キリスト教/フィンランド正教会首座レオ大主教座下が、アメリカ正教会【OCA】首座ティーホン府主教座下を訪問(2018年7月)

 2018年7月26日、キリスト教/東方正教会/全地総主教庁下の自治正教会、フィンランド正教会の首座/ヘルシンキ・全フィンランド大主教レオ座下(His Eminence Archbishop Leo of Helsinki and All Finland)はアメリカ合衆国の会合に参列、キリスト教/東方正教会/アメリカ正教会【OCA】の首座/ワシントン大主教、全アメリカ・カナダ府主教ティーホン座下(His Beatitude Metropolitan Tikhon of All America and Canada, Archbishop of Washington)と会談したようです。

 2017年~2018年の年の切り替わりに、フィンランド正教会の首座はクオピオからヘルシンキに移り、首座主教の称号も「カレリア・全フィンランド大主教」から「ヘルシンキ・全フィンランド大主教」に変更されています。

 

 (英語:アメリカ正教会【OCA】公式サイト)Archbishop Leo of Helsinki and All Finland: “We share a special vocation” – Orthodox Church in America
 (英語:フィンランド正教会公式サイト)“For the Life of the World” | Suomen ortodoksinen kirkko

 

Православные в Финляндии + Ortodoksit… – Православные в Финляндии + Ortodoksit Suomessa | Facebook

 

キリスト教/亡命中のエチオピア正教会第4代総主教メルコリオス聖下と、本国の第6代総主教マティアス聖下の和解が成立。単一の教会が二人の総主教を戴く模様(2018年7月~8月)

 報道によりますと、長期に渡りアメリカ合衆国に亡命していた第4代のキリスト教/オリエント正教会/エチオピア正教会の首座/エチオピア総主教・カトリコス“アブネ”・メルコリオス聖下(His Holiness Abune Merkorios, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)側の亡命シノドスと、本国で現在の首座/エチオピア総主教・カトリコスとなっている第6代“アブネ”・マティアス1世聖下(His Holiness Abune Mathias I, Patriarch and Catholicos of Ethiopia)側のシノドスの和解が成立したとのことです。

 両シノドスは廃止され、単一の教会が存続(というかなんというか正確にはよくわかりませんが)し、二人の総主教を同格として戴く、変則的な体制へ移行する模様で、この同格の総主教が二人というのは、両者がともに生存する間は続くそうです。

 この和解にあたり、新任のエチオピア連邦民主共和国首相アビィ・アハメド・アリ閣下(Abiy Ahmed Ali)の尽力があったとも報道されています。
※現時点では、エチオピア首相府公式サイトには最新情報が掲載されていません。

 

 (英語)The Ethiopian Orthodox Church Formally Declares an End to the 27-Year-Old Schism (Updated) – News | Orthodoxy Cognate PAGE
 (英語)Ethiopian Orthodox Unity Declaration Document in English – News | Orthodoxy Cognate PAGE
 (英語)Patriarch Abune Merkorios Bids Farewell to the Ethiopian Diaspora – News | Orthodoxy Cognate PAGE
 (英語)Departure of Patriarch Abune Merkorios from Dulles International Airport – News | Orthodoxy Cognate PAGE

 (英語)Ethiopia's torn Orthodox church reunites after 27 years | News24

 

第4代“アブネ”・メルコリオス聖下:
OCP® Tweetsさんのツイート: "Departure of Patriarch Abune Merkorios from Dulles International Airport – https://t.co/ObkZtlIIhe | Orthodox…… "

 

本国側、“アブネ”・マティアス1世聖下らの記者会見/
Fana Television:
ሲኖዶሱ አሜሪካ በሚገኘው ሲኖዶስ ላይ ያሳለፈውን ቃለ ውግዘት አንስቷል – YouTube

 

EOTC (Orthodox Tewahedo) Channel の各動画:

メルコリオス聖下側の亡命シノドスが、本国のシノドスへの批判を撤回:
በስደት ላይ ያሉ አባቶች ለብዙ ዓመታት ተላልፎ የነበረውን ውግዘት አነሱ | EOTC Synod in exile lifts long-stayed condemnation – YouTube

メルコリオス聖下が帰国するとの発表:
ብፁዕ አቡነ መርቆርዮስን በመንበራቸው ላይ ልናያቸው ነው | His Holiness Patriarch Abunä Merkorios come home, Ethiopia – YouTube

メルコリオス聖下側のプレス・リリース:
Press release from the Office of HH Patriarch Abune Merkorios | ከብፁዕ ወቅዱስ አቡነ መርቆርዮስ የተሰጠ ወቅታዊ መግለጫ – YouTube

ワシントンDCの聖堂で和解が祝われている様子:
ተፈፀመ፤ አሐቲ ቤተ ክርስቲያን፣ አሐቲ ሲኖዶስ | EOTC Church fathers’ reconciliation is done! One Church, One Synod! – YouTube

ይህችን ቀን አድርሶ ስላሳየን የአባቶቻችን አምላክ ይመስገን | Thanks be to Our God for letting us this historic day | EOTC – YouTube

エチオピア首相アビィ・アハメド・アリ閣下のスピーチ音声と写真など:
EOTC Synod Reconciliation: PM Abiy Ahmed’s Speech | በቤ/ክ አበው ዕርቀ ሰላም ላይ ጠ/ሚ አብይ አህመድ ያደረጉት ንግግር – YouTube

 

Facebookが、シリアへのミサイル攻撃を「国際法違反」とする共同声明に参加したうち、キリスト教/シリア正教会/アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下のアカウントを凍結ないし削除、キリスト教/東方正教会/アンティオキア総主教庁のアカウントの記事が自主削除ないしは強制削除、カトリック系のメルカイト東方典礼カトリック教会は特になし(2018年4月)

