訃報(2019年9月26日):キリスト教/ローマ教皇庁教理省名誉長官ウィリアム・ジョセフ・レヴァダ枢機卿座下が帰天(1936~2019)

 2019年9月26日、キリスト教/ローマ・カトリック教会/ローマ教皇庁教理省名誉長官ウィリアム・ジョセフ・レヴァダ枢機卿座下(His Eminence William Joseph Cardinal Levada, Prefect Emeritus of the Congregation for the Doctrine of the Faith)が、ローマで帰天したようです。
 1936年6月15日生まれの83歳。

 アメリカ合衆国の聖職者で、サンフランシスコ大司教などを経た後、ローマ教皇庁で教理省長官などを務めました。

 帰天に伴い、枢機卿の人数は 212 人に減少しました。

 

 (英語)American Cardinal William Levada dies | ROME REPORTS

ROME REPORTS in English:
American Cardinal William Levada dies – YouTube

 

 (英語:アメリカ司教協議会公式サイト)USCCB President on the passing of Cardinal Levada

U.S. Catholic BishopsさんはTwitterを使っています: 「Cardinal Daniel DiNardo asks for prayers for Cardinal William Levada, who passed away in Rome today. Read the full statement: https://t.co/6YRYwiXsb9 https://t.co/9OIMPAFasN」 / Twitter

 

 (英語:サンフランシスコ大司教区公式サイト)Cardinal William  J.  Levada  Memorial – Archdiocese of San Francisco – San Francisco, CA

ARCHBISHOP CORDILEONE: I share the sad… – Archdiocese of San Francisco | Facebook

 

キリスト教/“ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”公式サイトに“フィラレート総主教”へのインタビューが掲載(2019年9月)コンスタンティノープルを批判

 “ウクライナ正教会キエフ総主教庁【UOC-KP】”の公式サイトに、“フィラレート総主教”(キーウ・全ルーシ=ウクライナ総主教フィラレート聖下 : His Holiness Patriarch Filaret of Kyiv and All Rus’-Ukraine)へのインタビュー記事が掲載されています。
 記事によれば、ジャーナリストによるインタビューのようです。

 

 (ウクライナ語: UOC-KP 公式サイト)Патріарх Філарет: «В Українській державі повинна бути дійсно незалежна автокефальна Церква» – Українська Православна Церква Київський Патріархат

 (英語)Filaret: Pat. Bartholomew asked President to speed up liquidation of UOC-KP – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Filaret: Patriarch Bartholomew seeks absolute power in Orthodoxy – UOJ – the Union of Orthodox Journalists
 (英語)Philaret effectively admits to election tampering, claims Epiphany became primate thanks to him / OrthoChristian.Com

 

 内容は、これまでに比べれば整理されており、この一年いうことがコロコロ変わったり、これまでの行動のまずいところがうまく(?)スルーされているような気がするようなところ、そしてそもそも教会にナショナリズムは必要なの?という根本的なことを除けば、ある程度の説得力はあるのではないかと思います。

 フィラレート総主教によれば、まず彼はロシア正教会モスクワ総主教庁に独立正教会としてくれるように請願したが、これははねつけられたということです。
 そのためコンスタンティノープルを頼ったが、彼らはずーっとグズグズしたあげく、事実上独立を認めていない内容のトモスを渡してきた。それはコンスタンティノープルを絶対的な権力として確立させるためだ、としています。数年前の東方正教会全体の会合で、ロシア正教会、アンティオキア総主教庁、ブルガリア正教会、ジョージア正教会【グルジア正教会】、が欠席しましたが、これはコンスタンティノープルが自らの権力を絶対にしようとしたためであるとし、欠席したロシア正教会などの立場を支持しています(!)。
 また、なぜ「総主教」にこだわるかといえば、ポーランド正教会のように府主教を首座とする独立正教会というのは可能だが、府主教は必ずしも独立正教会の首座というわけではない。「総主教」ならば必ずそうだ、ということです(なぜ総主教にこだわるかについてもこれまで発言が変わったりしているので話半分に聞いていけばいいのですが、確かに総主教と認めた相手にあの内容のトモスを渡すのはムチャ度が増すとは思います)。
 ポロシェンコ(元)大統領については、選挙目当てだったとまたも批判、というか事実を指摘
 その他、欧州を批判したりしていますが、結論としては、ウクライナには、モスクワからもコンスタンティノープルからも真に独立(independent)した「独立正教会(autocephalous church)」が必要だということです。

 

 理屈の展開はわからないでもありませんが、そもそも国単位で独立教会を作らねばならないというのは東方正教会全体では合意されていないというのはどうでもいいとしても、モスクワとコンスタンティノープルを共に敵に回していったいどこに独立正教会として認定してもらおうというのか。もらったとしてなんなんだというのがさっぱりわからないところです。

 

キリスト教/在外ロシア正教会【ROCOR】の首位/米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下が失踪したとの情報が出ている模様。モスクワ総主教庁は否定するも、直接の連絡手段のいくつかは失われているようです(2019年9月)

