教区長、および、普遍の教会の統治における、また使徒憲章『パストール・ ボヌス』改正プロジェクト研究のための、教皇補佐を目的とする枢機卿理事会の事務局長を務めている。

 (英語:バチカン・ニュース)Bishop Semeraro appointed Prefect of the Congregation for the Causes of Saints – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)DRC’s Cardinal Besungu appointed to Council of Cardinals – Vatican News

 

 (英語)Pope entrusts Marcello Semeraro and Fridolin Ambongo with strategic tasks | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope entrusts Marcello Semeraro and Fridolin Ambongo with strategic tasks – YouTube

 

キリスト教/ローマ・カトリック教会:2006年に15歳で帰天したカルロ・アクティスが列福(2020年10月)

 2020年10月11日、ローマ教皇名誉代理司教アゴスティーノ・ヴァッリーニ枢機卿座下は(His Eminence Agostino Cardinal Vallini, Vicar General Emeritus of Rome)は、2006年に急性骨髄性白血病により15歳で帰天した尊者カルロ・アクティス(Venerable Carlo Acutis)の列福式を執りおこないました。

 聖体の奇跡や聖母の出現に関するウェブサイトを制作、いわゆるミレニアル世代初の列福で、若者とコンピュータ・プログラマの守護者となったようです。

 

 (英語:バチカン・ニュース)Carlo Acutis: Millennial generation has a Blessed – Vatican News
 (英語:バチカン・ニュース)Pope: ‘Blessed Carlo Acutis a witness of Christ for younger generations’ – Vatican News

 

 (英語)This was the beatification of Carlo Acutis | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
This was the beatification of Carlo Acutis – YouTube

 

 (英語)Pope Francis – words on Carlo Acutis | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Pope Francis – words on Carlo Acutis – YouTube

 

 (英語)The pope invites young people to follow example of Blessed Millennial Carlo Acutis | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
The pope invites young people to follow example of Blessed Millennial Carlo Acutis – YouTube

 

追記:

 15歳で夭逝した少年が列福!カルロ・アクティスの紹介ビデオのリンク – オプス・デイ

セイドー文化センターSeido Cultural Center:
カルロ・アクティスとは?(日本語の字幕) – YouTube