 シリア正教会の“イグナティウス”・アフレム2世聖下のアカウントはもはや閲覧できませんが、シリア正教会自体のアカウントは残っていますし、キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教庁のほうは該当記事が読めなくなっているだけです。

 うーん、正教会系メディアのほうで話題になっているわけではないので、詳細はわかりませんが、露骨にカトリック(アメリカに信者が多いから)系列を贔屓したFacebookによる東方のキリスト教会差別ではないのかという疑念もわきます。

 

キリスト教/シリア正教会/アンティオキア総主教イグナティウス・アフレム2世聖下が、メルカイト東方典礼カトリック教会/アンティオキア総大司教ユーセフ・アブシ座下と会見(2018年4月)

 キリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会/東方典礼カトリック教会/メルカイト東方典礼カトリック教会首座/アンティオキア・東方全土(、アレクサンドリア、エルサレム)総大司教ユーセフ・アブシ座下(His Beatitude Patriarch Youssef Absi, S.M.S.P., Patriarch of Antioch【Antiochia】 and All the East, of Alexandria and Jerusalem of the Melkite Greek Catholic Church)と会見しました。
 アメリカ合衆国、英国、フランス共和国によっておこなわれたシリア・アラブ共和国への攻撃について、「国際法違反の侵略行為」などとする共同声明が発表されていますが、そのための来訪かどうかはよくわかりません(復活祭にあわせての来訪予定があったかもしれません)。
 シリア正教会側から、
 総主教管轄ダマスカス大主教区総主教補佐“モル”・ティモセオス・マッタ・アル・クーリー座下(His Eminence Mor Timotheos Matta Al-Khoury, Patriarchal Vicar of the Patriarchal Archdiocese of Damascus)、
 が同席したようです。

 

 (英語:シリア正教会アンティオキア総主教庁公式サイト)Meeting with His Beatitude Patriarch Joseph Absi | Syrian Orthodox Patriarchate of Antioch

 

قداسة سيدنا البطريرك يستقبل غبطة… – His Holiness Patriarch Mor Ignatius Aphrem II | Facebook

 

キリスト教/ロシア正教会モスクワ総主教キリル聖下が、キリスト教/ローマ教皇フランシスコ聖下と、米英仏のシリア攻撃について電話会談(2018年4月)

 ロシア連邦のTASS通信の記事によりますと、キリスト教/東方正教会/ロシア正教会の首座/モスクワ・全ロシア【ルーシ】総主教キリル聖下(キリール総主教 : His Holiness Kirill, Patriarch of Moscow and all Russia【Rus’】)は、キリスト教/ローマ・カトリック教会の首座/ローマ教皇聖座およびバチカン市国の絶対君主/ローマ教皇フランシスコ聖下(His Holiness Pope Francis)と、アメリカ合衆国・英国・フランス共和国によるシリア・アラブ共和国攻撃について電話会談したそうです。

 

 (英語)TASS: Society & Culture – Russian Orthodox Church head discusses Syria with Pope Francis

 

電話会談後のキリル聖下の会見/
russianchurch(ロシア正教会モスクワ総主教庁公式チャンネル):
Обращение Святейшего Патриарха Кирилла в связи с ситуацией в Сирии – YouTube

※ローマ教皇以外に、東方正教会の各首座との電話会談もおこなわれた模様。
※会見映像にはロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局長ヴォロコラムスク府主教イラリオン座下(ヒラリオン府主教 : His Eminence Metropolitan Hilarion of Volokolamsk, chairman of the Moscow Patriarchate’s Department for External Church Relations (DECR))が同席。

 

追記:
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Patriarch Kirill discussed situation in Syria over telephone with Pope Francis of Rome and Primates of Local Orthodox Churches | The Russian Orthodox Church
 (英語:ロシア正教会モスクワ総主教庁渉外局公式サイト)Peacemaking initiative of Christian leaders in response to the situation in the Middle East | The Russian Orthodox Church

 またキリル聖下の指示によりイラリオン座下は、キリスト教/オリエント正教会/コプト正教会の首座/アレクサンドリア教皇タワドロス2世聖下(His Holiness Pope Tawadros II of Alexandria)及びキリスト教/オリエント正教会/シリア正教会の首座/アンティオキア・東方全土総主教“モラン”・“モル”・“イグナティウス”・アフレム2世聖下(His Holiness Moran Mor Ignatius Aphrem II, the Patriarch of Antioch and All the East, the Supreme Head of the Universal Syriac Orthodox Church)と電話会談したようです。

 

追記2:
 (英語)Pat. Kirill discusses Syria with 4 brother patriarchs / OrthoChristian.Com

 キリル聖下の(東方正教会の首座に分類される)電話会談相手は、
 キリスト教/東方正教会首席/コンスタンティノープル=新ローマ大主教・全地総主教バルソロメオス聖下(バーソロミュー1世世界総主教バルトロマイ1世ヴァルソロメオス1世 : His All-Holiness Bartholomew, Archbishop of Constantinople-New Rome and Ecumenical Patriarch)、
 キリスト教/東方正教会/アレクサンドリア・全アフリカ総主教セオドロス2世聖下(His Beatitude Theodoros II, Pope and Patriarch of Alexandria and All Africa)、
 キリスト教/東方正教会/アンティオキア・東方全土総主教ヨウハンナ10世聖下(His Beatitude Patriarch John X of Antioch and All the East)、
 キリスト教/東方正教会/エルサレム・全パレスチナ総主教セオフィロス3世聖下(His Beatitude Theophilos III, Patriarch of Jerusalem and All Palestine)、
 のようです。