 ロシアの Interfax によりますと、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の管轄権下で自主的に行動している在外ロシア正教会【ROCOR】の首位、米国東部・ニューヨーク府主教イラリオン座下(His Eminence Metropolitan Hilarion of Eastern America & New York)が失踪しているという情報が出ているそうです。
 この情報に対してモスクワ総主教庁は、イラリオン座下はマンハッタンにおり、前日(9月15日)礼拝をおこなっているとしながらも、Eメールがブロックされ、携帯電話での連絡が出来なくなっているとしています。

 

 (ロシア語)Интерфакс-Религия: РПЦ опровергла слухи об исчезновении главы Русской зарубежной церкви

追記:
 英語版の記事が出たので追加しておきます。

 (英語)Interfax-Religion: Russian Orthodox Church denies rumors that head of Russian Church Abroad is missing

 

キリスト教/エチオピア正教会の聖堂が襲撃される、また総主教庁の文書を装う偽文書を公開する記者会見がおこなわれる、など(2019年9月)

 2019年9月2日に、キリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の常任聖シノドの緊急会合がおこなわれたようです。

 

 (英語)Ethiopian Orthodox Patriarchate Slams Relentless Attack on Churches and the Faithful | News | Orthodoxy Cognate PAGE

 

 エチオピア連邦民主共和国内の人種対立の影響がベースにあるようですが……。
 人種対立によりエチオピア正教会の聖堂が襲撃されたり、元エチオピア正教会の司祭でオロモ人の政治活動家がオロモ人の教会分離を認めるかのようなエチオピア正教会総主教庁の偽文書を記者会見で公開したり、ということがあったようです。

 それなりの人口を擁しながら政治的立場が低く扱われてきたオロモ人ですが、おそらくですが、エチオピア正教会でも立場が低いものなのだと思います。
 エチオピア正教会は、アメリカ合衆国の亡命シノドとの統合がおこなわれて一年と少しが経過しましたが、政治状況にあわせて問題がまた浮上してきたようです。
 政治家も非常にあやふやな態度を取っているようで、エチオピア正教会は面倒な時期を迎えたかもしれません。

 

キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下が入院中とのこと(2019年8月~9月)

 2019年8月29日からキリスト教/東方正教会/セルビア正教会の首座/セルビア総主教イリネイ聖下(ペーチ大主教 : ベオグラード・カルロヴツィ府主教 : His Holiness Irinej, Serbian Patriarch, Archbishop of Peć, Metropolitan of Belgrade and Karlovci)が軍の医学アカデミーに入院中とのことです。

89歳になった翌日からです。

 医師らは早期の回復を見込んでいるようです。

 

 (セルビア語:軍の医学アカデミー公式サイト)Саопштење
 (セルビア語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)ВМА: Саопштење за јавност о здравственом стању Његове Светости Патријарха српског г. Иринеја | Српскa Православнa Црквa [Званични сајт]

 (セルビア語ラテン文字)Oglasili se lekari sa VMA-a o zdravstvenom stanju patrijarha Irineja | Telegraf – Najnovije vesti

 

 (英語)Patriarch Irinej of Serbia in stable condition after being urgently admitted to the hospital / OrthoChristian.Com

 上記の英語記事はロシアの正教会系メディア ORTHODOX CHRISTIANITY(OrthoChristian.Com) のものですが、入院の話のほか、イリネイ聖下がコンスタンティノープルのペルガモン府主教イオアニス座下(His Eminence Metropolitan John【Ioannis】【Joannis】 of Pergamon【Pergamum】 : ジョン・ジジウラス John Zizioulas)との会見を拒否したという話や(イオアニス座下は有名な神学者で、今回は当然のことながらコンスタンティノープルの立場を擁護しています)、アメリカ合衆国ロサンゼルスで催されたセルビア正教会の独立正教会承認800周年の祝賀への臨席を拒否したという話題が出ています。ロサンゼルスの方には、アメリカ大主教エルピドフォロス座下(コンスタンティノープルを並ぶもの無き第一人者とするコンスタンティノープル原理主義者の筆頭格で、次期総主教の最有力候補)を含むコンスタンティノープルの主教らが参列する予定だったということですが……コンスタンティノープルの圧力のせいで入院することになったと主張したいのか、単にこの際イリネイ聖下がコンスタンティノープル側との接触を拒否している話題を加えておきたかっただけなのかは不明です。

 

追記:

 (英語:セルビア正教会総主教庁公式サイト)Communique on health conditions of His Holiness Serbian Patriarch Irinej | Serbian Orthodox Church [Official web site]

His Holiness Serbian Patriarch Irinej has been in the Military Medical Academy since the 27th August 2019.

 セルビア正教会総主教庁公式サイトは、英語版だけ入院日付が記されており、報道されている8月29日とは異なる8月27日となっています。

 

続報:
 キリスト教/セルビア総主教イリネイ聖下が退院(2019年9月)