80歳(2019年4月8日):キリスト教/聖墳墓騎士団総長エドウィン・フレデリック・オブライエン枢機卿座下が80歳を迎え、ローマ教皇選挙権を喪失。選挙権を持つ枢機卿の人数は121人に減少

 2019年4月8日、キリスト教/ローマ・カトリック教会のエルサレム聖墳墓騎士団総長エドウィン・フレデリック・オブライエン枢機卿座下(His Eminence Edwin Frederick Cardinal O’Brien, Grand Master of the Equestrian Order of the Holy Sepulchre of Jerusalem)が80歳を迎え、ローマ教皇選挙権を喪失しました。
 これに伴い、選挙権を持つ枢機卿の人数は121人に減少しました。

 

 (英語)Card. Edwin O’Brien has turned 80 and loses right to participate in conclave | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
Card. Edwin O’Brien has turned 80 and loses right to participate in conclave – YouTube

 

キリスト教/アルバニア正教会首座アナスタシオス大主教座下が、コンスタンティノープルとモスクワの関係が完全に断絶した場合、コンスタンティノープルに付く意向を表明(2019年3月)

 キリスト教/東方正教会/アルバニア正教会の首座/ティラナ・ドゥラス大主教アナスタシオス座下(His Beatitude Archbishop Anastasios of Tirana and Durres, Primate of Albania)は、2019年3月21日付(サイトには3月29日掲載)のキリスト教/東方正教会/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)へのメッセージで、コンスタンティノープルとキリスト教/東方正教会/ロシア正教会モスクワ総主教庁の関係が完全に断絶した場合には(異論はあるものの結局は)コンスタンティノープルに付くと明言しました。

 

 (英語:アルバニア正教会公式サイト)On the Ukrainian Ecclesiastical Question. 2nd Reply. Speaking the Truth in Love

However, in order to avoid any possible misinterpretation, we clarify that in the case of a tragic outcome to Schism (May God not allow it!), the Orthodox Autocephalous Church of Albania will remain with the Ecumenical Patriarchate firmly speaking the truth in love.

 (英語)Archbishop of Albania: In case of a Schism, we remain by the side of the Ecumenical Patriarchate – Romfea News

 

 もともとアナスタシオス座下はギリシャ人なので(アルバニア市民権も保有)、コンスタンティノープルに逆らえる可能性はゼロだとは思っていましたが、(なにも解決がされていないままでも)コンスタンティノープルに付くという意思がはっきりと表明されたことにより、事態はまた一つ進むでしょう。
 次の展開としては、ギリシャ系の他の教会によるコンスタンティノープルに付くという意思表明がなされるかどうか、そしてモスクワ総主教庁がアルバニア正教会とフル・コミュニオンを解除するかどうか、ということがあるかと思います。

 コンスタンティノープルのトルコ及びギリシャ共和国内にある管轄権下の地域は揺らがないと思いますが、聖職者制度の改定に関する異論により、アメリカ合衆国の教会からは離脱者が出る可能性は指摘されています。また、アメリカ正教会【OCA】内のコンスタンティノープルに同調する人々はOCAを離脱してコンスタンティノープルの管轄権下に入るという観測もされています。
 国の障壁が薄い地域はこれから本格的な“再編成”に入っていき、国の障壁が厚い地域はその壁をお互いに閉ざし、東方正教会は分裂していくでしょう。

 

追記:
 現在、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会は、アルバニア大主教の上記のコメントに対し、コンスタンティノープルの行動への疑問を指摘している部分を取り上げ、最終的にはコンスタンティノープルの側に付くとしていることは重要視していないようです。

 (ウクライナ語:ウクライナ正教会公式サイト)Предстоятель Албанської Церкви: Повернення розкольників у Православну Церкву не може відбутися без покаяння – Українська Православна Церква

 

キリスト教/東方正教会アンティオキア総主教庁/ベイルート府主教エリアス座下が、アメリカ合衆国国務長官マイク・ポンペオ閣下と会見(2019年3月)

 2019年3月23日、キリスト教/東方正教会アンティオキア総主教庁/ベイルート府主教エリアス座下(His Eminence, the Most Reverend Metropolitan Elias of Beirut)は、レバノン共和国を訪問したアメリカ合衆国国務長官マイク・ポンペオ閣下(ポンペイオ国務長官 : The Honorable Mike Pompeo)夫妻と会見しました。
 数年前にも会見があった模様。

 アメリカ合衆国国務省は、ウクライナ発のシスマで一役買うなど、東方正教会へのアンテナを伸ばしています。
 今回の会見も、アンティオキア総主教庁をロシア及びシリアの政権から引き離そうという動きの一環のようにも思えますが……。

 

 (英語)Meeting between Metropolitan of Beirut and Secretary of State of the USA – Romfea News

 

Secretary Pompeoさんのツイート: "Spoke about the importance of protecting and defending religious diversity and opportunity w/Bishop Audi today and how they enrich every country.… https://t.co/gQfKyNxoSg"


※これはポンペオ長官の Twitter アカウントですが、 Bishop Audi というのが、エリアス府主教座下のことです(アンティオキア総主教庁公式サイトでは Aude )。
東方正教会では聖職者の名前はかぶるので元々の姓を () 付きで表記に使ったりしますが、 Audi または Aude は姓です。

 

بعد ظهر السبت 23 آذار 2019 استقبل سيادة… – Orthodox Archdiocese Of Beirut | Facebook

 

Romfea.news – Metropolitan of Beirut and Secretary of… | Facebook

 

キリスト教/ルーマニア総主教ダニエル聖下が、アメリカのドナルド・トランプ陣営大統領選挙(2020年)選挙対策本部長ブラッド・パースケール氏と会見(2019年3月)

 2019年3月22日、キリスト教/東方正教会/ルーマニア正教会の首座/ルーマニア正教会総主教ダニエル聖下(ブカレスト大主教 : ムンテニア・ドブロジャ府主教 : カエサレア・カッパドキアエ座代行 : His Beatitude Daniel, Archbishop of Bucharest, Metropolitan of Muntenia and Dobrudgea, Locum tenens of the throne of Caesarea Cappadociae, Patriarch of the Romanian Orthodox Church)は、2020年アメリカ合衆国大統領選挙のドナルド・トランプ陣営選挙対策本部長【選対本部長】ブラッド・パースケール氏(Brad Parscale)らと会見しました。

 ダニエル総主教聖下は、トランプ大統領をキリスト教的価値の守護者と称えた模様。

 また、アメリカにルーマニア正教会の教区があることと、ルーマニアから移民する人が多くいることでルーマニア社会が疲弊してしまっているので、一部でいいから帰ってきてくれることを希望する旨を伝えたようです(この人にそれを話してなにがどうなるのかよくわかりませんが……)。
 東欧の西側諸国への人口流出は各国及び各教会で問題となっており、その裏返しとして、移民した人々のうちに信仰を維持する人がそれなりに存在することで西側諸国人口内での東方正教会信徒の割合が増加しているという現状があります。

 

 (英語:ルーマニア正教会通信)Patriarch of Romania meets with 2020 Donald Trump presidential campaign manager – Basilica.ro
 (ルーマニア語:ルーマニア正教会通信)Domnul Brad Parscale în vizită la Patriarhia Română – Basilica.ro

 

Basilica.roさんのツイート: "Domnul Brad Parscale, director digital media al domnului Donald J. Trump în timpul campaniei electorale prezidențiale din anul 2016, este şi directorul viitoarei campanii prezidenţiale a președintelui Trump din anul 2020. https://t.co/BHsGLE6ivF"

 

Domnul Brad Parscale, director digital… – Agenția de știri Basilica | Facebook

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、アメリカのフランクリン・グラハム師と会見(2019年3月)

 2019年3月5日、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【全ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、ロシア連邦を訪問したアメリカ合衆国の伝道師/ビリー・グラハム伝道協会総裁フランクリン・グラハム師(Franklin Grahamウィリアム・フランクリン・グラハム3世William Franklin Graham III)と会見しました。

 

russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Cвятейший Патриарх Кирилл встретился с президентом Евангелистской ассоциации Билли Грэма – YouTube

 

 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)His Holiness Patriarch Kirill meets with President of Billy Graham Evangelistic Association, Mr. Franklin Graham / News / Patriarchate.ru
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)His Holiness Patriarch Kirill meets with President of Billy Graham Evangelistic Association, Mr. Franklin Graham | The Russian Orthodox Church

 (ロシア語:ロシア正教会モスクワ総主教庁公式サイト)Святейший Патриарх Кирилл встретился с президентом Евангелистской ассоциации Билли Грэма Ф. Грэмом / Новости / Патриархия.ru

 

関連:
 キリスト教/ロシア正教会ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下が、アメリカのフランクリン・グラハム師と会見(2019年3月)